poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆日記 > 日常つれづれ > 不運を呪いたくなる時にオススメのおまじない

不運を呪いたくなる時にオススメのおまじない

「自分は運が悪い」、「今年は運が悪かった」 時々耳にする言葉です。
もちろん悪いことが続くと運のせいにもしたくなりますが、よく言われるとおり、その良し悪しは本人の捉え方次第で大きく変わるものです。

物が壊れたり、紛失した時は「これは新品に交換するチャンス」と考えれば案外スンナリ受け止められるし、ちょっとしたお金の損は「授業料」と考えれば気持ちも落ち着くもの。
「自分や家族の身代わりになってくれた」と損害を擬人化してしまうのもアリでしょう(笑)
都合よく解釈してしまうことは、楽に生きるためのテクニックの1つです。

一番良くないのは、「自分は運が悪い」と思い込んでしまうこと。
気持ちが後ろ向きになってしまうとマイナス面ばかりに目がいって、すぐ近くの良いことも見落としてしまいます。
不運に見舞われたら、とっとと身の回りから払い落としてしまうに限ります。

そんな時にオススメの呪文、知っていますか?
poohは結構日常的に使っています。

それは「トホホ~」という感動詞

「トホホ」、この意味を辞書で調べると、「情けなく、みじめに感じている時などに発する語」とありますが、この説明文は若干オーバー。
実際の「トホホ」はもっと軽い雰囲気です。

実際に発音してみると「TOHOHO」、母音が全て「お」だからでしょうか、柔らかみのある息遣い。
ため息的な「ハァ」、ヒステリックな「キー」等と比べると、同じ悲壮感でも温かみを感じます。

呪文として使用する際は「トホホ~」と「~」で間延びさせるのがポイント。
「トホホ・・・」だと奈落の底に落ちていくイメージですが、「トホホ~」ならばそのベクトルも斜め上(←あくまでもpooh的感覚)。
間延びすることによって「マヌケ感」を演出しているのですね。
そう、このマヌケさが笑いへと繋がって、不運を吹き飛ばす原動力になるのです。

なぜかうまく物事がはかどらない、思いがけない失敗をしてしまった・・・
そんな時は、「トホホ~」と実際につぶやいてみましょう。
すぐに気持ちが切り替わって、「さて、次はどうしようか」と前に進む気分になりますよ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事

コメント

post
2015-12-25 20:00 
spoon No.4515
こんにちは。

限られた人生だから、前向きに生きなきゃもったいないですね。
2015-12-25 20:17 
たけたけ No.4516
トホホ ですかー。読みながらニヤニヤしてしまいました。ネガティブにならないようにということですよね。
私も poohさんと同じように考えていて、そういうときは、「やれやれ…」(まあしょうがない) を同じ意図で使うようにしています。
2015-12-25 21:43  spoonさん、はじめまして!
pooh No.4517
前向きであることは大事ですよね。
失敗も恐れず、ゆっくり進んでいくつもりです。
2015-12-25 21:45  たけたけさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.4518
そうそう、「やれやれ」も使えるキーワードです。
肩の力が抜けるんですよね。
失敗も素直に受け止めて、次回のバネにすることが一番ですね。
2015-12-26 15:38 
祝詞婆 No.4519
セミリタイアしてから、ある呪文を一日も欠かさず唱えている者です。。。
毎日が楽しいです。

「トホホ~」 いいですね。
ポジティブな余韻が残るのが気にいりました。
拝借したいと思います。
2015-12-26 16:17  祝詞婆さん、コメントありがとうございます☆
pooh No.4520
「ある呪文」ってどんなのでしょう?
お名前のとおり祝詞そのものなのかしら?
ぜひとも「トホホ~」もそれに加えて下さい。
マイナス的な感情も吹っ飛んじゃいますよ(^_-)-☆
2015-12-27 11:43 
あらら No.4522
「トホホ~」もいいですね。
私の呪文は、「あらら~」です。
私はくじ運にかけては、絶対の「スカ」をひく自信があります。
なんじゃそれ?ですけれど、確率90%くらいなんです。
まぁ、こんなものと思っていれば、めげることもなくなりました。
2015-12-27 12:35  あららさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.4524
私もクジ運がない方です。
でもドキドキ感が味わえるのでクジはクジで結構好きです。
あっ、そういえば今年は歳末売出のクジを1回も体験していないことに気づきました・・・(^^)
Comment form

トラックバック

Trackback URL