poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆日記 > 私の考え・雑学ネタ > 「終活疲れ」って本末転倒ですよね

「終活疲れ」って本末転倒ですよね

先日見たテレビ番組で「終活疲れ」を特集していました。
自分が亡くなった時を想定して身辺を整理したり、エンディングノートを作成する「終活」に励んでいるうちに、体力的&精神的に疲労してしまう高齢者が増えているそうです。

「◯◯疲れ」・・・ネット記事やテレビの情報番組等で、最近よく見かけるキーワードです。
節約疲れ、断捨離疲れ・・・そのバリエーションは、今やもう数えきれないほど。

疲れがひどい場合は、うつ状態に陥ってしまうケースもあるとのこと。
そこまでいかなくても、「もう◯◯なんてしたくない」と、それまで行なっていた作業をすべて放棄してしまうことはよくある話みたいです。

「皆、ずいぶん真面目なんだなぁ」と感じました。
1つの物事に打ち込む・・・これはとても大事なこと。
pooh自身も根っからのマジメタイプ(←あくまでも自己分析)なので、頑張る人の気持ちはよく理解できます。
でも、そのために自分がすり減ってしまっては、頑張る意味も半減・・・

疲れるまで頑張り過ぎてしまう人々は、目標が高過ぎるのでしょう。
終活にしろ、節約にしろ、秀でたスキルを持つ“天上人”をお手本にしてしまうからだと思います。

“天上人”は、テレビ界や出版界で活動しているプロが大部分。
それを生業にしている訳ですから、レベルが高いのも当然です。
そんな雲の上レベルを目指そうと、真上だけ見てしまうから疲れるのです。

もちろん、自身の成長のためには「上を見る」ことも大事。
でも首を大きく傾けるほど上である必要はありません。
真上を見たままの姿勢は疲れるし、そもそも前に歩くことすら困難になってしまいます。

最も良いのは、首はそのままの状態で、視線だけちょっと上向きにするくらいのスタイル。
これならば身体も楽チンだし、常に前進できます。
そう、目標もこのくらいの高さに置けば良いのです。
images5DBC6AL0.jpg
目標の設置場所は、「ちょっと斜め上」くらいで良い。

“天上人”は特別な存在。
素人がいきなりその域に到達できる訳などありません。
「あんな風になれたらいいなぁ」と憧れ程度にしておいて、自分はのんびりゆるゆる流れていけば大丈夫!

そんな訳で、今日もpoohは斜め上を見据えてゆっくり前進しています。
まさに「カメの歩み」そのものですが、いつかは目標地点にたどり着く・・・予定です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事

Comments

post
2016-04-01 14:39 
後を濁したくない、という気持ちよくわかります。
でも、死ぬ当人なら、後が濁っているかどうかは、
わからないだろうから、どうでもよいのかもしれません^^
なんてぐらいに、開き直れると良いのでしょうけど

なかなかそうもいかないのでしょう。

2016-04-01 15:39  いろいろでセカンドライフさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.5000
よそ様の完璧な終活ぶりを目にすると、「自分もその域にならねば」と不安になってしまうのでしょうね。
何事も「人は人、自分は自分」で腹をくくってしまうのが1番なのかもしれません(^^)
2016-07-12 07:07 
確かに、確かに。
なんでも「ほどほどに」が難しいですね。
日本人のDNA的には一番苦手ですよね~^^;
少し斜め上がいいですよね。
2016-07-12 07:29  らむちゃんさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.5291
上を向かないと向上しないこともあるので、ある程度は必要ですが、やっぱり何ごともほどほど々が一番ですね。
私もまだまだ発展途上、のんびりと上向きでいきますよ~(^^)
Comment form

Trackback

Trackback URL