poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆生活 > 手作りご飯 > 自家製手巻きシラタキに挑戦!

自家製手巻きシラタキに挑戦!

夕食におでんを作ることにしました。
「おそ松くん」のチビ太ほどではないにせよ、poohはおでんが好物です。
チビ太
チビ太のおでんのコンニャクは三角形。
もちろんこういうタイプも好きだけど、コンニャクならばpoohはシラタキの方が好みです。
数あるおでんの具材の中で、最も好きなものと言っても良いくらいです。
シラタキイラスト
市販の手巻きシラタキは100gほど(10個入)で¥100程度。
おでんの具としては安価な部類に入るでしょう。
しかし、何事にもコスパを追及する我が家には、若干気にくわない品であることも否めません。

チビ太風の板コンニャクならば同じ¥100で300g、特売ならば500g。
コンニャクとシラタキ、食感は全然違うけれど元は同じ・・・と考えると、前者に軍配を上げてしまうのは節約家ならではのいじましさ(苦笑)
そんな訳で愛するシラタキと距離を置き、板コンニャクをセレクトすることも増えつつある中、ふと思いつきました。

自分でシラタキを巻いてみたらどうだろう?

シラタキはシラタキでも手巻きタイプではなく、麺状のまま袋に入ったものが売られています。
おでんには不向きだけど、牛丼や鍋物用にpoohもよく利用するこれらの製品は手巻きタイプよりもずっと割安。
早速購入しました。
IMGP4799.jpg
380gで¥98、やっぱり手巻きタイプの4分の1ほどのお値段です。

作業に入る前に、夫・ケッチーくんと共に作戦会議を開きました。
秤で計量してみたところ、シラタキ1本は4g。
市販の手巻きシラタキが1個10g程度ですから、3本ずつ使えば良いでしょう。

水気を切ったシラタキの総重量は350g。
350g÷4g=87本、87本÷3本=29個
計算上では¥98で29個の手巻きシラタキが出来るはず(喜)!

たかがシラタキとは言え、具体的な数値を目にすると俄然やる気がみなぎってくるのが人間です。
我が家の2人も鼻息荒く「いざ!」と手を動かし始めました。
実はこういった細かい手仕事は、ケッチーくんの得意技。
数回試行錯誤した結果、彼が編み出した技をここにお披露目しましょう。

まずは3本の指にシラタキ3本を巻きつけます。
2016020401.jpg
それぞれのシラタキの長さはバラバラでも大丈夫。
むしろ不揃いの方が最後の仕上げがスムーズになります。

途中で薬指を抜き、残った2本の指を広げ、空いたスペースに残りのシラタキを巻きつけます。
2016020402.jpg
人差し指&中指も引き抜いて、グラグラ沸かした熱湯に入れます。
加熱したシラタキは、そのままの形状で固まります。

手巻きシラタキ、一丁上がり!
2016020403.jpg

こうやって説明すると簡単そうに見えますが、実のところはかなりの苦戦を強いられました。
ツルツルのシラタキを巻きつけるのは予想以上に難しく、途中でブチッと切れることもしばしば。
「pooh、下手くそだね」、「たいして変わりないじゃん」などと、お互いにツッコミを入れつつもチマチマと作業に取り組みました。

1本1本の長さが一律ではなく結構バラバラだったこともあり、当初の見積もり29個には及ばないものの、およそ20個の手巻きシラタキが完成したのは40分後・・・
1個あたりに4分かかった計算です。
そう考えると「市販品を購入した方が良いのでは?」という思いもよぎりますが、次回はもっとスムーズに行える(はず)でしょう。

結論:おでん用シラタキは自分で巻くべし!

自分で巻いたシラタキは不格好ではありますが、ちょっと可愛く感じます。
そんな満足感もあってか、普段よりも美味しく感じられるおでんになりました。
これならチビ太にも気に入ってもらえるかもしれません(笑)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事

コメント

post
2016-02-05 16:55 
別府美人 No.4712
こんにちは♪ (^o^)丿

「おでん」を作ろうとすると
出汁をとるのに2日がかりになっちゃうので
気合が入っているとき限定で取り掛かります。 (^_^;)

世間では人気の具材でも
アタシには『 Why Japanese people ? 』と問い質したくなる
モノがあります。

それは・・・「大根」と「ちくわぶ」。 (=_=)
美味いッスか?

煮込んだ「大根」って“ 臭い ”から苦手なんですわ~。
「大根」は《焼く》に限る♪
お好み焼きのキャベツ代わりに使うとか
すりおろして焼くとか。 (^_-)-☆

そして「ちくわぶ」ネ。 (~_~;)
あの食感・味が滲み込んでんだか何なんだか分からない感じが、苦手ッス。
2016-02-05 17:14  別府美人さん、コメントありがとうございます☆
pooh No.4713
出汁取りに2日がかりとは本格的ですね。
私のおでんは昆布+鰹節ベースでシンプルです。
だしに関しては、近日記事にしようと考えていたところなのでお楽しみに(^^)

大根とちくわぶ、私は好きですねぇ。
でもやっぱり味がしみたシラタキが私の“キングオブおでん”です♪

Comment form

トラックバック

Trackback URL