poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆アーリーリタイア > 本年の税金&社会保険料の全容をまとめました

本年の税金&社会保険料の全容をまとめました

国民健康保険料の納付通知書が郵送されてきました。
本年の年間保険料は¥72,410(2人分)。
ほぼ想定どおりの金額で安堵しています。
この通知によって、今年の税金&社会保険料が全て確定しました。
にほんブログ村 トラコミュ 賢く 楽しく 欲張りな マネーライフへ
賢く 楽しく 欲張りな マネーライフ

アーリーリタイア2年目の昨年は、労働収入が一切なかったにも関わらず高額だった税金&社会保険料。
覚悟していたとは言え、総額100万円以上に及ぶ支払金額にビビった記憶があります。
さて、今年はどうなっているのでしょうか。

退職した2013年からの推移を2016年の予想を加えて一表にまとめました。社会保険料4年間分改
今年の支払金額は¥816,090。
還付分¥158,508を差し引くと、合計¥657,582です。

<国民健康保険料>
国保は前年の所得により保険料が決まります。
今年のpooh家の所得は控除の範囲内のためゼロ、固定部分の均等割、平等割は5割減額。
昨年と比較すると約45万円の大幅減となりました。
2016年も同水準になるように確定申告を実施する予定です。

<住民税>
本年は均等割¥5,000×2人で¥10,000を不本意ながら計上(→6/17の記事)
ただし、還付と相殺されるため実際の支払は発生していません。
2016年は住民税非課税となる見込みです。

<国民年金>
本年は2年分を前納したため、全体に占める割合が圧倒的に大きくなりました(→1/13の記事)
2016年は支払なしなので、その点は気楽ですね。

<所得税・住民税還付>
株式譲渡益、配当に課税されている分の一部を確定申告し、所得税と住民税の還付を受けました(→1/26の記事)
これにより国保の保険料が7割減額ではなく5割減額になりましたが、当初の予定通りです。
2016年も同水準の還付を受けたいと目論んでいますが、それも株できちんと利益が上がっていればこそ。さて、どうなることやら。

・・・ということで来年は大きく負担が減少し、税還付と差し引きすると黒字となる見込みです。
そうは言ってもやっぱり税金&社会保険料は高額です。
近日、銀行で国民健康保険料¥72,410を支払ってくる予定ですが、最近はすっかりお金の使い方が小さくなっているpooh、久々の大金に手が震えてしまうかもしれません(笑)

ランキングに参加しています。
皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事

コメント

post
2015-06-19 21:02 
yazirobe777 No.3517
こんばんは
こうして見ると社会保障費は高いのが分かります。
国民健康保険や税金など本当に適正な費用なのか考えてしまいます。
(無駄や取りすぎな所があるのでは?)
社会保障費は社会情勢もあって負担が増える可能性がありますね。

2015-06-19 21:43  yazirobe777さん、コメントありがとうございます☆
pooh No.3518
そうなんですよね~、今後の負担が増える可能性は避けられないと思います。
健康なので国保もほとんど利用していないんですよね・・・これはこれでありがたいのですが、なかなか頭の痛いところです。
2015-06-22 01:57 
かつお No.3538
それなりに行政サービスを受けているですから、如何に生活防衛とはいえ得意気に節税・節税というのは如何なものでしょうか?
住民税納めずに、図書館利用・ごみ収集して貰っているのは、生活保護を受けているのと同義ですよ。
2015-06-22 06:43  かつおさんへ
pooh No.3539
株式譲渡益、配当に対し、我が家も住民税・所得税をそれなりの金額で支払っています。
だからこそ税還付があるわけです。
行政サービスを受けているのだから、必要以上に税金を納めるのが当然ということはないと思います。
世の中の決まりをしっかりと理解して、それに乗っとって行動するのは悪いことではありません。
かつおさんの考え方でいうと、ふるさと納税をしている人も問題なのでは?
納めるべき税の中から、結構高額な謝礼を受け取っていることになるのですから。
2015-06-22 10:05 
かつお No.3542
poohさん
多分、論点が合わないと思いますが、、、
行政サービスを維持していくためには、当然ながらコストが掛かるので、住民税を払っていない(もしくは還付を受け実質ほとんど負担をしていない)と言う現在の生活は、生活保護を受けているのと同じという事を認識しているのでしょうか?というのが趣旨でした。
(生活保護自体は、必要かつ大事なルールだと思っています。ただ一部残念な運用がなされていますが)
ルールに則っており正しい行いなので、他人に文句を言われるまでも無い、というのであれば、それはそれまでです。
世の中の大多数の人が同時にpoohさんのような選択をしないから、その生活が維持されているのです。

なお、高額なおまけ・特典で釣るのは意味が無い(無駄)ので、ふるさと納税の
特典制度は廃止したほうがいいと思っています。お礼状程度で良いのではと思っています。
2015-06-24 00:37 
mudman No.3551
はじめまして、いつも楽しくブログ拝見させていただいています。

もうすぐ50歳独身今年中にリタイア予定のおっさんです。
わかっていることとはいえこうやって改めて見るとリタイア後すぐに税金が重く伸し掛かってきますね^^;)貧乏リタイアには堪えます。

世の中二人で年間生活費150万円と質素な生活をしてる人に対してもケチをつける人がいるんですね。


2015-06-24 06:41  mudmanさん、はじめまして!
pooh No.3552
人の考え方にはいろいろありますからね。
我が家は我が家なりのやり方で暮らしていこうと思います。
mudmanさんもリタイア予定とのこと、今後の準備に忙しいことでしょう。
このブログがなんらかの参考になれば嬉しいです(^^)
2015-06-25 01:11  承認待ちコメント
No.3558
このコメントは管理者の承認待ちです
Comment form

トラックバック

Trackback URL