poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆日記 > レジャー・娯楽 > 映画館ごとに種類が異なる3Dメガネ、私が購入したものは

映画館ごとに種類が異なる3Dメガネ、私が購入したものは

今年最後のレジャーとして楽しみにしていた映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」。
昨日の記事(→こちら)でIMAX、4DX等のバリエーション豊富な上映パターンを料金面から比較検証し、結果3D版を鑑賞してきたpooh家です。

今回の鑑賞にあたって購入したのがコレ。
2015122601.jpg
◆クリップオン型3Dメガネ ¥300×2個

3D映画には専用メガネが必要です。
以前は映画館でレンタルされていましたが、いつの間にか販売に切り替わっていました。

値段の安さを優先するならば、¥100の一般的なメガネ型もあります。
2015122610.jpg
かつてのレンタル品も同様のタイプでした。

しかし、近視用メガネが手放せない身には2つのメガネを重ねて掛けるメガネonメガネは重いわ、すぐズレるわ、何よりもマヌケ感満載だわで映画への集中力も削がれがち。
今回クリップ型の存在を知って、大喜びで購入しました。

中央部のクリップをメガネに付ければ、あっという間に3D仕様に!
2015122602.jpg

レンズを上向きにしておけば、上映前の時間も違和感なく過ごせます。
昔、おじいちゃんがかけていた老眼鏡みたい(笑)
2015122603.jpg
以前より快適に映画を楽しみました。

さて、今回のクリップ型、帰宅後は次回に備えて大事に保管。
そこでふと気づきました。
「これって別の映画館でも使えるの?」

今回メガネを購入した映画館は、TOHOシネマズ運営の札幌シネマフロンティア(①)。
しかし我が家はユナイテッドシネマ札幌(②)でも時々3D映画を鑑賞しています。
いや、どちらかというと②の方が利用頻度が高いのです。

②のオフィシャルHP(→こちら)を確認すると、
「劇場によりメガネの種類が異なります。当劇場の3Dメガネのみ適用となりますのでお気をつけ下さい」との注意書きがありました。
①のオフィシャルHPにも同様の記載があります。

調べてみると、それぞれの映画館の3Dシステムは
①:ソニーデジタルシネマ3D、②:RealD

システムが違うからでしょうか?
クリップオン型メガネの価格も①¥300、②¥400と異なります。
(基本型は両社とも¥100と横並び)

しかし更に調べを進めると、ソニーデジタルシネマの3D方式はRealDの拡張規格であることが発覚しました。
「Yahoo!知恵袋」や「教えてgoo」等にも同様の質問が多々投稿されており、その回答を見る限りでは両社のメガネ、その互換性はあるようです。
「実際に複数のメガネを映画館に持参して試してみたところ問題はなかった」という声も数多く見かけました。
これはもう、我が家としても試してみたいところ。

よし! ②の映画館へ行く時は今回購入したクリップ型メガネも持参しよう。
今のところ次回観る3D映画は未定のため、いざ出発を決めた段階ではコロッと忘れている可能性も高いpooh。
しっかり心に刻んで来年に持ち越しておくことにします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事

Comments

post
2015-12-27 18:10  http://hudousannokamisama.blog61.fc2.com/
たんちん No.4527 [Edit]
3D見たことないのですが、やっぱり違うんですか?
2015-12-27 20:38  たんちんさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.4528
私が子供の頃にあった「立体映画」(赤&青のレンズが付いたメガネで見るタイプ)と比べたら、格段に進化していますよ。
人によっては「目が疲れる」「字幕が見づらい」という意見もありますが、私的には好みですね。
たんちんさんもいつかぜひ♪
2015-12-28 19:23 
プライア No.4531
やすっ。3Dメガネってそんなに安いんですね。
いつもメガネはレンタルですが、これがまた無駄にごっつくて、かけ慣れないから鼻が気になって仕方がないんですよね。買ってみようかな。
2015-12-28 21:54  プライアさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.4533
以前のレンタルタイプよりも格段に快適でしたよ~。
せっかく買ったんだから、また機会を設けて3D作品を観ようと思います。
レンタルから買い取りへのシステム変更は、お客様を囲うための映画館の策略なのかもしれませんね(笑)
Comment form

Trackback

Trackback URL