poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

夫婦2人でのアーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆日記 > 私の考え・雑学ネタ > 傷つくことは怖くありません

傷つくことは怖くありません

子供の頃に読んだおとぎ話に、未だに強烈な印象を残しているものがあります。
「ガラスの心臓を持ったお姫様」という物語です。

<あらすじ>
昔々、ある国に王様が住んでいました。
王様の子供は3人の女の子、皆美人で気立ても良いお姫様でした。
しかし1つ問題が・・・お姫様たちは全員生まれた時から心臓がガラスで出来ていたのです。  
 
1番上のお姫様は、窓から身を乗り出した時に心臓を割ってしまい、亡くなりました。
2番目のお姫様は、熱い飲み物を飲んだ時に心臓にヒビが入ってしまいました。

幸い2番目のお姫様は命をとりとめましたが、王様はもう気が気ではありません。
末のお姫様のお婿さん選びを開始しました。

王様が掲げた「お婿さん条件」は2つ。
①一国の王様であること、
②ガラスの心臓を大切に取り扱うことができる「ビロードの手」を持っていること・・・


王様というだけでもハードルは高いのに、「そんな人いるかよ」とも言うべき条件のせいでお相手選びは難航します。
でも、お姫様自身がほのかな恋心を抱いていた男性召使がガラス職人の修行を重ねた上、運良く小国の王様の養子となって名乗りをあげてくれました。
2人は結ばれ、沢山の子供にも恵まれ、物語はめでたしめでたし・・・で終わります。

主人公は愛を貫くために奮闘する男性召使、そしてけなげに彼を待つ末のお姫様。
「待っていれば王子様がやってくる」という、まさにおとぎ話ならではのハッピー物語です。

しかし、チビpoohにとって最も興味深かったのは2番目のお姫様でした。
なんせこのお姫様、肝っ玉が座っているのです。
彼女の「心臓ヒビ割れ事故」で、王様をはじめお城中がてんやわんや状態に陥った時、当のご本人が微笑みながら口にするセリフのカッコよさといったら♡

「大丈夫。ヒビが入った花瓶は長持ちするって言うじゃありませんか。」

まさにその通り。
もちろん新品ピカピカ状態であるに越したことはないけれど、ちょっとキズがついた物の方が長持ちすることは、現実にもしばしば見受けられます。
そして大人になって改めて感じるのは、「これは人そのものではないか」ということ。

ある程度のキズがつかないと、人間も長持ちしません。
純真無垢な子供のままでは社会の荒波を切り抜けることなどできないのです。
あちこち傷ついたり、ほころびがあったり、ヒビが入ったり、欠けたり・・・そんな経験をしてこそ強くなれる。
poohも現在に至るまでに幾度もダメージに打ちのめされたけれど、そのたびにこのお姫様のセリフを思い出して乗り越えてきました。

ちなみに物語の終盤にも、この2番目のお姫様は登場します。
末のお姫様の子供たち、つまり甥姪にあたる王子様&お姫様たちの遊び相手になったり、勉強を教えたりしながら、良き「伯母さん」として暮らしたそう。

こんな彼女の生き方も、「キズモノの娘→行かず後家」と捉えてしまうと、心臓のヒビのせいで不幸になった女性・・・とネガティブになってしまいますが、まぁ所詮おとぎ話(笑)。
そこに目くじらを立てても野暮というものでしょう。

傷つくことは怖くありません。
自分を“長持ち”させるための機会だと捉えて、今後もどんどん強くなっていこうと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事

Comments

post
2016-03-05 19:00 
傷つくことは耐性を付けるうえで必要なのかもしれないけど、若い世代は少しの傷でも壊れてしまう人が多く困ったことがあります。
自分の気持ちの持ちようはもちろん大事なんだけど、環境もかなり影響を与えるなと思ってしまいますね。
2016-03-05 19:16 
ふんわり No.4871
こんなお話初めて知りました。
私フィギュアスケートが大好きなのでガラスのハートと
言えば高橋大輔さんを連想してしまいましたが(笑)
poohさんの人間形成に本は強くかかわっていますね
何事も前向きにとらえるところが素晴らしいです。

2016-03-05 20:45  http://hudousannokamisama.blog61.fc2.com/
たんちん No.4872 [Edit]
心も体も傷だからけですが、長持ちさせて行けるとこまで行きまっせz
2016-03-05 21:58  クロスパールさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.4873
そうですね、環境は大きいと思います。
若いうちに体も心も鍛えておいた方が、後々楽に生きられますね。
2016-03-05 22:02  ふんわりさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.4874
この本、実家にあったはずなのですが、現在はもう手元にありません。
もしかしたら私の記憶違いかも・・・と思いつつ、今回の記事を書くにあたってネット検索してみたら、あらすじもほぼ合っていてホッとしました。
昔読んだ本の数々、確かに私の人生に大きく影響していると感じます(^^)
2016-03-05 22:04  たんちんさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.4875
キズ跡を見て「あぁ、こんなこともあったなぁ」と懐かしく感じられるのも、年を取った今だからこそ。
私も自分をいたわりながら、長持ちさせていきますよ~。
2016-03-05 23:18  http://manekinekonomigite.blog.fc2.com/
招き猫の右手 No.4876
傷つくことが怖いあまり、何にもチャレンジできず、こもるような人生を送っている人がいますからね、あれはつまらん人生だな、と思います。
色々やってみて失敗してこその人生です。
2016-03-06 07:41  招き猫の右手さん、コメントありがとうございます☆
pooh No.4877
失敗しないとわからないことも沢山ありますものね。
私もまだまだアグレッシブに行きますよ!
Comment form

Trackback

Trackback URL