poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆日記 > 読書・テレビ・映画 > 今更ながらの「ヒカルの碁」

今更ながらの「ヒカルの碁」

ケッチーくんが図書館で借りてきました。
2015121301.jpg
●「ヒカルの碁」①~⑥巻  原作:ほったゆみ 漫画:小畑健  集英社

マンガの品揃えがやけに豊富な札幌市の図書館。
ずっと前から読んでみたかった「ヒカルの碁」まであったとは(驚)
ちなみに全23巻なので完読までややしばらくかかりそうです。

<「ヒカルの碁」とは?>
「週刊少年ジャンプ」にて1999年から2003年まで連載されたマンガ。
平凡な小学生の少年が天才囲碁棋士の霊に取り憑かれたことで囲碁の世界に巻き込まれ、「神の一手」を目指す姿を描いている。


アニメ化もされて子どもたちに空前の囲碁ブームを巻き起こしたと聞いていたけれど、連載終了からもう10年以上も経っているのですね。
これを読んだことがきっかけでプロ棋士になった人もいるそうです。
韓国、中国、タイ、シンガポール、フランス、アメリカ等、外国でも翻訳されて、囲碁の普及につながっているらしい。

囲碁についてはチンプンカンプン、ルールすら知らないpoohですが、「ヒカルの碁」によってまた新しい世界が開ける予感がします。
なんせ2年ほど前には、同じくマンガ「3月のライオン」を手にしたことによって将棋にハマった実績があるのですから。

●<参考記事>「この歳になって、足を踏み入れた」(→2014年2/11の記事)

当時はレンタルコミックで読んでいた「3月のライオン」は、その後自分でも買い揃え、新刊発売を心待ちにしています。
将棋についてはもちろんルールもマスターし、NHKの「将棋フォーカス」&「NHK杯テレビ将棋トーナメント」をきっちり2時間視聴するのも毎週日曜日のお約束になりました。
「アーリーリタイアして何やってるの?」と知人たちから問われた時は、「将棋」と答えてかわすこともしばしばなのです。(←この回答、なかなか便利)

「ヒカルの碁」をきっかけに、今度は囲碁にもハマるかもしれません。
そうなると同じくNHKの「囲碁フォーカス」&「NHK杯テレビ囲碁トーナメント」の視聴もスタートしちゃうかも・・・。
将棋と合わせて計4時間、これはなかなか忙しそう(笑)
2015121302.png
囲碁というと「波平さんがやっているもの」くらいしかイメージがなかったpoohですが、さてどこまでいけるでしょう?
まずはルール習得をケッチーくんと競いながら、しばらく「囲碁ブーム」が続きそうなpooh家です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL