poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆日記 > レジャー・娯楽 > 囲碁に興味深々・・・周囲に仲間はいないけれど、独学で頑張ります

囲碁に興味深々・・・周囲に仲間はいないけれど、独学で頑張ります

先日よりマンガ「ヒカルの碁」を読み始め、囲碁への興味が高まりつつあります(→12/13の記事)
しかし、poohの周囲には囲碁をたしなむ人がいません。
将棋ファンは結構多いのに不思議なくらいです。

同年代の男性たちは将棋ファン率が高いです。
ブログ内でネタにしている人も見かけるし、リアル知人に「最近、将棋を楽しんでいる」と話すと、「おぉっ! いいねぇ」と話が盛り上がることもしばしばあります。
しかし、囲碁については誰もがあまり興味がない様子。

夫・ケッチーくんによると、「昔の少年は将棋を指すのが普通だった」とのこと。
もちろん地域差もあるのでしょうが、そんな彼も「囲碁をやる人はいなかったなぁ」と言っています。
囲碁と将棋、知らない者にとってはひとくくりにしてしまいがちなジャンルですが、似ているようで実際は全く異なるようです。

囲碁については、「ヒカルの碁」で学んだヒヨッコ知識しかないけれど、ふと思いついて将棋との比較表を作成してみました。
囲碁将棋比較表
競技人口についてはさまざまな説があるので、なんとも判断に迷うところですが、国内においてはやはり将棋の方がメジャーでした。
とはいえ海外も含めると、その認知度は大逆転、囲碁の方がグローバルです。
なんせ囲碁は世界規模の大会も開催されているのですから。

驚いたのは、「囲碁VS将棋」のネット上論争が思いのほか多かったこと。 
どちらが面白いか、どちらが難しいか、どちらが奥が深いのか・・・「囲碁 将棋」とちょっと検索をかけただけでワラワラと出てくるのです。
囲碁派と将棋派、それぞれの熱い思いがなかなか興味深い問題です。

そもそもまったく異なる競技を比較すること自体ナンセンス。
「サッカーと野球、どちらがいいのか?」、「リンゴとミカン、どちらが美味しいか?」という永遠に終わらない論争でしょう。
でも、ちょっとそこにも加わりたい気分、そのためにもある程度のところまで囲碁の知識も磨くことにしました。

そんな訳で図書館で入門書も数冊借りてきました。
まだまだチンプンカンプンですが、新しいマイブームを得てまた忙しくなりそうです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事

Comments

post
2015-12-20 00:33 
retire2k No.4481
私もアニメ『ヒカルの碁』の頃に少し覚えましたw
パソコンソフトで9路盤で遊んでたくらいですけどねw
今なら無料オンライン囲碁で楽しむのもいいと思います
2015-12-20 07:12  retire2kさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.4482
初心者には19☓19はやっぱり大変ですよね~。
本を読みながら実際に指してみるのが(ネット囲碁含め)一番なのでしょう。
のんびり楽しんでいこうと思います(^^)
Comment form

Trackback

Trackback URL