poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆生活 > 生活いろいろ > ビーズクッションのビーズ補充作業のコツ

ビーズクッションのビーズ補充作業のコツ

先日、リビングをコタツ仕様に模様替えしました。(→10/19の記事)
IMGP3958.jpg
にほんブログ村 トラコミュ 住まいと暮らしへ
住まいと暮らし

毎年コタツと一緒に登場するのがビーズクッション。
4年前ニトリのアウトレットで購入した物で、¥3,900×2個(専用カバー代含む)でした。

体に沿って自在に形が変わるビーズクッションは快適です。
しかし4年を経てビーズがヘタッてきたのでしょう・・・最近は床の固さをお尻に感じるように。

「ビーズを補充しなくては」
ニトリに「補充用ビーズ」があることは以前から調べ済みです。
さっそく出かけ、税込み¥821の商品を1点購入しました。
IMGP4111.jpg
内容量は500g、45㎝角のクッションサイズの袋に入っています。
2個のビーズクッションに半量ずつ補充しようと考えました。

袋裏面に「補充のしかた」の説明がありました。
「床に新聞紙を敷き、ラップ等の芯を本体に差し込んでビーズを流し込む」とのこと。
IMGP4112.jpg
フムフムと納得しつつ、一応「ビーズクッション 補充」でネット検索してみるpooh。
通常よりもスムーズな方法があるはずと睨んだのです。
思った通り多くの体験談がありましたが、どれをとっても「苦戦しました」という内容ばかり。
ビーズをそこいら中にバラ撒いてしまったという悲劇が多々紹介されているではありませんかっ!

予想以上に難関らしいビーズ補充(汗)
トンデモないものに手を出してしまったとビビリながらも、もう後戻りはできません。
自分なりに対応策を練って挑戦することに。

【対応策①:作業は広い場所で】
6畳の和室を閉め切って「作業所」にしました。
「新聞紙を敷くとガサガサして逆に大変」という話もあったので、畳の上に直置きです。
IMGP4110.jpg
<その結果>
これは正解。
敷き物を用意するよりも、終了後、即掃除機をかける方が後始末が断然楽です。


【対応策②:開封時は細心の注意が必要】
クッション本体、補充ビーズ袋共に、開封時にビーズがドバ~ッと吹き出す恐れがあるとのこと。
直径1㎜ほどの白いビーズは静電気が起きやすく、一旦外に出てしまうと指でつまむのも容易ではありません。
作業終了まで口を上に向けるよう肝に命じておきましょう。
面倒がらずに本体カバーを外しておくことも、スムーズな作業への近道です。

<その結果>
ほぼ問題なく作業することが出来ました。
しかし、それでも数粒のビーズがこぼれたことは驚きです。
極小サイズのビーズ、なかなか油断ならない物体とも言えましょう。


【対応策③:オリジナル器具を作成】
説明書では「ラップの芯」を推奨していますが、体験者によると注ぎ口としては細過ぎて、なかなかビーズが移動しないそう。
「もっと太い筒を」と考え、牛乳パックで直径8㎝ほどの筒を作りました。
IMGP4117.jpg
<その結果>
この工作は大成功。
注ぎ口を大きくしたことにより、ビーズの移動がスムーズになりました。
それでもやっぱり静電気で思うように下に流れないビーズには悪戦苦闘・・・。

IMGP4120.jpg

数々の失敗談をもとにした研究の成果は十分発揮できたと思います。
しかし、重大な見落としもあったことを忘れてはなりません。

それはクッション本体の開封口。
「ファスナー式だろう」と思っていたのに、しっかり縫い合わされていたとは想定外。
IMGP4118.jpg
茫然としながら裁縫箱からリッパーを取り出し、チマチマ縫い目をほどくハメに・・・。

縫い目をほどくということは、縫合の必要性も発します。
手縫いでは強度に不安があるので、ミシンを引っ張り出しました。
あいにくボビンの白糸が切れていましたが、「どうせ見えない場所だからグリーンの糸でいいや」とテキトー魂全開で作業。
IMGP4124.jpg
伸縮性に富んだ生地は縫いにくいし、中のビーズが口に上がってこないように押さえつけながらのミシン作業はかなりの重労働。
2個分の補充作業に、結局1時間半もの時間を費やしました。

さて今回はなんとか最後までやり遂げましたが、「なんだ、このくらいなら簡単そう♪」と思われた方も多いかもしれません。
しかし、本当にビーズの扱いは大変です。
くれぐれも用心して取り掛かって下さい。
そして声を大にしてお伝えしたい最重要ポイントを忘れてはなりません。

ビーズ補充は1人では絶対ムリ!

袋の口を開ける時、筒からビーズを注ぐ時、ちょっと油断するとザザッとビーズが吹きこぼれます。
必ずや2人以上で行なうようにして下さい。

説明書にも「2人でおこなってください」と但し書きがあるけれど、小さい文字で目立ちません。
これはもう「お一人様には無謀です」と商品前面に大きく表記するべきだと感じつつ、なんとか作業を終えてホッとしているpoohなのでした。

ランキングに参加しています。
皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ


関連記事

コメント

post
2015-10-23 16:54  http://hudousannokamisama.blog61.fc2.com/
たんちん No.4214 [Edit]
ビーズも中々やりますなあ、どんなもんか分かりませんが男子禁制でしょう
2015-10-23 17:20  たんちんさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.4217
手芸用のビーズではなく、クッションの中身ですよ~。
直径1㎜ほどの小さい球形なんです。
サラサラしたパウダー状に見えますが、静電気が起きやすいので袋の中から出るととんでもない惨事になるのです。
Comment form

トラックバック

Trackback URL