poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆日記 > レジャー・娯楽 > セレブ層の友人と20年ぶりの再会! さぁ、どうする?

セレブ層の友人と20年ぶりの再会! さぁ、どうする?

学生時代の友人からお誘いを受け、20年ぶりに再会することになりました。
トキメキつつも、一瞬不安もよぎります。
「お互いの生活環境の違いが凶と出るかも・・・」

彼女は高額所得とされる職に就いています。
独身ということもあり、自由に使えるお金が多い環境にあるのは間違いありません。
アーリーリタイアして慎ましく暮らすpoohとの違いは明白です。

学生時代は仲良しでも、大人になって生活環境に違いが出てくるとビミョーな隙間が生まれるのが人間関係。
「女の悩み相談」等でもよく目にするテーマの1つとも言えましょう。
それぞれの立場が“上”であろうが“下”であろうが、お互いの存在に疎ましさを感じるらしい。
気まずい思いをするくらいならば再会などしない方がマシだった・・・という話も耳にします。

さて自分は一体どう動くべきか?
もちろん本当に億劫ならば、多忙を理由に最初から再会の約束を取り付けないという手もありますが、決してそうではありません。
「会いたい。昔のことやお互いの近況を語り合いたい」という思いの方が先行しています。

それならば、自分主導でプランを立てよう!

さっそくpoohの方から、当日プランを提示しました。
●利便性の高い街中
●女性に人気のあるオシャレゾーン
●学生時代の思い出の地域
●poohの居住地周辺


「自分が行きたい、この辺りなら行ける」と感じる場所を思いつくまま並べました。
その中には「コスト的にpooh自身が負担に感じない」という心積もりもあります。

この20年間で、お互いの常識(=金銭感覚)に違いが出来たことは確かです。
もしかすると彼女にとっては、高級ホテルのレストランディナーがごく普通の感覚になっている可能性だってあるけれど、それではpoohが困ってしまう。
ならば、最初の時点で自分のテリトリーに引き込んでしまえば良いのです。

お金がある人にとっても、「リーズナブル」さは魅力であるはず。
これはもう絶対的と言っても良いでしょう。
費用が安いからと言って怒る人などいませんもの。

複数のプランを用意したのは、「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」の精神(笑)
まぁこれだけ提示すれば、彼女のセンスに引っかかるものもあるでしょう。

何よりも、プランをてんこ盛りすることによって、「久々の再会を喜ぶpoohの気持ち」を彼女に伝えたいという思いがありました。
なんせ20年のブランクです。
彼女からのお誘いに乗ったのは社交辞令ではない旨をメールで表現するには、ちょっとした演出も必要なのです。

そもそも今回の本来の目的は「何を食べるのか」ではなく、「2人の会話が弾む場所」。
直接顔を合わせる前、プランニング段階の現時点から2人の時間は始まっているのです!

そんなpoohの思惑どおり、彼女からもノリノリの返信が届きました。
心なしか、当初よりメールの文体も砕けた雰囲気です。
お互いすっかり学生時代に戻り、まさに「オンナのかしましさ」丸出しで、あれやこれやと当日に向けてプランを練りました。

結論:街中のフレンチビストロにてランチコース

結果的には彼女オススメのお店に。
ランチコースは¥2,500前後と、やはりpooh案とは異なるものではありましたが、こんな場所に行ける機会もそうそうないと張り切っています。
当日店内で待ち合わせですが、今回のやり取りによって、瞬時に会話も盛り上がるはず。
楽しい時間を過ごしてこようと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事

コメント

post
2016-01-21 21:28 
No.4641
夫の友人に、お医者さんがいます。
彼は、人と会う時は、価格帯の異なるお店を幾つか紹介できるようにしておくそうです。すごい気遣いですよね。

古い友人と変わらず付き合うには、変わった部分を受け入れつつ、変わらない部分を楽しむ努力が必要なのかもしれません。
2016-01-21 21:47  茜さん、コメントありがとうございます☆
pooh No.4643
自分自身は変わっていないつもりでも、傍から見たら絶対何らかの変化があるはずですよね。
お互いの変化をいかにスムーズに受け入れるのかがキモだと私も思います。
でも、そういう意味では今回は好スタートが切れたような気がします。
何回かメールでやり取りしているうちに、すっかり学生時代のノリを取り戻しました(^^)
Comment form

トラックバック

Trackback URL