poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆生活 > マイホーム・家庭菜園 > ダイニングルームは「プチ麺打ち工房」

ダイニングルームは「プチ麺打ち工房」

先日作った「パスタマシンの手打ちうどん」(→7/28の記事)に味をしめ、今年2回目の麺打ちをすることにしました。
にほんブログ村 トラコミュ インテリア・雑貨・ハンドメイド大好き♪へ
インテリア・雑貨・ハンドメイド大好き♪

前回は少々生地が柔らかかったこともあり、麺同士がくっつき気味でした。
その反省を踏まえて、用意したもの。
CIMG3248.jpg
普段から愛用している室内用物干しスタンドです(笑)
伸ばした生地やカットした麺をこれにかけ、くっつかないようにする作戦です。

より多くの麺をかけられるように、ハンガーを使ってロング麺棒もセットしました。
CIMG3247.jpg
「よし、これで麺のくっつきは免れそうだ」
こうなると、更なる快適空間を追求したいところです。
次に気になるのはパスタマシンを乗せる作業台でしょう。

これまではダイニングテーブルの上に、手打ち蕎麦用の作業台(木製の板)を乗せ、パスタマシンをセットしていました。
これはこれで良いのですが、少々ガタつくのが気になるのです。

納戸からローテーブルを引っ張り出して、ダイニングテーブルの上に乗せてみました。
CIMG3245.jpg
その名も「テーブル2段重ねの術」(笑)

白いローテーブルの右奥にパスタマシンを取りつけました。
思った通り、安定性が改善されガタガタしません。
土台のダイニングテーブルのスペースがそのまま活きるので、ボウルや包丁等の道具を広げられるのも便利です。
CIMG3244.jpg
いつものダイニングルームが、「プチ麺打ち工房」に変身しました(笑)

スペースは広いし、パスタマシンで伸ばしたりカットした生地をそのままヒョイと物干しにかけられるので、作業導線もバッチリです。
「おおっ!これは便利だ~」と自画自賛しながらうどん作りに励みました。
CIMG3241.jpg

完成したうどんも美しい仕上がりに。
CIMG3249.jpg
打った麺は48時間以上寝かせた方が美味しいので、まだ食していませんが、前回より美味しく出来たことは間違いないと思います。
手持ちの道具を駆使した「うどん工房pooh」、今後もコマメに営業する兆しです。

ランキングに参加しています。
皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事

Comments

post
2015-08-03 22:39 
ワン No.3815
本格的な仕組みですね。
手延べそうめんの工場を頭に思い浮かべてしまいました。
出来上がった「うどん」もとても美味しそうに見えます。
お金をお支払いしてでも分けて頂きたいと思ったくらいです。
この季節、ざるうどんにしたら最高においしいだろうなと思います。
2015-08-04 06:49  ワンさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.3816
手持ちのテキトーな道具を組み合わせただけですが、なかなか快適空間になりました。
うどんは今日のランチに大根おろし&ショウガをのせて、「冷やしぶっかけ」で食べようと思います。
気温が高くなるらしいので、冷たい麺は美味しいでしょうね♪
2015-08-04 08:47  http://hudousannokamisama.blog61.fc2.com/
たんちん No.3817 [Edit]
工場のようです、夏の工作の宿題に使えそう。食べる前から美味いですよ、味は確認作業でしょう。
2015-08-04 09:44  たんちんさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.3818
確かにお子さんがいるお宅だったら、夏休みの自由研究のネタになるかもしれませんね。
次回は中華麺を打って、冷やし中華を作ろうと思います。
まずはこれからランチとして、うどんの「確認作業」に入りますよ~!
2015-08-04 10:58 
yazirobe777 No.3819
こんにちは
いい感じですね。
本当に商売できそうな感じです。
2015-08-04 13:41  ヤジロベーさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.3820
先程、うどん食べました。
やっぱり前回よりも美味しかったです!
でも結構手間がかかるので、大量生産への道のりは険しそう・・・
自家需要で楽しみます(^^)
Comment form

Trackback

Trackback URL