poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

夫婦2人でのアーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆生活 > お菓子・パン > ホームベーカリー製パンの羽根跡を最小限に抑える方法

ホームベーカリー製パンの羽根跡を最小限に抑える方法

材料を入れてスイッチ1つ押せば4時間後にはホカホカの食パンが焼きあがる。
ホームベーカリー(以下HB)は、とても便利な機械です。
当ブログでもその魅力についてたびたび語ってきたpoohですが、HBには1つだけ残念な点があることにも気づいていました。

パンの底に穴があく。
これだけはどうしても避けられません。

HBの内釜中央には1本の軸があります。
2016021010.jpg

直径1㎝、長さにして5㎝ほどの軸に、「羽根」を取り付けて使います。
2016021011.jpg
この羽根が時計回りに回転してパン生地をこね合わせます。
内釜はそのまま「パン型」の役目を果たすので、軸&羽根は焼き上がりまでずっと底部分に残るという仕組み。
そのため、焼き上がったパンの底には軸と羽根の痕跡が残ってしまいます。

まぁ味には影響ないし、今やすっかり慣れっこなので、さほど気にしていません。
しかしサンドイッチ用としてはHB製パンは若干不向きであるとは感じていました。
パンの損傷具合によっては、野菜やチーズ等の具がはみ出してしまうケースも起こりうるのです。

これは何とかならないものか?
HBユーザーからのこういった質問は実際よくあるらしく、メーカー・MK精工のオフィシャルHP(→こちら)にも、「羽根の跡を残さないで焼く方法」が紹介されていました。
途中段階で羽根を取り外せば、傷口を最小限に抑えることが出来るようです。

<MK精工オフィシャルHPより抜粋引用>
2回目のガス抜き直後に手早く、生地を取り出し、羽根を外して軽く丸め直してパンケースの中央に生地を戻してください。


しかし、このタイミングはスタートから一体何分後なのでしょうか?
これについては
「ベーカリーの制御に関する詳細な内容につきましては、弊社がベーカリーを開発する上でのノウハウであり、社外秘となっている部分のため、誠に申し訳ありませんが公開できません」
とありました。

取扱説明書にも「2回目のガス抜きは二次発酵と成形発酵の間」という記載があるだけで、ハッキリとした時間については不明です。
そうとなると自分で事前計測しておかねばなりません。

なんせ
「2回目のガス抜き後、しばらく時間が経過してしまったら羽根を取り除くのはあきらめてください」
とメーカーは言っているのです。
「あきらめてください」という何とも男らしい言いっぷり(笑)に、「負けるものか!」と気持ちを奮い立たせたpooh、まずはいつも通り材料をセットしてスイッチを入れました。

リビングのコタツの傍らにHBを置き、各プロセスの所要時間を計測しました。
pooh愛用の「ふっくらパン屋さん HBD816」の普通食パンコースは、7つのプロセスでパンを焼き上げる仕組みです。

こね→予備発酵→こね・・・羽根の稼働音にいちいち耳を済ませながら、表示センサーの残り時間をメモした結果は下記の通り。
2016021020.jpg
羽根を取るタイミング「2回目のガス抜き」は⑤と⑥の間、2時間24分目でした。

これさえわかれば、しめたものです。
さっそく「傷口最小限のパン」を作るべく、再度材料をセットしました。
HBのスイッチONと同時に、2時間20分後に目覚まし時計をセットして「羽根取り」に備えます。

↓「羽根取り」9分前の様子
2016021012.jpg
フックラと膨らんだ表面がなんともカワイイ♡。

そして待ちに待った2時間24分目。
「ガス抜き」として羽根が一回りし終えた瞬間を狙って、素早く内釜を取り出しました。
2016021013.jpg
生地の転落という不測の事態用に設置したボウルの上で内釜をひっくり返します。
予想外に柔らかい生地にアワアワしながらも、なんとか軸から羽根を取り外して、再び元の状態に戻しました。
2016021014.jpg
若干表面が凸凹ですが、なんとか無事に収まりました。
このまま放っておけば成形発酵→焼き工程に進みます。

そんなこんなで焼き上がったもの。
2016021015.jpg
(左):普通に焼き上げたもの  (右):途中で羽根を取り外したもの

・・・やっぱり途中で生地をいじったせいでしょう。
右側は表面が若干いびつです(笑)

そして肝心の底面は?
2016021016.jpg
7時の方向に羽根跡がハッキリ確認できる左側に対して、右は軸の痕跡のみ。
軸の取り外しだけはどうしても出来ないので、これがHBパンの限界とも言えましょう。

それぞれのパンをスライスし、最も傷跡が目立つものをピックアップ。
2016021017.jpg
左側はやっぱり羽根跡が目立ちます。
他の箇所は問題ないけれど、この1枚はサンドイッチにはやっぱり無理。
その点「羽根なし」の右側は、ギリギリ使用に耐えるレベルとなりました。

結論:途中で羽根を取り外せば、パンの損傷は最小限で済む。

羽根を取り出すタイミングは、HBの機種や選択コースによっても異なるので、「2時間24分」というタイミングはあくまでも目安です。
しかしここまでやっておきながら、poohが羽根の取り外しを行なうことは今後はなさそう。
柔らかい食パン生地を途中で取り出すのは、かなりの緊張感を伴うし、結局軸の痕跡は残るので、手間の割にはさほどの効果を感じないというのが本音です。

スイッチを押したら放っておくだけというのがHBの魅力。
この手軽さを思えば少々の傷跡など気になりません。
今回焼いた2斤のパンも、サンドイッチ&トーストで美味しくお腹に収めます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事

Comments

post
2016-02-10 17:32 
たねっち No.4730
成型するのなら、2次発酵の直前で羽根を取り外すべきでは?
④と⑤の間でしょうか。
ガス抜きで羽根がくるくると何回転かするタイミングがありませんか?
その直後なら、普通に焼くのと遜色無く焼けると思うのですが・・・
羽根のぽっちは仕方ないと思いますが、それなりに焼けると
思いますよ。
2016-02-10 18:59  たねっちさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.4732
取扱説明書によると、2回目のガス抜きは⑤と⑥の間だそうです。
最後に羽根が回転するのは2時間24分目、今回のタイミングで合っていると思います。
型に戻す時にもっとキレイに入れられれば良いのでしょうね(^^)
でも、かなり生地が柔らかいので、私にはこれが限界かなぁ・・・
2016-02-10 20:31  http://hudousannokamisama.blog61.fc2.com/
たんちん No.4733 [Edit]
ホームベーカリーの企画できますよ、こんなユーザーがいろいろ意見をしてくれたらメーカーも嬉しいでしょう。

前から穴はきになっていました。
2016-02-10 21:38  たんちんさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.4734
表面にクッキー生地を乗せたメロン食パンまで作る方もいるようですよ。
ホームベーカリーもなかなか侮れません。
私にとっても今や手放せない相棒です。
2016-02-13 21:50 
僕は羽の痕跡はあまり気にならなかったですねえ。
僕の場合、焼きあがったパンを切るときに、横にして切ってるので、痕跡が問題になるのは最後のお尻のところだけなんですよ。
2016-02-13 21:57  招き猫の右手さん、コメントありがとうございます☆
pooh No.4746
なるほど横切りですか、それもアリですね。
まぁ慣れてしまえば痕跡も「こんなものか」で済んでしまうし、私もこのままでいこうと思います。
今後もHB製パンを堪能していきますよ(^^)
Comment form

Trackback

Trackback URL