poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆日記 > 日常つれづれ > 新たな敵が出現。もうどこにも逃げられない・・・

新たな敵が出現。もうどこにも逃げられない・・・

北海道に住むようになって、かなりの年月が経ちました。
もちろん冬は厳しいけれど、poohが苦手なのは寒さよりも暑さ。
自分にはこの北の大地が適していると、文字通り肌身で感じています。

北海道の魅力は、気温以外にもう1つあります。
それは「杉がほとんど生えていない」ということ。
杉の木がない・・・つまりスギ花粉に悩まされることがありません!

毎年冬の終わりから春にかけて、必ず全国ニュースで取り上げられるスギ花粉。
poohも本州に住んでいた頃は随分と苦しんだものでした。
生活拠点を北海道におくことを決めるにあたっては、さまざまな要因があったけれど、「スギ花粉からの逃避」も1つだったくらいです。

「これで心穏やかに春を迎えられる・・・」
ホッと胸をなでおろしました。
実際、数年間は何事もなく生活してきました。

しかし! 安全だと信じていたこの土地にもヤツラは潜んでいました。
いえ、今度はスギ花粉ではありません。
北海道を象徴するシラカバの木が、poohの新たな天敵となったのです。

シラカバ花粉の発生時期は5月頃。
毎年GWの頃になると、クシャミ・鼻づまり・目のかゆみを感じるようになりました。

杉から逃れたつもりが一難去ってまた一難・・・これも己の運命と半ば諦めモード。
今年もあと1ヶ月ほどでシラカバ花粉の季節だと腹をくくっていたところです。
それなのに、あぁ、なんということでしょう・・・

早くもアレルギー症状発生(泣)
3月末のこの時期から、猛烈なクシャミを連発しています。

一体どうしたというのでしょう。
そういえば今年は春の訪れが早く、雪どけも例年より早目でした。
シラカバ花粉も前倒しで発生しているのかもしれません。

しかし、調べてみたところ「シラカバ花粉発生」の報道はまだのようです。
その代わりではないけれど、別の樹木の名前を発見しました。
「ハンノキ」というものです。
ハンノキ
<ハンノキとは?>
カバノキ科ハンノキ属の落葉高木。
国内では北陸地方・北海道に多く生息する。
花期は本州では12~2月、北海道では3月頃。


カバノキ・・・つまりシラカバと同じ種類のハンノキ。
poohは間近で見たことはないけれど、この辺りではメジャーな存在だそうです。
ハンノキ花粉はまさに今が最盛期、poohの症状もこれによるものに違いありません。

そんな訳で、アレルギー症状と戦う日々が始まりました。
ちょっと油断すると鼻水がタレてきます。
外出時はもちろんマスク必携ですが、それで隠れることをいいことに、両方の鼻の穴にティッシュを詰めています(恥)

せっかく北の果てまで来たのに、もう逃げ場所はありません。
ハンノキ花粉が終わった後は、そのままシラカバ花粉の季節に突入することでしょう。
poohの鼻栓、あと2ヶ月は続きそうです・・・

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事

Comments

post
2016-03-30 18:52  白樺花粉症ですか・・・
パルタ7 No.4987
こんばんは。
スギ花粉からせっかく逃れられたと思ったら、問屋が卸しませんでしたね。白樺の花粉症は北海道では辛いでしょう。花粉症はスギ花粉が一番有名ですが、最近ではヒノキやブタクサなどの花粉症も多いと聞いています。こうなると日本では年がら年中花粉が飛びまくっていますから、花粉症の人はどんどん増えていくでしょうね。
2016-03-30 18:53  http://dekiru2011koto.blog.fc2.com/
いろいろでセカンドライフ No.4988
ハンノキ、東京にも生えているんです^^
特に、放置された田んぼなんて言う、湿地帯。
多分、何十年もたてば、無くなるのかもしれないけど
水辺にはハンノキが強いようです。
人間が壊したものは時間かけて修復されていくんでしょうか^^

抗アレルギー剤で、今年もほぼ快適に過ごせてます。
2016-03-30 20:55 
リゾートバイトを利用しての渡り鳥生活を計画していて、夏は北海道、冬は沖縄、のライフスタイルを模索しています。奥さんを説得中で、来年の夏からできるかもしれません。
花粉から逃げられるのもいいし、なにより本州の夏は異常に暑いですからね。
2016-03-30 21:54  パルタ7さん、コメントありがとうございます☆
pooh No.4994
子供の頃は花粉症もマイナーな存在で、私自身も「春先はなんだか鼻がつまる」くらいにしか感じなかったのですが、今やすっかり定番化。
周囲にもシラカバアレルギー保有者が年々増えているように感じます。
現代人と花粉は、もう切っても切れない間柄なのでしょう・・・あぁ辛いです。
2016-03-30 21:59  いろいろでセカンドライフさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.4995
調べたところ、ハンノキって湿地帯で育つ樹木らしいですね。
でも周囲に思い当たる場所はないんです。
一体どこから飛んで来るのでしょう・・・
そんなことを考えていると、実物のハンノキをこの目で見たい気もしますが、そこに行き着くまでにクシャミで鼻がもげるかも(笑)
2016-03-30 22:03  招き猫の右手さん、コメントありがとうございます☆
pooh No.4996
スギ花粉から逃れるために北海道に来る方、結構いらっしゃるようですね。
避暑地としてもバッチリだと思います。
私自身も北海道に住めて良かったと常々感じていたのですが、まさかこんなことになるとは・・・でもやっぱりいい所ですよ(^^)
2016-03-31 13:24 
はち No.4997
poohさんの「鼻がもげるかも(笑)」のコメントに少し笑いました。

当方、幸い花粉症には縁なく暮らしているのですが、これも部屋の掃除を怠っているため耐性がついた?なのかは不明です。
夫はイネ花粉とブタクサでやられるようです。
2016-03-31 14:38  はちさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.4998
いやぁ、クシャミを連発し続けていると、ホントに鼻がもげそうになるんですよ(笑)
余計な力が入るせいか腰も痛くなるのですから、クシャミと言えどバカにできません。
うちの夫はアレルギーとは無縁で、いつも不思議そうに私を眺めています。
体質って人それぞれなんですねぇ。
Comment form

Trackback

Trackback URL