poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆生活 > 手作りご飯 > 私の豚汁の作り方

私の豚汁の作り方

この季節のオススメメニュー「豚汁」。
大根・ニンジン・玉ねぎ・ゴボウ・ジャガイモ・コンニャク・豚肉・・・ストック食材を使って今回も大鍋にたっぷり煮込みました。
ざっと3日分の夕食用です。

カレーやシチュー等、煮込み料理は数日分をまとめて作った方が効率的。
調理の手間もさることながら、何度も煮返すことによって味も馴染むからです。
しかし豚汁に限っては、我が家での扱いは少々異なります。

豚汁の味付けはそのつど行なう。
この一手間で格段にひと味違います。

その理由は味噌にあります。
「味噌は煮込んではいけない」というのは料理の常識の1つですから。

お味噌汁を作る時にグツグツ煮立てるのはNG。
味噌本来の香りが飛んでしまうからです。
味噌は最後に入れ、サッと温めるだけで十分と、子供の頃に母から教えてもらいました。
小学校の家庭科でも同様に習った記憶があります。

固い具を沢山使う豚汁も、まずは各素材が柔らかくなるまで加熱し、最後に味噌を加えます。
しかし、当日すべて食べてしまうなら問題ないけれど、翌日まで持ち越す場合にはこんな配慮もほとんど無意味になるのがオチ。
実際poohも、味噌の香りがしない2日目以降の豚汁に少々物足りなさを感じていました。

でも、それを楽々クリアできる方法がありました。
まずは大鍋で具材を煮込み、食べる分だけ小鍋に取り分けて味噌を加えれば良いのです。
IMGP4736.jpg
我が家は赤味噌&白味噌のブレンド。

残った分は大鍋のまま冷蔵庫で保管します。
大きな鍋は冷蔵庫のスペースをかなり圧迫しますが、北海道在住の我が家には天然冷蔵庫(暖房がない部屋)があるので、置き場所には困りません。

ただし、いくら低温でも数日分となるとちょっと心配・・・なので最初の段階で若干の塩分は加えておいた方が無難でしょう。
小鍋に取る際にもそのつど再沸騰させ、最後まで美味しく食べるように心掛けています。

よくよく煮込まれた具の味わいと、味噌の風味を同時に味わえる豚汁。
料理に関してはいつもテキトーなpoohだけど、やっぱり基本も大事だと身を持って感じています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事

Comments

post
2016-01-22 19:04 
豚汁まとめて作ってましたねえ、味噌の香りが飛んでしまうんですよね。
また豚肉と牛蒡が安く手に入ったらやろうかなあ。
2016-01-22 20:57  招き猫の右手さん、コメントありがとうございます☆
pooh No.4647
今度作る時はぜひぜひ、1回分ずつ味噌を加えてみて下さい。
やっぱりこの方法の方が美味しいですよ~(^^)
Comment form

Trackback

Trackback URL