poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆日記 > 日常つれづれ > 当ブログが“頭でっかち尻すぼみ”である理由

当ブログが“頭でっかち尻すぼみ”である理由

「今日のブログではどんなことを取り上げようかな~」
そんなことを考えながら、ほぼ毎日PCに向き合って文章を綴っています。

poohの記事作成プロセスで最も時間がかかるのは、冒頭から10行目にかけてくらいまで。
記事の導入部、起承転結の“起”にあたる部分です。
この部分が完成するまでは何度も修正するし、時にはある程度まで出来たものをすべて削除して書き直すことも。

「今回のテーマは◯◯」と決めておいても、スタートの仕方次第でとんでもない方向に話がそれてしまうのがpoohの文章。
これは当ブログが「休憩時間の雑談」をコンセプトにしていることが大きいと思います。
学生・会社員時代のムダ話の流れをそのまま反映させているんですもの(照)

当時は休憩時間を迎えると、「やれやれ疲れたねぇ」とか「昨日のテレビ見た?」、「昨日こんな物を食べた」など、とりとめのない話をするのが常でした。
そんな日常会話を発展させて「我が持論」をかましていたのです。
時と場合によっては話の流れを急展開させることもしばしば。
「話が全然変わるけど・・・」と前置きしつつ、自分のペースに引っ張りこむのはpoohの得意技でもありました。

でも、これはリアル会話だからこそ成せるもの。
文章という一方通行のツールでは急転直下の話題展開は難しいし、ムダに長くなってしまいます。
冒頭段階で、ある程度の方向性を定めておかねばならないのですが、どうもpoohはその辺りが不得手らしい・・・と今更ながら気づきました。(←遅すぎ・笑)

そんな訳でいつも、それなりに時間をかけている文章の導入部。
ただし、そこさえ決まれば中盤以降は結構スムーズに筆が進みます。
よしよし、この調子・・・と思いきや、ハタと我に返るのが締めくくり、起承転結の“結”ですね。

そう、poohは自分の考えをきちんとまとめるのも苦手なタチ。
そういえば、かつての休憩時間も最後までダラダラしゃべり続けていましたっけ。
時間の制約があったからこそ「ここで終わり」と幕引きできた雑談ですが、ブログ上にはそれがありません。

「う~む、この件については、まだいくらでも話を広げられるのだが・・・」
そんなことを感じつつ、なんとかまとめようと四苦八苦するのもお約束。
導入部に力を入れた分、余力がなくなっていることもままあります。
その結果、尻切れトンボ的結末に・・・

まさに“頭でっかち尻すぼみ”(赤面)

そう、当ブログに見えるこの現象は「休憩時間の雑談」というコンセプトによるものなのです。
本来ならば“起承転結”の後半部分に力を注ぐべきかなとも思います。
poohはまだまだ修行していかねばなりません。

そんなことを感じつつ、今日も尻すぼみチックに記事作成を終えようとしています。
フェードダウンは、もはやpoohのお家芸なのかもしれません。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL