poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆アーリーリタイア > 住民税、痛恨の凡ミスを犯していたことが発覚・・・ 

住民税、痛恨の凡ミスを犯していたことが発覚・・・ 

今月に入ってから、住民税関連の記事をさまざまなブログでお見受けしていました。
「・・・ということは我が家にもそろそろ」と思っていた住民税通知書(2人分)、ついにpooh家にも郵送されてきました。
にほんブログ村 トラコミュ 賢く 楽しく 欲張りな マネーライフへ
賢く 楽しく 欲張りな マネーライフ

昨年の住民税は、その前年(2013年)に給与収入があったため、結構な金額でした。
しかし退職後3年目を迎える今年は、正真正銘のリタイア生活ですから、住民税は「ゼロ」のはず。

更に今回は所得税&住民税の還付を目指し、確定申告を年初に実施しています。
所得税の還付は3月に受けましたが、住民税分はこの時期までお預けとなっていました。

<参考記事>
●「アーリーリタイア2年目の税金・社会保険料は、結構高額」(→2014年4/12の記事)
●「アーリーリタイア夫婦の確定申告」(→1/26の記事)

ワクワクしながら通知書を開封しました。
今回の住民税の還付は¥29,018(2人分)。
内訳は、
・本年度の住民税(均等割):¥5,000×2人=¥10,000
・配当所得・株式譲渡所得の過徴収分の還付:¥39,018  

ん? 住民税(均等割)・・・?
住民税は払わなくてもいいはずだったのでは?

なんと、先日の確定申告でミスを犯していたことが発覚しました。
確定申告担当・ケッチーくんは、一体何をやらかしてしまったのでしょう?
そもそも確定申告時の思惑は、以下のようなものでした。

①株式トレードや配当による所得税・住民税を確定申告によりできるだけ取り戻す。
②申告所得は所得控除の範囲内とし、住民税がかからないようにする。
③国民健康保険料が上がるのはやむを得ないが、還付金額との相殺で最大限の効果を目指す。


この方針に基づいて、pooh&ケッチーくんそれぞれ約40万円の所得で確定申告したのです。
この時、住民税については所得に比例するものとしか考えていませんでした。
所得控除の範囲内なのだから所得はゼロ、したがって住民税は非課税だ・・・と自信満々で結論付けていた訳です。

ところが、住民税には「所得割」と「均等割」の2種類がありました。
所得割だけではなく、均等割非課税の基準もクリアしなければならなかったのです。
poohの自治体の住民税非課税基準は下記のとおり。

・扶養家族がいない場合・・・前年の合計所得金額が35万円以下
・扶養家族がいる場合・・・前年の合計所得金額が35万円×家族数(本人含)+21万円


約40万円で申告したpooh家、見事にオーバーしていました・・・。
(※基準については他にも条件があります。詳しくは自治体HP等でご確認下さい)

しかも、国保、国民年金、確定拠出年金などで十分すぎる所得控除額があると判断したケッチーくん、今回、配偶者控除を申告していなかったのです。

これぞ凡ミス(痛恨)

予備知識の乏しい素人がよく調べたつもりでも、穴はあるものなのですね。
次回の確定申告では、今回の教訓を生かしてもらわねばなりません

「生かしてもらわねば」などと上から目線のpoohですが、本来は自分でやるべき確定申告をすっかりケッチーくん任せにしているのも少々問題。
「今回支払う住民税¥10,000は授業料だね」とケッチーくんを慰めながら、「次回は自分も参加しよう」と褌を締め直しているpoohなのでした。

ランキングに参加しています。
皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事

コメント

post
2015-06-17 19:00 
yazirobe777 No.3496
こんばんは
かなり痛い出費ですね。
税金と控除の計算は複雑であらぬ失敗をしがちです。
自分も手探りで来年が不安です。
しかし、問題点をしっかり認識しておられるご様子なので
来年以降は失敗されないと思います。
(が、目立たぬように変わっていたりしますので毎年、要注意です。)
2015-06-17 19:08  試してみては
たんちん No.3497
修正申告出来ませんか?聞くだけでも。

1万円は痛いですね。
2015-06-17 19:13  管理人のみ閲覧できます
No.3498
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015-06-17 19:24  yazirobe777さん、コメントありがとうございます☆
pooh No.3499
税金関係はいろいろややこしいですね。
私は苦手意識が強くて最初から夫に丸投げです・・・いけないとは思っているのですが。
こういう事柄を扱うプロの方、本当に尊敬しちゃいますよ(^^)
2015-06-17 19:29  たんちんさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.3500
なるほど、修正申告という手がありましたか。
でも、今回はこのままでいいかなとも考えています。
税金関係は今後も勉強していかなきゃですね(^^)
2015-06-17 19:33  鍵コメさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.3501
たんちんさんのコメントにもありましたが、修正申告という手もあるのですね~。
税金関連は知らないことだらけです。
また、何かお気づきの点がありましたら、ぜひ教えて下さい(^^)

貴ブログにも遊びに行きま~す!
2015-06-17 20:38 
retire2015 No.3502
あらら、それは痛かったですね

私もリタイアして、FPの勉強をサボりつつもやっていますが
税金はややこしいです

今回、源泉分離課税の配当所得を
総合課税で確定申告したんですよね
私もFPの参考書かじりの知識ですが、これを修正申告で分離課税に戻すことは出来ないかと…
2015-06-17 21:44  retire2015さん、コメントありがとうございます☆
pooh No.3503
FPの勉強、していらっしゃるんですね!
夫もかつて勉強して、資格を取ったそうです。
私もなんらかの努力をしていかないと、頭がさびついちゃいますねぇ・・・。
2015-06-18 06:27 
ヒロ No.3504
ということは、国保は5割減ですか?
2015-06-18 06:37  ヒロさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.3505
そうです、5割減です。
7割減にするという選択肢もありましたが、あえてこちらを選びました(^^)
2015-06-18 10:32 
sakura No.3506 [Edit]
はじめまして!
確定申告で所得税の払いすぎが申告後にわかった場合は
更正の請求の手続きをすれば過去5年分までならさかのぼって
払いすぎた税金を返してもらえますよ。

税務署で手続きして決定されると
自動的に住民税と国保の金額も正しい所得で計算し直されますので
住民税の還付される額が増えるはずです。
2015-06-18 12:11 
sakura No.3507 [Edit]
すみません、先程コメントした者です。

所得0の場合は還付する所得税がないので
更正の請求が税務署に却下されたりして手続きが面倒なようなので
申告し直される場合には市役所や税務署に相談してみてください(*_ _)
2015-06-18 13:45  sakuraさん、はじめまして!
pooh No.3508
いろいろ情報ありがとうございます!
今回は所得ゼロなので、申告の修正はしないでおこうと思います。
ブログを通して皆さまからいろいろなことを教えて頂けて嬉しいです。
人との繋がりを肌身で感じられますね(^^)
Comment form

トラックバック

Trackback URL