poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆日記 > 私の考え・雑学ネタ > 夏の終わりはちょっぴりブルー・・・それは「9月病」かもしれません

夏の終わりはちょっぴりブルー・・・それは「9月病」かもしれません

普段は元気なpoohですが、毎年8月中盤以降から「ちょっぴりブルーな気分」に陥ります。
ミョーに物悲しく、気持ちがフワフワして落ち着かなくなるのです。
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

「晩夏は不安定になる」・・・そんな自分に気づいたのは15年ほど前からでしょうか?
調べてみると、夏の終わりに無気力感を感じる人は結構多いようですね。
それは「9月病」なのかもしれません。

5月病ならぬ、9月病・・・。
「病」と付いてはいますが、正式な病気ではなく、精神的症状の1つです。
人によって症状もさまざま、無力感、疲労感、不安感、頭痛、腹痛、消化不良、筋肉痛などが挙げられます。
もともとは長い夏休み(バカンス)の習慣があるヨーロッパで名付けられた「9月病」、最近では日本でもポピュラーになってきました。

長い夏休みから仕事モードへの切り替わりを余儀なくされる秋。
暑さでダメージを受けた身体が急激な環境の変化についていけないことが、9月病の大きな原因とされています。

しかし、アーリーリタイア済みのpoohには「仕事モード」への切り替えなどありません。
それでも9月病の症状を感じるのはなぜでしょうか?

<その理由>日照時間が短くなるから
日照時間と人間の気持ちは大きく関係があります。
これは「セロトニン」と「メラトニン」という脳内物質の働きによるものです。

<セロトニンとは?>
脳内の神経間の情報伝達を担当する「脳内神経伝達物質」の物質の1つ。
目に入った日光が網膜を刺激することで、脳内でのセロトニン作用は増強する。

<メラトニンとは?>
覚醒と睡眠の時間が交互にやってくる生体リズムを作る基礎になる物質で、「睡眠ホルモン」とも呼ばれる。
脳内分泌量は夜間の睡眠中に最大量となるが、昼間はセロトニンによって抑制されている。


日光に当たる機会が減少してセロトニン不足になると、メラトニンが日中も多いままとなり、活動的な気持ちにスイッチが入らなくなるのです。
日照時間がどんどん短くなっている今の季節のブルーな気分は、こんな身体のメカニズムによるものだったのですね。

日焼けしたくないがために、普段は日光を避けまくっているpoohですが、ちょっとだけ意識して日光浴をしてみるのも9月病対策になりそうです。

その他には食事の工夫も有効だそう。
セロトニンの原料となる「トリプトファン」の摂取がオススメされています。

<トリプトファンとは?>
ヒトの体内で作れない必須アミノ酸の一つ。
牛乳・乳製品、豆・豆製品、バナナ、アボカド、肉類、スジコ、タラコに多く含まれている。


結局のところ、9月病対策には日光浴とバランスの良い食事が効果的。
健康法としてはどちらもオーソドックスなものですが、肉体だけではなく精神面でも重要な働きをしているのですね。

夏の終わりのメランコリーな気分、10年以上前はそんな自分にかなり戸惑いました。
しかし今では「あぁ、いつものアレだな」と冷静に受け止めて、やり過ごせるようにもなりました。
身体の声に耳を傾けながら、今年も上手に9月病を乗り越えようと思います。

ランキングに参加しています。
皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事

Comments

post
2015-08-16 08:20  安心
たんちん No.3877 [Edit]
みんなあるんですね、自分だけかと思っていましたが、日光浴しますわ。
2015-08-16 08:49  たんちんさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.3878
おおっ、たんちんさんも同類でしたか。
人間の体って不思議ですよね。
秋のおセンチ気分、お互い上手につきあっていきたいものです(^^)
2015-08-16 14:04 
ふんわり No.3879
私は春すごく気分が落ち込みます。
春愁っていう言葉を学校で習ったときに何だか
自分だけではないと安心しました。
家に引きこもっていても五月病です(笑)
2015-08-16 14:46  ふんわりさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.3880
そうそう、春に気分が不安定になる方も多いらしいですね。
でも、「自分だけではない」とわかっただけで気が晴れるのも、何だか不思議。
人間のメカニズムって複雑、尚且つ単純だなぁと思います。
Comment form

Trackback

Trackback URL