poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆日記 > レジャー・娯楽 > 金銭的に敷居が高そうと思いきや・・・

金銭的に敷居が高そうと思いきや・・・

鉄道旅行、カメラ、将棋、お菓子作り・・・
どれもアーリーリタイアをきっかけに、足を踏み入れた趣味の世界です。
どれも「マニア」を名乗るには程遠いペーペーレベルではありますが(笑)、自分なりに日々楽しんでいます。

更に加わるのが、クラシックコンサートの鑑賞です。
この2年半あまりの間に、プロのオーケストラやピアノのコンサートをいくつか楽しみました。

とは言え、海外の有名交響楽団等ならば1万円以上のチケット代がかかります。
夫婦2人ならば更に倍、これはなかなか敷居が高い・・・

大丈夫! 探せば手頃なものもあります。

それは企業主催のコンサート。
「地域の音楽事業の振興」等のチャリティを目的としているものです
これなら¥3,000程度の割安価格だし、時には「無料ご招待」というものも。
我が家でもおおいに利用しています。

実は昨夜も出かけてきました。
今回はオーケストラではなく、小編成のアンサンブルコンサートです。
オーケストラの抜粋メンバーによる木管、金管打、弦楽アンサンブルの演奏を楽しみました。

<アンサンブル(仏: ensemble)とは?>
少人数(2~10人ほど)で行なう演奏形態。
一般的に、オーケストラ(管弦楽団)は規定の楽器編成を満たした大人数(50~100人前後)を意味するため、これに含まれない室内楽の演奏団体をアンサンブルと呼ぶことが多い。


会場で周囲を見渡すと、聴衆年齢層は60~70代。
四十路半ばの我が家もこの中では「若造」です。
この現象は企業主催コンサートの特徴とも言えましょう。

それは平日開催が主流だから。
平日の18~19時開演というパターンが目立ちます。
会社勤めをしている方にはなかなか敷居が高い時間帯、年配者が多いのも道理でしょう。

本来なら学生さんを含めたもっと若い層にも楽しんでもらいたいコンサート。
開催日時に関しては主催者側の懐事情もあるので仕方ないけれど、一般的にあまり知られていないことも大きいと思います。
企業主催コンサートの情報告知は新聞や広報誌、店頭ポスターがメイン。
こういった媒体は、時間に余裕がある者でないとなかなか目に入りません。

でも、大丈夫! こんなものもあるのです。
2016032461.jpg
コンサートホールの公演情報誌(無料)です。

全国どこのホールにも用意されている訳ではありませんが、poohがよく利用するコンサートホールKitara(札幌市)には2ヶ月毎に発行されている情報誌があります。
カレンダー式でさまざまなコンサートのスケジュールが一覧できるようになっています。
地下鉄の切符売場にも置かれているので、結構気軽に入手可能。

これを見れば一目瞭然。
今まで見落としていた情報が随分多かったことに気付かされます。
紙媒体だけでなく、最近は各ホールのHPも使いやすくなっているので、お近くの施設情報をググッてみてはいかがでしょうか?

さて、昨日のコンサートも存分に楽しんだ我が家。
しかし・・・実を言うと、昨夜1番の収穫物は
2016032460.jpg
帰り際にスタッフから手渡された手土産のお菓子でした(笑)

「昨日は、『ピアノと管楽のための五重奏曲 変ホ長調 K.452』(モーツァルト)が良かったねぇ」
などといっぱしのことを語りつつも、結局のところは“花より団子”の我が家です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事

コメント

post
2016-03-24 17:25 
RIKO No.4961
クラシックコンサートいいですよねー
昔はロックとか激しい系が好きでしたが、年々、席におちついてゆったりと
鑑賞できることが好きでクラッシクとか古典芸能系のコンサートに出かけることが
おおいです。。。

全然関係ないですが、某南○13丁目の東○ストアーでふつーのバター(有塩)
200gが賞味期限間近(4/16)ということで税抜きで206円?で売られていて
あーすぐになくなりそうだなと思っていたのですが、1週間たって、在庫が増えてました・・・バター不足ってなんでしょうねw
2016-03-24 17:42  RIKOさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.4962
わぁ! そのバター、ほぼ半額ではないですか!
私も激チャリして行ってみようかしら。
店頭で鼻の穴を膨らませてバターを手に取る輩がいたら・・・それは私です(笑)

同じ市内に住むRIKOさん、どこかのコンサート会場で、いつかすれ違うかもしれませんね(^^)
Comment form

トラックバック

Trackback URL