poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆日記 > 日常つれづれ > 美顔器を断捨離

美顔器を断捨離

春を迎えたこともあり、自宅の掃除に勤しむ毎日。
シンプルな暮らしを送っているので身辺に不要品はない・・・と思いきや、やっぱりなんだかんだと出てくるものです。

今回、処分を決めた物がコレ。
2016041330.jpg
画像を見て「何これ?」と感じた方も多いでしょう。
これは「美顔器」です。

①イオンクレンジング&イオン導入用 (ハーバー製品)
②超音波マッサージ用 (ドクターシーラボ製品)


入手したのはそれぞれ10年以上前ですが、①は約1万円、②にいたっては4万円近いお値段だった記憶があります。
「ガチガチ財布ヒモのpoohさんが、こんな物を持っていたのか」と驚いた読者もいるでしょう(照)

実はpoohはお肌のお手入れが大好き。
20~30代にかけては化粧品にもかなりのお金を費やしていました。
2種類の美顔器も、デパートの化粧品売場で自分で選んだ物です。

どちらも、それなりに効果を実感できました。
美顔器を顔に当てていると、自分のオンナっぷりが向上したような気になれるのです。
単なる思い込みによるところが大きいとは言え(笑)、2つの美顔器はpoohの“オンナ磨き”の武器でもありました。

しかし、ここ数年はすっかりご無沙汰・・・
今の自分には必要性を感じなくなったのです。
本来ならば年齢を重ねた今こそ使うべきアイテムとも言えますが、あえて手放すことにした理由は下記の3つ。

【その①:専用化粧品を用意したくなくなった】
美顔器の使用にあたっては、①②それぞれ自社メーカーの美容液や専用シートパックを用意せねばなりません。
これは「ハードを買わせて、ソフトの定期購入に繋げる」メーカー戦略とも言えましょう。
ゲーム機やプリンター等でよく見られるパターンです。

ランニングコストにはこだわるpoohなので、両美顔器も安価な別メーカーの化粧品で代用していましたが、現在はそれらすらもわざわざ用意するのが面倒に。
化粧品は現在使っているもの(美顔器での使用は不可)で十分です。

【その②:お手入れ箇所が“顔”だけではなくなった】
他人から見て、最も目につくのは顔ではないなぁと、最近感じるようになりました。
もちろん顔面そのものも大事ですが、年齢を重ねた今、特にお手入れの必要性を感じているのは“首”と“髪”です。
更に“手”“体型”・・・と、昔と比べてメンテナンス対象が拡張しました。

“美顔器”というだけあって、この機材は顔に使うのが基本。
腕や脚に使うには小さすぎて効率が悪いし、首への使用は禁止されています。
全身をバランスよくお手入れしたいと感じる今後、美顔器の出番はなさそうです。

【その③:もう機械に頼らなくても大丈夫な気がする】
美顔器から遠ざかったここ数年のお手入れは、自分の手のみを使っています。
化粧水が浸透するよう押さえこんだり、マッサージしたり・・・かつては機械を使っていたプロセスも、手の方が簡単で自分向きだと気づきました。

しかも現在のpooh、美顔器を使っていた頃よりもお肌の調子は良好です。
会社員として多忙を極めていた頃と比べて、現在はストレスもなく、睡眠時間も増えたのですから、それも当然とも言えましょう。
もう美顔器に頼らなくても、それなりにイケるはずです(←あくまでも当社比)。

【結論:そんな訳でpooh、美顔器から卒業します!】

改めて器材をドレッサーから引っ張り出すと、結構なスペースを取っていたことにビックリ。
時々感じていた「コレ使わなくちゃ」というプレッシャーからも解放されて、清々しさも覚えます。

でも、美顔器を手放したからといって、「美」への執着心まで捨てた訳ではありませんよ。
むしろ、より貪欲に己を磨いていく覚悟です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事

コメント

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL