poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

夫婦2人でのアーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆生活 > 生活いろいろ > 「スコッティファイン」のラップを使ってみました

「スコッティファイン」のラップを使ってみました

食品と共に値上げ傾向が目立つ日用消耗品。
以前は特売になった商品も、なかなか以前と同じような価格では出回らなくなりました。

その1つが食品包装用ラップフィルムです。
“ラップ界2大巨頭”の「サランラップ」や「クレラップ」ならば、通常価格¥138→特売価格¥100ほどというところ(30㎝幅✕20m)。
底値にこだわるpooh家では、もちろん¥100を購入の目安としてきました。

しかし、最近はこの2大ブランドが¥100以下になることは、まずありません。
スーパーやドラッグストアには安価な他社製品も数多く揃っていますが、どうもこれらは使用感が劣るのが現実。
密着度&耐熱温度が低くて使い心地が悪いのです。

サランラップ・クレラップが特売にならないのなら、もう通常価格で買うしかないだろう・・・
そんなことを考えていた中、ドラッグストアのチラシで別品を発見!
2016041720.jpg
●「スコッティファイン ふんわりピタッ!とラップ」 30㎝幅✕20m 

今回は特売価格で¥95でした。
ネットで調べてみたところ「サランラップ並の高機能」となかなかの高評価、しかも通常価格は¥130前後の製品ですから試してみる価値がありそうです。
ティッシュペーパーで有名な「スコッティ」のブランド名も、「なんだか良さそう」と思わせます。

箱裏には「5層構造」、「耐熱温度180℃」と記載されていました。
なるほど、これなら期待できるかも。
2016041723.jpg

さっそく現在使用中のラップ製品と比較することにしました。

実は我が家はサランラップ(又はクレラップ)に加え、安価なポリエチレンラップも常備しています。
これは電子レンジ使用には不向きだけど、冷蔵品ならばギリギリ使用に耐えるので、「サブ用」としてならアリなのです。
2016041721.jpg
(画像左から)
(A)今回購入した「スコッティファイン」
(B)「サランラップ」
(C)激安商品の「ポリエチレンラップ」

これら3種類のラップの箱を見ながら、各製品の特徴を一表にまとめてみました。
※我が家で使用している(C)は22㎝幅ですが、表内の価格は30㎝幅製品のもの
ラップ比較表1
フムフム・・・一口に「ラップフィルム」と言っても、その原材料や添加物は製品によって全然違うのですね。
値段や使用感に違いがあるのも頷けます。

ピンクで塗った「10㎝あたりの価格の目安」を見ると、そのコストは(B)>(A)>(C)。
業界ナンバーワン商品の(B)は、やはり値段が高いです。

でも、「耐熱温度」では(B)よりも(A)の方が優れているという意外な事実。
(A)のスコッティ、なかなか侮れません!

実際に器に3種類のラップを貼ってみました。
2016041722.jpg
左から(A)、(B)、(C)と並んでいます。
画像ではどれも同じように見えますが、(A)(B)はほとんど違いが感じられませんでした。
(C)だけは、やっぱりちょっとユルユルでしたねぇ。

結論:スコッティファインのラップ、かなりいいかも!

おそらくスコッティファインは、ラップ界の3番手以下の存在であるはず。
この立ち位置ならば「特売で¥100以下」で出回る機会も多いと思います。
2大巨頭のサランラップ・クレラップに変わって、我が家のメインラップに認定しましょう!

もちろん倹約家としては、「ラップといえどムダな消費は極力抑える」のが基本です。
今回入手したスコッティファインと並行して、激安のポリエチレンラップや使い回し可能なシリコンラップ、フタ付きタッパー等を使用しながら、コスト&ゴミ削減も忘れないpoohなのでした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事

Comments

post
2016-04-17 07:48 
これはありがたい^^
スコッティファインのラップ、近所で売っているかな?
探してみよう。

今、我が家ではラップは22cm×50mを使っています。
夫婦二人の生活となり、使う鍋や食器が小さくなり
30cmラップが大きく感じて、使うラップまで小さくなりました。
おかげさまで、一度ラップを買うと、何カ月も持つようになりましたけど^^
使ったラップは、妻に教えられて、シンクやガスレンジのガラス面を磨くのに再利用するからと残しています。
2016-04-17 13:03 
やっぱりポリ塩化ビニリデンじゃないと分子量が違うのでガス透過性が全然違ってくるんだと思います。
なので密閉が重要な場合はサランラップとか使ったほうがいいでしょうね。
2016-04-17 21:02  いろいろでセカンドライフさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.5084
わぁ、お役に立てて良かった~(^^)
スコッティファインも、それなりにメジャーな製品なのできっと見つかると思いますよ。
私が行ったお店には22㎝幅もありました。

使用済みのラップでのシンク磨き、昔やっていたのに、そういえばすっかりご無沙汰でした。
次回からは私も手元に残して、しっかり再利用します!
2016-04-17 21:05  招き猫の右手さん、コメントありがとうございます☆
pooh No.5085
酸素や水蒸気の透過度は、やっぱりポリ塩化ビニルデンがダントツで優れているようですね。
サランラップやクレラップが高価なのも納得です。

でもしばらくはこのスコッティファインで様子を見てみるつもりです(^^)
Comment form

Trackback

Trackback URL