poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆生活 > 生活いろいろ > 食事の基本、「おやつタイム」にも応用しています

食事の基本、「おやつタイム」にも応用しています

毎晩夕食後、夫婦でテレビを観ながらおやつを食べるのが日課です。
会社員時代からのちょっとしたお楽しみタイム、最近はこんな感じのものを口にしています。
IMGP4780.jpg
名づけて「チマチマ3種盛り」
「かまぼこ焼き」、お煎餅「雪の宿」、一口サイズのチョコレート。
甘い✕しょっぱい、柔らかい✕サクサク、そして和洋折衷と遊び心いっぱい(=テキトー魂全開)に盛りつけた一皿です。

かつてのおやつの定番メニューは市販のスナック菓子でした。
ポテトチップスやかっぱえびせん等、1袋を2人で半分ずつ分け、1回で空けていました。

しかし最近は、これらとはご無沙汰。
もちろん目の前に置かれれば一気に食べ尽くす自信はあるけれど、年齢を考えるとそういう訳にもいきません。
量の割にはカロリーが高いので避ける方が無難です。
昨今の食品値上げも、スナック菓子から遠のいた一因です。

それでも、やっぱりおやつは楽しみたい。
最近ではお菓子も手作りするようになりつつあるけれど、やはり毎回という訳にもいきません。
市販品メインの中、少量で満足感を得ようと考案したのが、この「盛合せテク」なのです。

盛合せることによって一見全体量が増加したように見えますが、実はどれもポッチリずつ。
スナック菓子を単品で食していた頃よりも量そのものは少なくなりました。
しかし、いざ口にするとこれで十分過ぎるくらいです。

実はこの「盛合せテク」、日々の食事の献立組みからヒントを得たもの。
我が家の食事は一汁三菜、毎日少量ながらも副菜を幾つか添えるのが基本です。
CIMG1945.jpg
品数を増やすと栄養バランスが良くなるのはもちろんですが、単品料理よりも満足度が断然UPすると実感します。
チマチマと複数揃えたおかずによって味覚はもちろん、視覚・触覚も刺激されるのでしょう。
全体量が少なくても気持ち的に満腹になるのです。

●食事の基本:品数は多い方が良い。

もちろんお腹いっぱい食べることも大事だけど、欲望に任せてついつい大食いに走りがちな我が家は、ある程度のラインで留めるよう意識せねばなりません。
そのためには品数を増やすのが最もストレスがなく、効率的だと感じています。
健康的だし、食費を抑えることにも繋がる、これぞ一石二鳥!

「今日のおやつは何にしようかな?」
開封済みの大袋をカサカサさせながら、その日の気分で組合せ、今夜もささやかな「おやつタイム」を迎えます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL