poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

夫婦2人でのアーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆日記 > レジャー・娯楽 > 2015旅行記① 「北海道&東日本パス」の旅は余市町からスタート

2015旅行記① 「北海道&東日本パス」の旅は余市町からスタート

旅行の疲れもすっかり癒し、日常モードに戻りました!
これから数回に分けて、旅の思い出を語っていきますね。
にほんブログ村 トラコミュ 鉄道趣味へ
鉄道趣味

昨秋同様、今回も「北海道&東日本パス」を利用しての鉄道旅行でした。

<「北海道&東日本パス」とは?>
JR北海道・東日本線、および4つの鉄道会社線の普通列車を連続7日間乗り放題できる切符。
別に急行券なども購入すれば、急行列車も利用OK。
◆大人1人¥10,290。
◆夏季発売期間:平成27年6/20~9/24 (春・冬季もあり)
◆夏季利用期間:平成27年7/1~9/30 (春・冬季もあり)


JR乗り放題と言えば、「青春18きっぷ」がメジャーです。
5日分¥11,850(1日分¥2,370)で単日利用もでき、複数人で分け合うことも可能、何より全国で使えるという点が魅力です。

それに対して「北海道&東日本パス」は連続7日間、複数人で分けることは不可、利用エリアは北海道+東日本のみと制約があります。
しかし7日分¥10,290(1日分¥1,470)、時間の余裕がある者にはこちらの方が適していると言えましょう。
「青春18きっぷ」夏季利用期間は9/10までですが、「北海道&東日本パス」は9/30まで使えるという点も、夏休みの混雑を避けたい我が家にはピッタリなのです。
昨年も、東北5県を巡る旅をおおいに楽しみましたっけ。

<参考記事>
●「2014東北旅行記① 『北海道&東日本パス』の7日間」(→2014年9/28の記事)


今年も数ヶ月前から、夫・ケッチーくんと地図や時刻表を見ながら、あれこれ計画を練りました。
poohが住む札幌から本州への移動には、今回も夜行急行列車を利用することに。

「そうなると・・・1日目の切符が結構もったいないんだよな」
夜行列車の出発は22:00。
せっかくの乗り放題、昼間から使わないのは損だと考え、ちょっとしたオマケの外出を企てました。

あくまでも足慣らし、オマケのプチ旅行です。
長期旅行の荷物は持ち歩きたくないし、夜行列車に乗る前に歯磨き・洗面を自宅で終えておきたかったので、一旦自宅に戻ることを念頭において出かけました。
行き先は余市(よいち)町です。
余市地図
<余市町とは?>
小樽市の西側にある人口2万人ほどの町。
江戸時代から大正時代にかけてはニシン漁、明治時代には民間農家が日本初のリンゴ栽培に成功するなど、現在でも漁業と果樹農業が盛ん。
朝ドラ「マッサン」のモデルとなった「ニッカウヰスキー余市蒸留所」が、最近人気の観光スポット。


「マッサン」以来、興味は持っていたけれど、なかなか行く機会がなかった余市。
札幌から電車を乗り継いで1時間半ほど、片道運賃¥1,000ちょっとという距離は普段はビミョーに遠いものです。
乗り放題の切符があるこのチャンス、逃す訳にはいきません。

当日は早起きをしておにぎりを作って出発!
CIMG3452.jpg
のどかな雰囲気の余市駅には「マッサン」のロゴがあちこちにありました。
徒歩数分で「ニッカウヰスキー余市蒸留所」に到着すると、たくさんの観光客で大賑わい。
まるで公園のような広い敷地に樹木がキレイに植えられていて、ドラマと同じ風景です。
CIMG3427.jpg

ウィスキーを蒸留するポットスチル周辺は石炭の火力で熱いです。
CIMG3431.jpg
事務所や旧竹鶴邸などの古い建物も残っています。
今にもエリーが「マッサ~ン!」と登場してきそう。

ウィスキーに関する知識を学べる「ウィスキー館」、創業者・竹鶴政孝の生涯を紹介する「ニッカ館」の2館からなるウィスキー博物館も見学しました。
最後は「ニッカ会館」でウィスキー(下戸のpoohはアップルジュース)を1杯ずつ無料試飲。
CIMG3448.jpg
それにしても朝ドラ効果は絶大です。
義父母によると、このニッカウヰスキー余市蒸留所、数年前までは「いつ行ってもガラガラ状態」だったそうですが、シルバーウィーク真っ盛りの今回は、どこもかしこも大混雑。
駅前の飲食店では、ランチの海鮮丼を求めて数十人もの大行列が出来ていました。

おにぎり持参だったこともあり、我が家の余市滞留時間は2時間ほど。
なんせ、本番は夜からです。
長居は無用と、急ぎ足で帰路に着きました。
CIMG3454.jpg
架線のないディーゼル車が走る余市駅から見える空は広いです。

帰宅後は、のんびりテレビを見たり、夕飯を食べてくつろぎました。
ちょっと油断すると、ウトウトまどろみそうになります。
体力には自信があると欲張ってしまいましたが、長期旅行前のプチ旅行は少々無謀だったかも・・・などと思いつつ、お得に切符を使えたこと、念願の余市に行けたことには大満足♪
(結果的には夜行列車内での爆睡に繋がり、良かったです)

さて、こんな幕開けで始まったpooh家の珍道中。
「で、本来の目的地はどこなんだよ!」という声も聞こえてきそうですが(笑)、これについてはまた明日お話ししますね~。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事

Comments

post
2015-10-01 16:30 
さいもん No.4099
久しぶりにコメントします。
なるほど余市まではディーゼル車なんですね。のんびりしてていいかも、と思ったらUターンw

こういう使い方は18きっぷじゃできないですね。次の更新も楽しみにしています。
2015-10-01 20:45  さいもんさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.4100
夜行列車に乗る前に化粧を落としたり歯磨きをしたかったので、一旦帰宅という手段を取りました(笑)
明日もぜひご覧下さいね!
2015-10-02 05:58 
かなりハードな幕開けですね。
今後の記事が楽しみになります^^
2015-10-02 06:53  クロスパールさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.4102
余市駅近辺しか歩かないので、さほど体力も使わないだろうと思いきや、いやいや結構歩き回りましたねぇ。
普段のウォーキングで鍛えておいて良かったです(^^)
Comment form

Trackback

Trackback URL