poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

夫婦2人でのアーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆日記 > 日常つれづれ > ふとしたきっかけで、見知らぬ男性の人生にまで想像を巡らせました

ふとしたきっかけで、見知らぬ男性の人生にまで想像を巡らせました

新聞の全面広告でカラー掲載されていたCD全集。
その名も「永遠のフォーク大全集・青春の歌」。
CD12枚組、付録にはギターコード譜付き歌詞集もある豪華版です。

●参考:ユーキャン通販ショップのオフィシャルサイト(→こちら)

本来の「フォークソング」は民謡を指しますが、日本では1970年代を中心にした弾き語り系歌謡曲のイメージ。
この商品のコピーを見ても、「あぁ、あの辺のジャンルだな」と見当がつきます。

<コピー文(抜粋)>
私たちの青春であり、心の原点でもあるフォークソング。
よしだたくろう、井上陽水、ハイ・ファイ・セットにかぐや姫などなど、当時活躍した歌手やグループ名は、 30年経った今でも次々と浮かんで来ます。
ラジオの深夜放送にかじりついて聴いた歌、友達と争って買い求めたLPのヒット曲を、 ふとした瞬間に口ずさむこともあります。


ターゲット層は50~60代というところでしょう。
それよりは年少のpoohですが、全214曲にも及ぶ収録曲には結構口ずさめるものも多いです。
「神田川」(南こうせつとかぐやひめ)、「なごり雪」(イルカ)等はまさにフォークの王道、世代を越えて今も歌い継がれています。

「若者たち」(ザ・ブロードサイド・フォー)、「今日の日はさようなら」(森山良子)、「太陽がくれた季節」(青い三角定規)、「あの素晴らしい愛をもう一度」(加藤和彦と北山修)・・・これらは学校の合唱コンクール等で歌い込んでいるので、歌詞カードがなくてもスラスラ♪

1960年~80年代の作品を集めているので、poohがオンタイムで耳にしていた曲も目につきます。
「恋人よ」(五輪真弓)、「待つわ」(あみん)、「サヨナラ模様」(伊藤敏博)・・・
改めて歌ってみると、かなり大人っぽい歌詞、小学生の分際で歌っていたことに今更赤面(笑)

「恋の予感」(安全地帯)、「星空のディスタンス」(THE ALFEE)、「トランジスタラジオ」(RCサクセション)等に至っては、「それってフォーク?」という疑問もありますが、名曲には違いありません。
こうやってタイトルをなぞっているだけでかなり楽しめます。

そんな広告紙面には「購入者の喜びの声」も、さまざま紹介されていました。
「これらの曲を聴くと心が青春時代に戻っている」(67歳・男性)
「子育てが終わった中であらためて聴くと、言葉の意味が重いです」(54歳・女性)

皆さん、このアルバムを聴いて青春の1ページを思い出しているのですね。

そんな中、poohが釘づけになった一文も。
「学生時代は自分の今までの人生では最高の時代でした。高校生、大学生時代に戻りたい」

52歳・男性によるメッセージ、「戻りたい」という一言になんとも重いものを感じます。
確かに学生時代は良い時だったのでしょうが、それがピークだったと言い切るところを見ると、彼のその後の人生、一体どれだけ苦難に満ちたものだったのでしょう・・・。
「学生時代が人生の最高だった」の言葉に、ついつい余計な心配さえしてしまいます(笑)

現在52歳の彼、今から人生が上り調子になることは難しいはず。
キラキラしていた青春時代と比べたら、どんな人でも「老後」は下る一方なのです。

とは言え、何事も気の持ちよう。
学生時代には到底買えなかったCD集を手に出来る喜びの方に視野を変えて、「今の自分」に満足してみるのも1つだよ、とアドバイスしたい気持ちです。
あの頃が良かった・・・と振り返るよりも、常に今、そしてその先を楽しむことが大事なのですから。

たまたま目にした新聞広告をきっかけに、懐メロ、果ては見知らぬ男性の人生にまで思いを巡らせちゃいました。
そこまで気に入っていながらも¥29,800のこの商品をpoohが購入することはなさそうです。
鼻歌まじりの自分の歌で、今のところは満足しているpoohなのでした。

ランキングに参加しています。
皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事

Comments

post
2015-11-14 09:12 
にっし~ No.4316
いつも楽しく拝見しています。

「新聞の全面広告で~」とございますが、
poohさまは新聞を購読されておられるのでしょうか?

それとも外出先で新聞を見た、ということでしょうか。

もし前者だとしたら、ミニマリストで節約家 年間生活費160万円を目指している
poohさまが、年間の購読料3~4万する新聞を購読するという行動が
理解できません。

ニュースはネットから手に入りますし、
それよりも新聞に書かれている情報の8割~9割はネガティブな情報です。

ミニマリストで節約家のpoohさまが
新聞を購読する大きなメリットがもし3つあるとすれば
それは何だと思いますか?

もしよろしければご教示いただけるとうれしいです。
2015-11-14 12:03  にっし~さん、はじめまして
pooh No.4317
新聞は地方紙朝刊を定期購読しています。
我が家にとっては「嗜好品」的扱いですね。
この件については2014年9/6の記事で私の考えを記しているので、ご参考いただけたらと思います。
http://pooh2013.blog.fc2.com/blog-entry-348.html
2015-11-14 13:14 
ふんわり No.4318
1行の文章からあれこれ思いを馳せるって
私もよくあります。
私のは妄想に近いですが(笑)
ふと気が付いたらとんでもなく時間がたっていることもあります。
お姑さんでもいたらこうはいかないですね。
2015-11-14 13:40  ふんわりさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.4319
妄想、私もよくしていますよ~。
あれこれ考えているうちに、どんどん拡大して時間があっという間にたっちゃいますよね。
広がりすぎて収集つかなくなることもしばしばですが、サクッと現実に戻れるのも妄想ならではの楽しみですね。
2015-11-14 14:26 
にっし~ No.4320
poohさま、ご回答ありがとうございました。
趣味として考えたら安いですよね(o^-^o)
2015-11-14 16:02  にっし~さん、コメントありがとうございます☆
pooh No.4321
過去記事もご覧頂けて良かったです。
私なりの考えで今後ものんびり暮らしていくつもりです。
Comment form

Trackback

Trackback URL