poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆日記 > レジャー・娯楽 > 2015旅行記⑥ 長年の夢だった船旅は、とんだ修羅場に・・・

2015旅行記⑥ 長年の夢だった船旅は、とんだ修羅場に・・・

会社員だった頃、「退職したら実行しよう」と夢見ていたことの1つに「船旅」がありました。
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

飛行機や特急列車と比べて、移動時間が長い船。
しかしアーリーリタイアした今なら、いくら時間がかかろうが問題ありません。
このたび念願叶って、実行の運びとなりました。

今回利用したのは新潟→小樽の「新日本海フェリー」(→オフィシャルHP)
所要時間は18時間(午前10:30~翌朝4:30)です。
ちなみに飛行機(新潟→新千歳)ならば1時間15分ですから、その差は歴然。
7日間の鉄道旅行を終えた後、のんびりと船に乗って時間的贅沢を楽しもうと考えました。

<旅行全般のスケジュールについては先日の記事(→10/2の記事)にて>

数ヶ月も前からフェリーについてあれこれ調べ、計画を立てました。
運賃は12人収容の大部屋なら、たったの¥6,480です。
実はpooh、学生時代に大部屋を利用した経験があります。
結構快適だった記憶がありますが、さすがにあれから20余年、四十路半ばの身にはこたえそう。
かと言って、最高クラス¥37,030のスイートルームは高嶺の花というもの。

結局、個室スタイルの「ステートルームB(和室)」を2ヶ月前の予約開始日に申込みました。
夏休みの繁忙期だと大人1人2万円以上する部屋ですが、シーズンオフ期なので¥12,960、2人分で¥25,920です。

「フェリー、楽しみだねぇ」、出かける前からワクワクしていました。
旅行中も「もうすぐフェリー♪」とどんどん気分が盛り上がります。
そして遂に迎えた当日! 新潟港は快晴でした。
CIMG3747.jpg
「おおっ! フェリーってこんなにデカイのか」

船内ロビーもまるでホテルを思わせる雰囲気です。
CIMG3762.jpg

今回利用する部屋も旅館風の上品な作り。
CIMG3755.jpg
室内にはテレビもあるし、窓を開ければ海も見えます。
押入れには浴衣&布団が3組入っていました。
我が家は2人での利用ですが、布団がギリギリ3枚敷ける広さです。

洗面所も付いています。
CIMG3756.jpg
お風呂&トイレは同フロアの共有施設利用。
どうせ翌朝4:30までですから、我が家には十分とも言える設備です。

出航後はデッキや船内をあちこち散策しました。
売店やカフェテリアもあるし、食堂のメニューも充実しています。
船首にある「フォワードサロン」も明るくて広々。
CIMG3767.jpg
「後で、ここからボーっと海を眺めよう」と計画しました。
(結果的には実現することはありませんでした・・・)

最上階の5階には「ビデオシアター」まであります。
50人は軽く収容できる部屋で、映画3本の上映時間がポスターで告知されていました。
乗船直後に開催されたビンゴゲーム大会で、クリアファイルとメモ帳を頂き、小さくガッツポーズ。
CIMG3768.jpg
プロによるピアノコンサートもあるとのこと、乗船客を退屈させない工夫満載です。
せっかく乗ったのだから、これらのイベントも楽しもうと心に決めました。
(結果的には、これらも実現しませんでした・・・)

乗船直後は「あれもこれも」と、船旅を思う存分楽しむつもりだったpooh&ケッチーくん。
しかしその思いが叶わなかったのはなぜでしょう?

その理由:酷い船酔いにヤラれたから(痛恨)

当初からユラユラしていた船内、「船なんてこんなものだろう」とナメてかかっていたところ、時間が経つに従って2人揃って本格的な船酔い症状に襲われました。
雨は降らなかったようですが、どうやらこの日の日本海、結構な強風に見舞われていたらしい。
「22:00まで利用可」だった大浴場の営業時間も短縮されていました。

乗船2時間後に食堂でランチを取った直後から、自室の布団の上で、ただただ横になるだけ。
映画やコンサートを楽しむどころか、夕食すら食べる気にもならず、翌朝までトイレに行くのが精一杯という有様でした。
翌朝、小樽に到着し、陸地に足を乗せた瞬間の安定感は一生忘れることはないでしょう。

8日ぶりの北海道、出発時と比べてグッと下がった気温に驚きながら、札幌の我が家へ。
「やっぱり自宅が一番だねぇ」としみじみ感じつつ、今回の旅行は幕を閉じたのです。

それにしてもあんなに楽しみにしていたのに、旅行中、もっともツライ思い出となった船の旅。
でも、「もう二度とご免だ」という気持ちはありません。
今回はとんだ修羅場に見舞われましたが、やっぱり面白かったです。
また機会を設けて別ルートの船も楽しみたい、その際には酔い止め薬必携で臨もうと心に刻んでいるpoohなのでした。

