poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆生活 > 手作りご飯 > 私の上達ぶりをなぜか残念がる夫・・・

私の上達ぶりをなぜか残念がる夫・・・

新婚時代(16年ほど前)、戸惑いを感じた事項の1つが「2人分の食事作り」。
独身の頃から日常的に料理をしていたpoohですが、手馴れていた分、それが逆に裏目に出たようにも思います。

ずっと1人分を作っていたのが一変、今度はすべて倍量です。
材料量は増えるし、鍋のサイズも変わるしで、作業時間の見積もり等、それまで培った勘を一新させる必要がありました。
「こんなはずではなかった」と手探りで模索したのも、今では懐かしい思い出です。

夫・ケッチーくんに言わせると、特に印象深いのが「おにぎり」だったそう。
「あの頃のpooh製おにぎりは、大小さまざま不揃いサイズだったよね」などと、かつてのアラを蒸し返してきます(苦笑)

うぅっ、悔しいけれど、それも致し方なかったのです。
独身時代は2個作るだけだったおにぎりも、5個となるとビミョーなテクを要しました。
炊いたご飯を半分にするのは簡単だけど、5分割は難しい。
「こんなもんかな?」と狙いをつけて握り始めても、最後の段階で「ムム、ご飯が余る・・・」となってしまうのも当然でしょう(開き直り)

そんな事態に陥った時、新妻poohが取った策は、余ったご飯で小さなおにぎりを追加すること。
高さ2、3㎝ほどのミニミニサイズのおにぎりを握って誤魔化していました。

いや、「握る」という表現は正しくありません。
小さ過ぎて中に具材も入らないおにぎりは、指先でチョチョッと丸めただけのもの。
「テキトー魂全開」とも言うべき、なんとも貧弱な代物だったのですから(笑)

しかし、人間、何が気に入るかわかりません。
このテキトーに作った駄作も、ケッチーくんのツボにミョーにハマりました。
“チビにぎり”と名前までつけて、いつも大喜びで口に入れていたのです。

「チビにぎり、美味しいねっ!」
本家本元のおにぎりよりも、オマケ的物体の方が彼のお気に召したよう。
きちんと作ったものよりも、ちょっと塩気があるご飯の固まりの方が良いのか・・・と脱力しつつも、「しめしめ」とほくそ笑んでいたpoohでした。

しかし、それから16年・・・今ではすっかりpoohの手料理も「2人分」が定番に。
大概のものは目分量でサクサク作れてしまいます。
もちろんおにぎりも、何ら迷うことなくご飯を5分割にして、すべての大きさを揃えられるようになりました(←威張るほどのものではない)

そんなある日、ケッチーくんが悲しげにつぶやいていました。
「最近、チビにぎりが食べられなくなっちゃったね・・・」

なんということでしょう! おにぎり作りのスキルが向上して褒められるかと思いきや、彼にとっては「残念事項」だったとは(驚)

そんな訳で、このたびおにぎりを作るにあたり、チビにぎり復活!
2016032201.jpg
2つのおにぎりの間の固体がチビにぎりです。
かつては最後に残った白飯をかき集めて作ったけれど、今回はまず最初に取り分けました。
そのおかげで、いつもの勘が再び鈍り、結局、本物のおにぎりのサイズが不揃いに(笑)

今後はチビにぎりを作りつつ、各おにぎりの大きさも揃えることが目標です。
「料理の道に“完成”という言葉はない」と己を戒めながら、今日も2人分の食事作りに勤しんでいます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事

Comments

post
2016-03-22 21:23 
そういえば僕も結婚してから2人ぶん作るようになりました。
2人ぶんといっても材料が増えるだけで手間が倍にはならないのでラクなんですよね。
相手がいくら食べるかによって材料の感覚はありますが。
2016-03-22 22:11  招き猫の右手さん、コメントありがとうございます☆
pooh No.4952
2人分も慣れてしまえばホント楽勝ですよね~。
今では2回分、3回分を1度に作るのを基本としているので、「何人家族?」というくらい大量です(笑)
2016-03-23 12:14  http://hudousannokamisama.blog61.fc2.com/
たんちん No.4953 [Edit]
チビおにぎり、食べたいなあ。
2016-03-23 12:26  たんちんさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.4954
あら、たんちんさんもチビ好きですか!
ちょっと塩味をつけて丸めるだけですから簡単ですよ~。
でも1度に沢山作ってもダメ、毎回1個だけチンマリと添えるのがありがたみを感じさせるコツでもあります(^^)
Comment form

Trackback

Trackback URL