poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆アーリーリタイア > 自分の人生の責任は自分で取るしかありません

自分の人生の責任は自分で取るしかありません

夫婦でアーリーリタイアして3年目。
でも、友人たちの前では「アーリーリタイア」という言葉を使ったことはありません。
一般的には周知されていない単語だからです。

現在の自分の肩書については「専業主婦」で通しています。
もしも「アーリーリタイアした」と名乗ったら、「それって何?」と根掘り葉掘り聞かれることでしょう。
相手によっては、「アーリーリタイアする方法を教えて」と迫られるかも・・・。

実際にはそういった場面に出くわしたことはありませんが、これはなかなか難儀です。
我が家がアーリーリタイアを志したのは16年前の結婚当初。
もともと小さな暮らしを好む2人が「お金より時間を大切にした生活をしたい」と考え始めたのがきっかけですが、現在までの経緯を語るとなると、とんでもなく壮大なストーリーになってしまいます。
いくらおしゃべりなpoohでも、そこまでの自分語りは避けたいところ。

そもそも「アーリーリタイアの方法」たるものは、人様に講釈できるものではありません。
「資金がいくら必要なのか」と問われても、個人の生活環境や目指すライフスタイルによって、その答えは大きく異なります。
「社会との関わり方」についても、考えることは人それぞれなはず。
プロのFPに尋ねたとしても確固たる回答は得られないのではないでしょうか?

ちなみに我が家は常に自分たちで情報を集めて、そのつど考えながらやってきました。
資産形成にしろ、節約にしろ、その道のプロから見たら、危なっかしい面も多々あったことでしょう。
でも、自分たちとしては、これが正解だと思っています。

そう、pooh家はずっと自分たちで責任を取る覚悟でやってきたのです。
自分の人生の責任は自分で取るしかありません。
この覚悟がないと、到底成り立たないのがアーリーリタイアなのです。

実はこれはアーリーリタイアに限らず、人生の分岐点すべてに通じること。
早期退職ではなく定年まで勤めあげた場合にも必要なスタンスです。

最近は「老後には1億円必要」等の情報がいろいろ聞こえてくるけれど、その数値をただ鵜呑みにしていては立ち往生するだけ。
まずは自分で情報を収集して電卓を叩いて考えるのが一番です。

「こんな風になれたらいいな」と思い描きながら未来予想図を立ててみましょう。
まずは理想的計画の“プランA”、それと並行して、あまり良くない方向に物事が進んだ場合の“プランB”、この2本立てを用意しておけば、今後やるべきことが具体的に見えてくるはずです。

まずは自分で考える・・・poohはこの姿勢を大事にして、今後も暮らしていくつもりです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事

Comments

post
2016-04-09 21:18 
さいもん No.5043
自己責任が原則ですね。一見当たり前のようですがサラリーマンをやってると会社任せの部分が多くてその辺りがボケてくるような気がします。

poohさんは「専業主婦」で説明できますけど、ケッチーくんさんは場合によって使い分けないといけないから大変ですね。肩書き問題は人それぞれで対処しないといけないですね。

2016-04-09 21:26  さいもんさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.5044
夫の場合、外では基本無口なので今のところは自分の肩書きは名乗らず通しているみたいです。
「会社員」という肩書きを手放す覚悟もアーリーリタイアには必要ですねぇ。
2016-04-09 23:20  その通り!!!
Tochi No.5045
いつも楽しく拝見させていただいております。

私もいつかアーリーリタイアを目指しております!
いいお家に住むため、いいお墓に入るために嫌な仕事をし続けるのはもうまっぴらなので。

でも責任を自分で取るのは当然ですがなかなか難しい覚悟だとも思いました。

ゴールデンウイークは将来住むアーリーリタイア先を色々見て回るつもりです。淡路島も行きます!

会社に縛られなければ何処に住んでもいいわけで、ではどの様な基準で今の場所を選ばれたのかいつか記事にしてください!楽しみにしております。
2016-04-10 07:42 
mudman No.5046
アーリーリタイアはやりたくてもできない人がほとんど
私も自分からは口外しないよう注意しています。

2016-04-10 08:04  Tochiさん、はじめまして!
pooh No.5047
リタイア後の居住地は重要なポイントですよね。
我が家の見解については、過去に記事にしたことがあるのでご参照下さい。

①2014年6/18の記事
http://pooh2013.blog.fc2.com/blog-entry-256.html

②2015年2/11の記事
http://pooh2013.blog.fc2.com/blog-entry-520.html

③2015年11/8の記事
http://pooh2013.blog.fc2.com/blog-entry-809.html

Tochiさんも住みやすい場所が見つかりますように!
2016-04-10 08:07  mudmanさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.5048
物珍しく見えて好奇心がそそられるんでしょうね。
私もひっそりと暮らしていきますよ~(^^)
2016-04-10 12:32 
a1914 No.5049
御意に、

全ての基本は自分で考える事ですね。

2016-04-10 13:24  a1914さん、はじめまして!
pooh No.5050
自分で考えて決めれば実行時の力の入り具合も変わります。
時には人に教えを請う必要もありますが、まずは自力が一番ですよね。
2016-04-10 18:23  http://dekiru2011koto.blog.fc2.com/
いろいろでセカンドライフ No.5051
祖父母の話などを聞くと、
私は、今の時代に生きられて良かったと、心から思っています。
何しろ、自分で選択して生きてこれましたから^^

こんな時代が続いてほしいですよ。
2016-04-10 20:06  いろいろでセカンドライフさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.5052
昔だったら選択肢すらなかったんですものね。
確かに現代に生まれてきて良かったと私もしみじみ感じます。

今後は更に選択肢の幅が広がるかもしれませんね。
私もアンテナ張っておかないと・・・
2016-04-12 08:19  すばらしい
minato No.5065
ときおり拝見させていただいてます。
アーリーリタイアを考えるのはどちらかというと独身の方が多いのかなと思いますが(夫婦だと同じ価値観を共有するのが難しい場合があるので)poohさん夫婦は自分にとって理想の夫婦です(^-^)

先日某番組で元朝日新聞の稲垣えみ子さんの日常を追っていましたが、言葉を仕事にしていた方だけあって心に響きました。
poohさんに通じるところがあるかもしれないですね。
2016-04-12 12:10  minatoさん、はじめまして!
pooh No.5067
稲垣えみ子さんの番組、私も見ました!
なるほどそういう生活もあるんだなぁと感心しました。
我が家の場合はズッコケ感も満載なのですが(笑)、確かに稲垣さんの考え方と通じるところがあるかもしれませんね。
「理想の夫婦」なんて言っていただけて照れまくりです(^^)
Comment form

Trackback

Trackback URL