poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆日記 > 読書・テレビ・映画 > 毎日15分間の楽しみ、もう8年も続いてます

毎日15分間の楽しみ、もう8年も続いてます

先日、新聞のテレビ欄を見ていて気づきました。
「どんど晴れ」の再放送が始まっているではないですかっ!
にほんブログ村 トラコミュ 自分らしく気まま生活!へ
自分らしく気まま生活!

<「どんど晴れ」とは?>
NHK連続テレビ小説の2007年度上半期作品。
2007年4/2から9/29まで全26週・全156回にわたって放送された。
横浜でパティシエとして働いていた浅倉夏美(比嘉愛未)が、結婚を機に夫の実家である岩手県盛岡市の老舗旅館「加賀美屋」で、女将修行をしながら成長していく物語。


2007年の放送時はスルーしていた「どんど晴れ」ですが、ロケ地・盛岡に9月の旅行で行ってきたばかりのpooh家。
再放送があったら、ぜひとも見たいと思っていたのです。
なんてグッドタイミング!

残念なことに再放送に気づくのが遅れ、既に冒頭4週分は終わっていますが、ネットであらすじを追っておけば十分対応できるはず。
朝ドラは「途中からでも取り戻し可能」なのですから。

実はpooh家、朝ドラファン。
「どんど晴れ」は見逃しているものの、その後2008年の「瞳」から、現在放送中の「あさが来た」まで連続16作品を見続けています。
(途中で視聴を断念した作品もアリ)

とは言え、オンタイムで見ているわけではありません。
アーリーリタイア済みの今でこそ時間の余裕がありますが、共働き時代は15分といえど朝からドラマを楽しむ余裕など全くありませんでした。
録画して夜、それも数日分まとめて視聴するのが会社員時代の小さな楽しみだったのです。
現在もランチ後、朝に録画しておいた分を見るのが習慣です。

半年間見続けるので、それぞれの作品に愛着もある朝ドラ。
この8年間のタイトル、主演女優等を一覧にしてみました。
2015朝ドラ史
こうやって表を見ているだけで懐かしさでいっぱいになります。
1番好きな作品は、やっぱり「あまちゃん」かなぁ。

そうそう、思い出しました。
「ウェルかめ」(2009年)のノリがあまり好みでなく、途中で視聴をやめた我が家。
その後の「ゲゲゲの女房」も、初めの数週間分を見ていなかったのですが、周囲の評判が良いので視聴を再開したのです。
それでもすぐに流れをつかんで、結局最後まで見続けたのでしたっけ。

今回の「どんど晴れ」の途中視聴にも不安がないのは、この時の経験あってこそ。
ザックリでも、なんとなくついていけるのが朝ドラの魅力なのです。
月~土曜日の6日間で1つのエピソードがまとまる、オムニバス的な作りですから。

朝という時間帯もあって、全体的に爽やかさがあるのも朝ドラの持ち味。
「爽やか」を打ち出すがために、基本的に真っ直ぐ過ぎるヒロイン(笑)に同意しかねるケースも多々ありますが、これにツッコミを入れるのも楽しみの1つです。
脇役を固めるベテラン勢に味があるのも特徴ですね。

ヒロインはもちろん、その相手役の若手俳優を認識できる絶好の機会であることも否めません。
すっかりオジサン・オバサン化したpooh家、「最近の若い男の子」をなかなか覚えられないのも現状なのです(苦笑)
そんな中、毎日のように顔を見ていた向井理さんや高良健吾さん、松坂桃李さんetc・・・はしっかり顔と名前が一致します。
記憶力には「刷り込み」が最も効率的だということ、身を持って感じます。

さて「どんど晴れ」は、poohの琴線にどんな風に触れるでしょうか?
盛岡の街並に懐かしさを感じながら、さっそく楽しんでいます。
毎日15分の楽しみ(「あさが来た」も見ているので実質的には30分)が、今や欠かせないpoohなのでした。

ランキングに参加しています。
皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事

コメント

post
2015-11-06 18:40  純と愛は酷かった
パルタ7 No.4282
こんばんは。
NHKの朝ドラはよく見る方ですが、ここ数年では「純と愛」が一番酷かったですね。ヒロイン役の夏菜にはその後ドラマや映画から全くオファーがなく、TVで見るのは生理用品のCMだけ。脇役だった黒木華や吉田羊は、その後活躍の場を広げています。やはり国民的注目番組だから、スタッフはきちんとしたドラマを作らないと、ヒロイン役のその後が悲惨になって気の毒に思います。スタッフの責任は重大です。

その点、現在の「あさが来た」は脚本がしっかりしているので、非常に面白い作品に仕上がっています。視聴率はもっと上がっていくでしょう。
2015-11-06 21:06  パルタ7さん、コメントありがとうございます☆
pooh No.4283
「純と愛」は本当にキツかったですねぇ(笑)
かなり早々に見限っちゃいました。
でも、こうやって並べてみると、すっかり忘れていた作品も多いです。
しょうもない作品ほど印象に残っているのも面白いですね(^^)

「あさが来た」は私も大好きです。
今後の展開も楽しみですね!
Comment form

トラックバック

Trackback URL