poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆生活 > お菓子・パン > 今年も大活躍の予感! 手作り肉まん&あんまん

今年も大活躍の予感! 手作り肉まん&あんまん

寒くなると食べたくなる物と言えば、おでん、シチュー、豚汁・・・そしてこれも忘れてはなりません。
肉まん&あんまん!
にほんブログ村 トラコミュ ランチなに食べました?へ
ランチなに食べました?

手作り中華まんについては過去記事でも取り上げたことがありますが、年月を経るうちにレシピも変化しました。
今回、改めてご紹介しましょう。

<生地8個分>
●強力粉・薄力粉各150g、砂糖大さじ3、ドライイースト小さじ3、ぬるま湯150cc、サラダ油小さじ3


上記の材料をホームベーカリーに入れて「生地作りモード」でスイッチオン。
発酵時間は1時間程度で良いでしょう。
ホームベーカリーがなければ、手ごね→湯煎での発酵でも大丈夫です。

さて、生地を寝かせている間に具を作ります。

<肉まんの具・6個分>
●豚ひき肉50g、干しシイタケ3枚、玉ネギ(小)1個、ショウガ1かけ、砂糖大さじ1、ごま油大さじ1、醤油大さじ1、酒大さじ1  ※玉ネギの代わりに長ネギ使用でも美味しい。


干しシイタケは少量の水で戻して絞り、みじん切り。
玉ネギ、ショウガもみじん切りして、全ての材料を混ぜ合わせます。
この際、シイタケの戻し汁も加えますが、出来るだけ全体の水分量を抑えることがポイント。
汁気が多いと肉まん自体がビチャビチャになってしまいます。

肉まん6個に加えて、あんまんは2個。
我が家は市販のつぶあんを冷凍して常備しているので、それを解凍するだけです。
30gほどのあんこを丸めたものを2個作っておきます。
CIMG3805.jpg

1次発酵が終わった生地を8等分に切り分け、直径10㎝ほどの円形に伸ばします。
その上に具材を乗せて包みます。
CIMG3807.jpg
我が家の蒸し器に入る量は4個までなので、まずは肉まんを4個包んで鍋の中へ。
底がくっつかないよう、5㎝四方にカットしたオーブンシートに1個ずつ載せます。
蒸気が出たら一旦ガスの火を止め10分間(2次発酵)、その後再点火して13分加熱。

その間に残りの生地で肉まん・あんまん各2個を包みます。
具から水分が出やすい肉まんは綴じ目を上にしますが、あんまんは下で大丈夫。
CIMG3810.jpg

出来立てホヤホヤの中華まん、鍋に入れる前の倍もの大きさに膨らみました!
我が家は肉まんに酢醤油を付けて食べるのがお気に入りです。
CIMG3812.jpg
肉まん6個&あんまん2個の材料費:およそ¥150

ひき肉、あんこは見切り品、玉ネギに至っては全国イチの安さとも思われる1個¥4(→10/5の記事)、全ての材料費を抑えに抑えての結果です。
肉まん1個に含まれる肉は10g以下と、やけにヘルシーですが、肉汁の旨みも十分。
難を言えば蒸し器を2回稼働させるため、1回目を食した後にインターバルが発生します。
もっと大きな蒸し器を使えば良いのでしょうが、我が家はこれで構いません。

中華まんと言えばコンビニ製品の定番。
でも作りたての美味しさは、poohの中華まんも決して負けない自信があります。
冬には2週間に1回のペースでランチに登場する定番メニュー、今年も大活躍の予感です。

ランキングに参加しています。
皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事

コメント

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL