poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆日記 > レジャー・娯楽 > 「PENTAX Q7」、そろそろ欠点も目につきます・・・そんな訳で購入しました

「PENTAX Q7」、そろそろ欠点も目につきます・・・そんな訳で購入しました

先日購入したミラーレス一眼カメラ「PENTAX Q7」。
とても気に入っていますが、使っているうちに欠点も目についてきました。
にほんブログ村 トラコミュ ペンタックス(PENTAX)カメラへ
ペンタックス(PENTAX)カメラ

欠点:バッテリーの持ちが非常に悪い

ユーザーの誰もが口にする、Q7バッテリー問題。
「ここ、どうするんだっけ?」とムダにスイッチを押すことが多いこともあって、ハッと気づくとバッテリー警告状態に陥ることもしばしば。
シャッターを切りたい瞬間なのに、肝心の電池は充電中・・・業を煮やして予備分を購入することにしました。

こういった品の知識は皆無に等しいpoohなので、例によってネット検索を重ねました。
ペンタックスの純正電池だと¥2,000以上が相場です。
それしかないのならば仕方ないけれど、何か変わるものがあるかもしれません。

ROWAというメーカーの電池が一般的に人気らしい。

Q7に限らず、デジカメユーザーにはROWAの互換製品の愛用者も多いそう。
もちろん純正の方が安心感がありますが、ここはコスト優先でいこうと判断し、Amazonで購入。
20151102.jpg
互換 充電式 リチウムイオン バッテリー2個セット¥748

送料込みで2個¥748・・・こんなに安くて大丈夫なのかと不安もよぎりますが、何かが起きたらそれはそれ。
発送元の指示どおり、到着後すぐにフル充電しました。

充電電池の使用は最初が肝心らしい。

少し使って充電、また少し使って充電という扱いは、電池の寿命を短くするそう。
完全に使い切らないうちに新たに充電すると、「短時間しか働かなくてもよい」と電池が記憶してしまい、稼働時間が本来より短くなってしまうのです。
電気を使い切ってから次の充電、特に最初の数回が肝心らしい。
「三つ子の魂百まで」の言い伝え、人間だけではなく電池にも当てはまるのですね。

気温が低いと消耗も早いので、充電した電池はニット製の袋の中へ。
レンズ用に100均で購入したイス用ソックス(→10/17の記事)の余りをここで登場させました。
2015110202.jpg
どこまで効果があるのかはナゾですが、ニットの中でヌクヌクしている電池が、なんだかカワイク見えてきます(笑)

最近寒い日が続いていますが、明日からはまた少し暖かくなるそうです。
バッテリー問題もクリアできたことだし、またキューちゃんを携えて被写体探しに出かけようと考えているところです。

ランキングに参加しています。
皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事

コメント

post
2015-10-31 16:39 
さいもん No.4252
デジカメってバッテリーの持ちが問題になるんですよね。特に旅行の時は。
私は純性品は高いので安い互換品を2つ買うほどです。
2015-10-31 18:47  さいもんさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.4253
外に出た時にバッテリーが切れてしまうと、どうにもなりませんものねぇ。
私もこれで装備が整いました。
カメラを持ち歩く習慣はなかったのですが、今後はバシバシ撮影していこうと思います(^^)
2015-11-01 01:03 
バッテリなんですが、カラにしてフル充電は実は過去の話で、ニッケル電池とか、ニッカド水素そういう時代の話だそうです。
僕も最近知りました。
今のリチウムイオン電池はそんなことはなく、むしろカラの状態での過放電やフルでの過充電はリチウムイオンバッテリを劣化させて悪いとか。
なので理想的な使い方は20-80%のあたりで充電と使用を繰り返す、これが一番長持ちする。
あと大敵は熱なので夏に車のダッシュボードに放置とかは最悪で、夏場は冷蔵庫に入れる人もいるようですよ。
調べたら色々出てきますね。
2015-11-01 07:33  招き猫の右手さん、コメントありがとうございます☆
pooh No.4255
へぇ! そうだったんですか。
いろいろな方法があるものですね。
教えていただけて良かったです(^^)

車はない我が家、ダッシュボード放置は大丈夫ですね。
冬の間は衣類のポケットに入れて、人肌で少しでも温めようと思います。
Comment form

トラックバック

Trackback URL