poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆日記 > 私の考え・雑学ネタ > 電子ピアノ? アップライト? グランド? どんなピアノを選びましょうか?

電子ピアノ? アップライト? グランド? どんなピアノを選びましょうか?

弘法大師(空海)は、安物の筆であっても立派な文字を書いたそうです。
その道の名人・達人と呼ばれる人は、道具や材料のことなどとやかく言わず、見事に使いこなして結果を出すもの。
「弘法筆を選ばず」とはよくぞ言ったものだと思います。
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

しかし、最近のpoohには「自分が上達しないのは安い道具のせい?」と感じるものがあります。
それは趣味で弾いているピアノです。

poohのピアノはコルグ製の電子ピアノLP-350。
4年前に¥56,400(新品)で購入したものです。
5万円台という価格帯は、電子ピアノの中でも最低ラインと言って良いでしょう。
CIMG2822.jpg
4歳から始めて高校時代まで習っていたピアノ、現在は独学で楽しんでいます。
最近練習している曲は、リスト作曲の「愛の夢 第3番」。

<参考演奏>「愛の夢 第3番」(→YouTubeより拝借)

毎日せっせと練習を重ねているのですが、メロディラインが思うように流れません。
「音色に丸みがない」とでもいうのでしょうか?
ヘッドホンから聞こえてくる自分の演奏はノッペリした印象です。

試行錯誤を重ねる中、以前、友人宅でグランドピアノを弾かせてもらった時、「あれ?自分はこんなに上手だったっけ?」と感動したことを思い出しました。
いつも通り弾いているのに、音色が全然違うのです。
そうなのです、本物のピアノ(以下「生ピアノ」)と電子ピアノには大きな違いがあるのです。

【生ピアノと電子ピアノは別物である】 
同じように鍵盤が並んだ「ピアノ」ですが、その発音形式は大きく異なります。 

●生ピアノ・・・指先で鍵盤を押した力でハンマーを動かし、弦を叩いて音を出す。
●電子ピアノ・・・鍵盤はいわば音を出すためのスイッチで、打鍵を感知し電子音源を発音させ、スピーカーで増幅している。


打弦による振動が響板を伝わって、豊かな広がりを生むと共に、叩いた弦以外の弦の共鳴も加わって、独特の響きを生み出すのが本来のピアノです。
簡単に言えば、生ピアノは鍵盤の押し方(=テクニック)次第で、さまざまな表現が可能なのに対し、電子ピアノは、鍵盤を押す強さは基本「音量の差」でしかなく、どのように弾いても、そこそこ良い音がするということです。

「弦がない電子ピアノは、ピアノの形をした“まがい物”に過ぎない」という意見があるのも、ある意味もっともだと思います。
しかし、「電子ピアノはピアノではない」と言い出すと、結果的には「グランドVSアップライト」の問題にも発展します。

【グランドピアノとアップライトピアノの違いも大きい】
同じ生ピアノでも、グランドとアップライトにも構造上の違いがあります。
専門家の中には「アップライトは簡易ピアノに過ぎない」という意見もあるのですから。
17010_12072_1.jpg4C3DC4360B5B4CE6A92F0E9FDC1D0775_12072.jpg
<画像>左:グランドピアノ  右:アップライトピアノ

●グランド・・・ハンマーが弦の下から叩く構造になっているため、ハンマーが戻りやすい(=素早い連打がスムーズ)。
●アップライト・・・弦を横から叩く構造なので、ハンマーが戻るにはスプリングの力を借りらなければならない(=素早い連打に限界がある)。


子供の頃、poohが持っていたのはアップライトでしたが、コンクールや発表会の前は、レンタルスタジオのグランドピアノで練習をするように先生から指示されたものでした。
実際、その感触の違いは子供心にも明瞭だった記憶があります。
楽器の違いはやはり技術面にも大きく影響するのです。

「どんな楽器を選ぶのか」・・・これはピアノを弾く人たちの悩みどころ。
特にお子さんに習わせるにあたって、初めて購入する親御さんは迷うでしょうね。
「子供こそ、生ピアノの本物の感触に慣れることが必要」という専門家の声も多いです。

参考までにグランド・アップライト・poohの電子ピアノの情報を一表にまとめました。
※数値はあくまでも目安です。
ピアノ比較表
購入の際、その価格やサイズまでは誰もがチェックを怠りませんが、意外と忘れがちなのが維持費、つまり調律代です。
生ピアノには調律が必要です。
基本的に1年に1回は必要と言われる調律、上記の金額は大手メーカーYAMAHAの参考価格ですが、これに出張費も加わるので、なかなかバカにならない金額です。

電子ピアノには調律は不要ですが、電化製品なので機器の寿命は10年が目安・・・という点も要チェック。
最上位機種なら100万円以上する電子ピアノですが、高額なら長持ちということもありません。

【結論:どんなピアノを選ぶのかは人それぞれ】

弾く本人がどこまでピアノをやりたいのか、そして各家庭の住宅事情・経済事情も大きく影響するので、結局のところ、出来る範囲で最大限良いものを選ぶのが一番。
上を見たらキリがないのが楽器の世界、それぞれの特性を比較しながら納得のいくものを選べば、それがその人にとっての正解です。

5万円ピアノのpoohも、今の楽器で十分満足しています。
日々、気軽に演奏を楽しむのが、現在のpoohの目的なのですから。

そう言いつつも、グランドピアノの感触を楽しみたい気分が沸々と湧いてきたので、近日レンタルスタジオに足を向けてみることにしました。
果たして自分の腕はどこまで通用するのでしょうか・・・ちょっとドキドキしているpoohなのでした。

ランキングに参加しています。
皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事

Comments

post
2015-07-03 23:02 
yazirobe777 No.3603
こんばんは
一度は奏でて見たいですねグランドピアノ
(特にスタインウェインのグランドピアノ)
自分は全く演奏できませんので
誰かに奏でて貰らいたいです。
2015-07-04 06:18  yazirobe777さん、コメントありがとうございます☆
pooh No.3604
スタインウェイのグランドは私も数回しか触ったことがありませんが、やっぱりさすがだなぁと思いました。
でも「これがスタインウェイだ」という思い込みによるものなのかもしれません(笑)
今の電子ピアノの音源にもスタインウェイがあるので、これで我慢しておきます(^^)
2015-07-04 15:04 
やすらん No.3605
ああ、なるほど!と思いました。といいますのも娘が通っているピアノ教室がグランドピアノで、「音当てクイズがちょっと苦手ですが、練習は頑張っています~」と言われています。家の電子ピアノと音が違うんでしょうね・・・納得できました。

因みに私はpoohさんのブログがきっかけでビアのをひき始めました。
まだ、1曲と2曲目の前奏しか弾けませんが・・・汗。
2015-07-04 16:24  やすらんさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.3607
電子ピアノは価格が手頃だし、扱いも楽なので、これはこれでアリだと私は思います。
「音を楽しむ」のが音楽ですもの、お嬢さんもおおいに楽しんでいることでしょう(^^)

やすらんさんも弾くんですね。
親子連弾なんていうのもステキ♡
私も頑張ります!
Comment form

Trackback

Trackback URL