poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆生活 > 手作りご飯 > 安物の鮭の切り身が、本格的な「いぶし鮭」に変身!

安物の鮭の切り身が、本格的な「いぶし鮭」に変身!

一人暮らしを始めてから20年以上、暮らしの知恵はそれなりに学んできたつもりですが、「まだまだ知らないことが沢山あるなぁ」と感じます。
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

暮らしの知恵は、いろいろな所に転がっています。
毎シーズン新しい知識を発見&習得して、以後恒例にしていくのが我が家のパターン。
知人から教わったり、テレビや新聞で見たことを元にするのが基本でしたが、最近では皆さんのブログが最も大きな情報源です。

この夏、新技として我が家に導入された「おうち燻製」もその1つ。
「40代貯金2000万でセミリタイア」のretire2kさんの記事(→こちら)がきっかけでした。
そのハマリ具合は、過去記事に顕著に表れています。

①「初めて、燻製を作ってみました」(→6/3の記事)
②「おうち燻製、3回目にして飛躍的な成長を遂げました」(→6/11の記事)
③「安物ホッケを燻製してみたら絶品でした」(→6/16の記事)
④「ロース豚肉の燻製は抜群の美味しさ! でも欠点もあるのです」(→6/30の記事)
⑤「燻製作りも遂にこの域に! 自家製スモークサーモンに挑戦しました」(→7/4の記事)
⑥「コーヒーの出し殻で燻製作り」(→7/14の記事)


最初は市販のたくあんやチーズを恐る恐るスモークしていたのに、回を重ねるにつれて食材も本格的になり、遂にはスモークサーモンまで作るようになりました。
コーヒーの出し殻を利用してコストダウンを計ってみたりと、すっかり自分流です。

記事にしていないものもあるので、この夏はかれこれ20回近く燻製を楽しんだでしょうか?
今や我が家の調理方法の一手段として、「燻す」は欠かせないものとなりました。
日々の献立スケジュールを立てる際にも、「これを燻したらどうだろう?」とよく考えています。

今回のご飯も「燻し」をポイントにして作りました。
その名も「いぶし鮭の混ぜ寿司」

<材料(2合)>
米2合、塩鮭2切、キュウリ1.5本、ショウガ2片、合わせ酢(酢大さじ3、砂糖大さじ2)

<作り方>
【塩鮭を燻製にする】
①塩鮭は常温に戻し、水気を拭き取っておく。
②鍋底にアルミホイルを敷き、スモークチップを一掴み入れた後、金網をセッティング。
③金網に①を乗せ、鍋の蓋をし、ガスコンロで強火→弱火10分間。
④タッパー容器に移し、そのまま冷ます。

【酢飯を作る】
①米は固めに炊き上げ寿司桶に移し、うちわで湯気を飛ばしながら合わせ酢を混ぜる。

【具材を酢飯に混ぜる】
①キュウリは縞目に皮を剥き、薄い輪切りにし、塩少々(分量外)をまぶして5分置く。
②ショウガは千切りにして酢・塩少々(分量外)をふりかけておく。
③燻製鮭の身は粗めにほぐす。
④水気を絞った①②を酢飯に混ぜ込み、お皿に盛りつけた後③をトッピング。

CIMG3352.jpg
燻製の香りが酢飯と相性抜群です。
もともとは料理本にあった「焼き鮭の混ぜ寿司」からヒントを得たのですが、普通に焼いたものよりも燻した方が旨みが増すように感じます。

「キュウリの季節にピッタリのご飯だね」
「1切れ¥42のオツトメ品の塩鮭がこんなに美味しくなるなんて!」
「窓が開けられなくなる冬は燻製も休止するつもりだから、今のうちに食べておかなくては」

「いぶし鮭の混ぜ寿司」、我が家の定番メニューになること間違いなし!
今後も新しい情報をどんどん吸収して、「賢い主婦」を目指そうと企んでいます。

ランキングに参加しています。
皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事

Comments

post
2015-08-29 03:51 
retire2k No.3952
応用メニューが進んでますねw
昨日の夕方のローカルニュースで、燻製の特集をしてました
2013年あたりからじわじわとブームらしいですね
応用メニューはこれから需要でるかもしれませんw
2015-08-29 07:03  retire2kさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.3953
すっかり邪道化しています(笑)
燻製、ジワジワとブームになっていますよね。
本屋に行ってもマニュアル本を多々見かけます。
私もまだまだ腕を磨いていきますよ!
2015-08-29 13:46 
ふんわり No.3954
やってみたのですがガスコンロの立ち消え安全装置が
働いてすぐ消えます。
普通に煮込んでいる時でもちょっと高温になると
いつの間にか消えていることがあるので仕方ないですね。
高いコンロは装置を解除するボタンがあるそうですが
うちのにはついてませんでした。
次に買い直す時には注意します。

2015-08-29 14:03  ふんわりさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.3955
我が家のガスコンロの安全装置は3口のうち1つだけにしか設置されていないので、そういったことに気づきませんでした・・・
なるほど、燻製作りは高温になるので確かにセンサーに引っかかる可能性がありますよね。
もし試す機会があったらぜひチャレンジしてみて下さい。
10分間くらいならまず安全ですから!
Comment form

Trackback

Trackback URL