poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆日記 > 日常つれづれ > 「これでいいのか?」、淡泊な自分に迷いも感じますが・・・

「これでいいのか?」、淡泊な自分に迷いも感じますが・・・

先日より、母が入院しています。
父は1人で実家で留守番中です。
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

poohは3人姉妹の長女です。
妹たちは子供もいるし、パート勤務もしているので、poohよりずっと多忙です。
下の妹に至っては、かなりの遠方に住んでいて滅多に実家まで来られません。

「ここはpoohが動かねば・・・」
そんな覚悟はしたものの、さほどやることがありません。
当の両親に尋ねても「今のところは大丈夫」という返答だし、pooh自身に立場を置き換えても何も思いつかないのです。

自分もしくは夫・ケッチーくんが入院したとしたら、可能な限り放っておいて欲しいのがpooh。
手取り足取り世話されるのは自分が好まないこともあり、親に対しても淡泊な対応です。

そんなpoohに対して、同じ市内に住む上の妹は、自分の子供に書かせた手紙や写真を母に渡し、元気づけにしたそう。
更に「カワイイものがあると良いから」とぬいぐるみを新調して、病室に置いていました。
poohがまだ1回しか行っていない病室にも頻繁に顔を出し、実家の父にお弁当を届けたりもしています。

下の妹は飛行機に乗って1泊のお見舞いに来ることに。
これにはさすがに両親もビックリしたようです(笑)
母の病状は決して一刻を争うようなものではなく、今後どうするか、まずは様子をみているレベルなのですから。

妹たちの細やかな気遣いに、ただただ驚くばかりの愚鈍なpooh・・・。
長女としての面目丸つぶれ状態とも言えましょう(←もともとそんな期待もされていませんが)

生来のミニマリスト気質とでもいうのでしょうか?
淡泊な自分の性格が災いしているようにも思います。
もともと物を欲しがらない、むしろ「いらない」という気持ちの方が先行するタイプ。
ぬいぐるみを貰っても「困ったな」としか思えないpoohには、病室を飾る雑貨の必要性など、そもそも思い浮かばないのです。

現在の妹たちの活躍は子供がいるからこそ出来ること、という点も大きいです。
両親にとって「孫」の存在は大きな活力、これを利用しない手はありません。
子供がいないpoohの出番ではないのです。
「おばあちゃん、早く良くなってね」という孫からの手紙は微笑ましいけれど、四十路の娘からの手紙なんて深刻過ぎてコワいですもの・・・(笑)

そんな訳で、娘としての活躍などしていないpooh。
幸い両親も妹たちも、「これがお姉ちゃん(pooh)」と理解している(あるいは諦めている)ので、今のところ特に問題にはなっていません。
これから時間が経つうちに、poohにしか出来ないことも発生するはず。
その時に自分なりの働きをすればいいと考えています。

これから長丁場になるかもしれない親の世話。
今は妹たちに感謝しながら、どっしり構えていようと思います。

ランキングに参加しています。
皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事

コメント

post
2015-11-01 17:41  こんにちは。
海塩 No.4256
まずはお母様の早い回復をお祈りします。

ワタシの両親も段々と高齢になってきて、最近は先のことを考えることも増えてきて何だか見につまされる思いです。
ワタシは長男ではありませんが兄弟もいますので、何かあった時に自分が唯一他の兄弟にないものと思っているのは時間です。
両親が特に不自由ないと思っている間はそんなにあれこれ気に病むことはなくドンと構えていればいいと思います。
そして長期間の付き添いや介護などが必要になった時こそ有り余ってる時間のある自分の出番だと思ってます。
せっかく兄弟がいるんだから揃って同じことをするのではなく、お互いの長所短所を補えればいいんじゃないでしょうか。
そのために今は知識と体力と精神力を蓄えておく時かと思います。

なんであれご両親には元気でいて貰うことに越したことはありませんが。
長文失礼しました。
2015-11-01 21:39  海塩さん、コメントありがとうございます☆
pooh No.4257
そうなんですよね~。
私は時間に余裕があるので、その分動かなくちゃと思いつつ、どうもまだその出番ではないようです。
しかしいざという時には妹たちより、ずっと身軽なのも確か。
その時に備えて、今は備えておくだけですね。

海塩さんのお言葉を受けて、「やっぱりこれでいいんだ」とホッとしました。
温かいお言葉、ありがとうございます!
2015-11-02 07:09 
No.4258
お母様、とりあえず心配は無いようで良かったです。

poohさんがご長女ではなくご長男なら、手続き関係やってくれただけでも万々歳な気がします。逆に息子からぬいぐるみと手紙はちょっと怖いです。熱でもあるのかと疑います。
娘さんが3人もいるなら、1人くらい長男役でも良いと思います。
でないと、病室がぬいぐるみだらけです。
2015-11-02 07:40  風林火山
たんちん No.4259 [Edit]
動員になると状況が変わりますね、兄弟もその辺は当てにしているでしょう。

一人になると更に状況が変わりますから、戦争です。
2015-11-02 07:57  茜さん、コメントありがとうございます☆
pooh No.4260
そうですね、「息子」に置き換えたら、まっ、こんなもんだろうというところです(笑)
今日は庭に咲いているコスモスを持参して、「娘」としての働きをしてこようと思います(^^)

2015-11-02 08:02  たんちん、コメントありがとうございます☆
pooh No.4261
いずれは何らかの形でてんてこまいになるでしょうねぇ。
その時に的確な判断ができるように、心づもりしておこうと思います。
まずはドーンと構えていますよ(^^)
2015-11-02 11:47 
写真と手紙は定番ですね^^
今はさらに、skypeでビデオ通話でしょうか。
これは母親の時に、海外の子供たち(孫ですね)との間で
何度も利用させてもらいました。
私も、物は贈りませんでした、すぐに物が増え邪魔になるので。
足りないとかほしいと言われたものを買うぐらいだったような。
使い捨てぬれタオルとか、柔らかティッシューとか、薬が飲み込みにくいなんて言われて、トロミアップとか・・

長丁場になりがちなんで、無理は禁物です^^
最初のうちは頑張りすぎますから。
定期的なお伺いと、お願いされたら、出来る範囲で。
それぞれの家の考え方にもよるのでしょうけど、我が家では積極的に公的な援助を利用しました。

なんて偉そうに、一応、今年、母と2代目ネコを見送ったので^^

お母様の一日も早い回復を願っております。
2015-11-02 18:25  いろいろでセカンドライフさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.4263
やっぱり孫の力は偉大ですね。
今日、お見舞いに行ってきましたが、母も前日訪れた孫たちの様子を嬉しそうに語っていました。
skypeの利用等もいずれ考えてみようと思います(^^)

まずは私たち子供が皆、にこやかに暮らせることを両親は願っているはず。
私もマイペースを保って行きますね。
2015-11-02 18:26 
poohさんへ、先ほどのコメント
読み返してみたら、とんでもなく縁起でもない失礼なこと書いてしまいました
申し訳ありませんでした。

どうも、私は常識が欠けているようです
2015-11-02 18:34  いろいろでセカンドライフさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.4265
いえいえ、そんなことありませんよ!
母の入院が決まった時、昨年のいろセカさんのことを思い出していた私です。
この記事を記載していた時も、いろセカさんからコメント頂けたら心強いな、とも思っていました。
本当にお気になさらないで下さいね(^_-)-☆
Comment form

トラックバック

Trackback URL