poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

夫婦2人でのアーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆アーリーリタイア > アーリーリタイア夫婦が毎日平和に暮らすコツ

アーリーリタイア夫婦が毎日平和に暮らすコツ

「夫婦揃って退職し、現在は日常の大部分を2人で過ごしている」と知人に話すと、「夫婦喧嘩にならないの?」とよく尋ねられます。
我が家は共働き→アーリーリタイアのパターンでしたが、これが一般的な定年退職、もしくはpoohが専業主婦だったとしても同様の問いかけがあったことと思われます。

それまで半日以上は別行動していた大人同士が、いきなり四六時中顔をつき合わせる生活に。
これは大きな転換です。
その結果、「お互いの存在がストレスに直結」という話は確かによく耳にします。

ブログ友達のプライアさんは2ヶ月前にアーリーリタイアし、もうすぐ奥様も退職。
今後に向けて夫婦で話し合いをし、「リタイア後の約束事五箇条」なるものを定めたそうです。

●参考記事:「リタイア後の約束事五箇条」(→プライアさんの記事)

我が家では特に決め事は設けませんでしたが、確かにこれは大事なこと。
2人という最小単位とは言え、人間社会においては何らかのルールが必要です。

リタイア以降も夫婦それぞれ別行動を取るという手もありますが、我が家は基本的に一緒。
これは2人とも自宅に籠っていることが好きだからです。
しかし、常に2人で同じことをしているわけではありません。
食事を取ったり、テレビを一緒に見ることも多いけれど、それぞれPCをいじったり、読書に勤しんだり、各自勝手に過ごしています。

お互い話しかけることなく、相手の存在すら完全無視。
同室にいながらにして別行動を満喫しているとも言えましょう。
ハタから見たら「冷戦中」にしか見えないくらい(笑)、なんともクールに過ごしています。

この時間帯は相手に声もかけません。
話しかける時は一旦自分の頭の中で話題を整理して、ある程度内容を精査してから声を発するようにしています。
中途半端な段階で声をかけても、相手の迷惑になるだけですから。

「人の邪魔をしない」、これは基本的マナーの1つ。
会社員時代は複数人数で同室にいながら、各自それぞれ業務に没頭するために、余計なおしゃべりも慎むよう心掛けていました。
これを怠ると周囲に煙たがられ、人間関係もギクシャクします。

不思議なもので、オフィシャルな場ではつつがなく守れたマナーも、家庭というプライベート空間ではなぜか忘れてしまいがち。
身内ということもあって、つい自分に甘い言動を取りがちですが、やはり「親しき仲にも礼儀あり」。
夫婦であろうが、相手の邪魔をしてはなりません。
これはリタイア決行に関係なく、平穏な家庭生活における鉄則と言えましょう。

何事も基本を守っていれば、さほど大きなトラブルにはならないものです。

この記事を作成するpoohの傍らで、今も読書をしているケッチーくん。
そんな静寂な時間を過ごした後は、2人で食事の支度をしながら、あれやこれやキーキーと話に花を咲かせることでしょう。
単調な生活の中の小さなメリハリ、これも平和に毎日を過ごすコツの1つなのかもしれません。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事

Comments

post
2016-01-31 16:38 
freeflyfisher No.4686
パーソナル・スペースを冒されると不快になるので
お互いに「そこだけには入らないでね」という部分がわかっていれば
最低限のマナーとして、そこさえ気をつければ、
大きな問題には発展しないような気がします。

友達夫婦に、つきあっている頃から、相手が何をしていようが
誰と会っていようがそれが異性であっても、まったくお互いに
干渉しない2人がいましたが、そんな人もいますからね・・・
2016-01-31 19:00  freeflyfisherさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.4687
イヤなことは「イヤ」と最初の段階で伝えておくことって大事ですよね。
一緒の時間が長い分、無意識ながらも相手のことを思いやる必要性も感じています。
そういう意味では夫との距離感、現在の感じで丁度良い・・・かな?(^^)
2016-01-31 22:32 
プライア No.4688
うわぁ、これはまさしく私がイメージしているのと合致してるわ。先日「空気のように、相手がいないかのように」といった話をした時、嫁はやや疎外感を受けていた感じがありましたが、この記事を読んでその真意をより深く理解してくれるものと思います。

> 話しかける時は一旦自分の頭の中で話題を整理して、ある程度内容を精査してから声を発するようにしています。中途半端な段階で声をかけても、相手の迷惑になるだけですから。

これ、嫁が時々やるので何度か注意してるし、腹が立ってつい嫌な顔をしてしまうことそのままです。今後一緒にいる時間が増える中で、正しく身に着けてくれるものと信じていますw

それにしても何ともタイムリーな記事。夫婦リタイア初心者の我々にとってはまさしく金言です。
2016-01-31 22:50  プライアさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.4689
わぁ、そんなにピッタリきましたか、それは私としても嬉しいです(^^)
相手の存在を無視する時間があると言うと、友人たちから驚かれますが、それぞれ何かに熱中している時は、相手の存在って邪魔なんですよね~。
各自別室で過ごしても良いのですが、暖房効率等を考慮すると、どうしてもリビング中心になるので、「同室にいながら完全無視」スタイルがやっぱりベストだと思います。

まずはのんびりと模索しながら、プライア家のスタイルを追及していけば大丈夫ですよ♪
2016-02-01 19:50 
ウチはもともとバラバラな2人なのでお互いに干渉しないでやってますね。
奥さんは家で仕事してますが、僕がご飯を作って、できたよ、と声をかけるくらいで、あとは向こうから話しかけてきたら答えるようにしてます。
2016-02-01 21:33  招き猫の右手さん、コメントありがとうございます☆
pooh No.4696
奥様がお仕事されているのでしたら、尚更会話は最低限にした方が良さそうですね(^^)
お互いが気持よく過ごせる環境作りが家庭平和の一番の近道だと私も思います。
Comment form

Trackback

Trackback URL