ランキングに参加しています。
皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事

Comments

post
2015-10-07 19:28 
mudman No.4144
最初の旅行計画を見た時ずいぶん長時間フェリーに乗るんだなあーと思い
Poohさん家族は乗り物に強いんだなあって思っていましたが、やはり船酔い
されましたか。
船酔いだけは一度酔ってしまうと目的地に着くまでは解決しないので初めに酔うと後は地獄になりますからね、それにしても18時間はなが~い。
2015-10-07 20:30  最後の最後に・・・
パルタ7 No.4145
こんばんは。
今回の楽しい長旅、最後の最後にどんでん返しが待っていましたね。日本海はもともと波が荒いですから、大型フェリーでも相当揺れたのでしょう。それでもずっと先になれば、旅行の良い思い出話になるのではないでしょうか。
2015-10-07 21:22  mudmanさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.4146
もともと私は車酔いしやすいタチです。
でも、学生時代に30時間(舞鶴→小樽間)乗船した時は全く平気だったので、今回は完全に油断していました(汗)
意外だったのは、普段乗り物酔いとは無縁の夫の完全ダウン。
私よりもひどく苦しんでいましたよ。
2015-10-07 21:26  パルタ7さん、コメントありがとうございます☆
pooh No.4147
いやぁ、「荒波の日本海」は本当でしたね。
その中で働くスタッフの方々、尊敬しちゃいます。
でも、これに懲りず、また利用しますよ(^^)
2015-10-07 21:52  船旅の夢
ニャコ No.4148
プーさん!
わかります!わかります!

昨年、私も焦がれて神戸から大分まで、サンフラワー号に乗りました。

夜中に瀬戸内海を眺めながら進む船になんて幸せなんだろう、と思ったものです。

今度は大洗か新潟から北上して北海道に上陸してみたいなー、なんて夢みてましたが、荒波に揉まれる事もあるのですね。

覚悟して挑みます!

プーさんの船酔いでも懲りずを知り、嬉しく思います。
2015-10-07 21:58  ニャコさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.4149
瀬戸内海なら穏やかそうですね。
次回は私もそっち方面にしようかな。
調べてみると国内を巡るフェリーもいろいろ路線がありますね。
鉄道同様、勉強していこうと思います(^^)
2015-10-08 06:29  http://hudousannokamisama.blog61.fc2.com/
たんちん No.4150 [Edit]
個室もいいですね、早く予約しないとなくなるんですね。船酔いは辛いからなあ
2015-10-08 07:00  たんちんさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.4151
「満室になったら大変!」と予約開始と同時にネットで申込みましたが、蓋を開けてみるとガラガラでした(笑)
でも夏休み等は大変らしいですよ。
船酔い問題さえクリアすれば、家族旅行・一人旅、どちらにもオススメできますね(^^)
2015-10-08 07:03 
船酔い、厭ですよね^^
私も、あまり船に強くないので、船に乗るのは少し憂鬱になります。
でも、poohさんはめげずに挑戦して、また報告してくださいww


2015-10-08 07:13  いろいろでセカンドライフさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.4153
船内ではどうにも逃げ場がありませんものねぇ。
布団の中で寝ている時も、下からモーターの振動を感じました。
今からトレーニングを積んで、次回に備えようと思います(ウソ)
2015-10-08 23:00 
昔、知り合いのクルーザーに乗せてもらったときに少し船酔いしました。
小さい船ほどよく酔いますね。
瀬戸内海でのフェリーはさすがに酔いませんでしたが。
船の大きさと海の安定感によるんでしょうね。
2015-10-09 08:38  招き猫の右手さん、コメントありがとうございます☆
pooh No.4157
「フェリーは大型だから安全」だと思っていたのですが、今回はそれ以上に波が強かったんでしょうね。
次回からは酔い止め薬をしっかり用意しておこうと思います!
2015-10-10 13:14 
fumi No.4158
9月にフェリーで北海道行きました(^_^) 
同じタイプの部屋でした。
船酔い大変ですよね。
スグ車酔いもするので、酔い止めのんで乗り込みました。
飲んだから大丈夫!!と言う気持ち的安心感もあり無事でした(^_^)
2015-10-10 15:56  fumiさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.4159
コンパクトでなかなかカワイイ部屋でしたよね。
結構気に入りました。洋室タイプも試してみたいです。
次回は絶対酔い止めを飲んで、映画やコンサートも鑑賞しますよ!
Comment form

Trackback

Trackback URL