poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆日記 > 日常つれづれ > 私のアンガーマネージメント術

私のアンガーマネージメント術

「poohって、あまり怒らないよね」
友人や、かつての同僚からよく言われた言葉です。

こんな風に言うと、「poohさんって仏様のように寛大な人なんだ~」などと読者の皆さんに誤解されてしまうかもしれません。
それは大きな間違いです。
決して謙遜などではなく、poohは仏様ではありません。

リアルpoohは怒ってばかり!
友人たちの前ではネコをかぶっているだけです(笑)

負の感情である「怒り」は無い方が良いと考えられがちですが、poohはこれはこれで必要なものと捉えています。
怒りが生み出すエネルギーは生きるための原動力になります。
この存在、なかなかバカにできません。

不満や劣等感を感じたり、理不尽な状況に置かれたり・・・
そんな時の「怒り」はまさに負の感情ですが、「なにクソ」と跳ね返すことができれば、自分の未来や人生を大きく変えるチャンスになります。
堪えて我慢してしまうよりも、怒った方がより良い方向に進む可能性が高いケースもあるのです。

そんなpoohが怒る際に心掛けていることは、以下の3点です。

●怒る対象を明確にする。
人間、一旦カッとなると怒りの対象が見えなくなりがち。
その結果、怒りの矛先が無限に広がって収集がつかなくなるケースもまま有ります。
「自分は何に対して怒っているのか」を絞れば、その怒りのレベルも自ずと決まってくるものです。

●壊滅行動は避ける。言葉遣いは丁寧に。
乱暴な行為は余計な部分にまでマイナスオーラを広げてしまいます。
怒りを感じた時は、いつもよりも丁寧な言動を心がけるべきでしょう。

●「大噴火」ではなく、コマメに発散する。
不満を貯めに貯めこんで一気に放出しても、相手を困惑させるだけ。
「あの時こうだった」と後から言われても、「いつの話?」で終わってしまいます。
怒りには、適度なタイミングと怒り具合を見計らう必要があります。

「友人たちの前ではネコをかぶっている」と先述しましたが、怒りを覚えた時点で「私は怒っている」と、その場で表現はしています。
でも、ポイントを明確にして丁寧な言葉で相手に伝えているので、ヒステリックには見えず、「怒らない人」とされているのでしょう。
「怒らない人」と周囲に捉えられることがすべてプラスに繋がるとは思いませんが、スムーズな人間関係を構築するには「穏やかな人」であるに越したことはありません。

さて、1日の大部分を夫・ケッチーくんと2人きりで過ごすようになった現在。
poohの怒りの矛先の大部分は、彼が占めるようになりました。
毎日コマメ(?)に怒っているpoohに対して、「今日もプリプリしているね」と、なんとも感じていないケッチーくんです。

ん? もしかすると“プリプリpooh”をスルーできるケッチーくんが「仏様」なのかも・・・。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

関連記事

Comments

post
2016-03-12 17:42  http://hudousannokamisama.blog61.fc2.com/
たんちん No.4909 [Edit]
うちの嫁もいつも怒ってます、変な嫁ですわ。結婚したての時は私が怒ってたのに逆転しました。あまりの理不尽さに娘たちにも笑いもんです。
2016-03-12 21:53  たんちんさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.4910
ウフフ・・・奥様もプリプリですか。
それをたんちんさんがどう受け流すかが家庭の平和に直結するんでしょうね(^^)
「仏のたんちん」でいきましょう!
Comment form

Trackback

Trackback URL