poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆生活 > 節約・家計管理 > 献立組みは実際に書き出してみるのがオススメです

献立組みは実際に書き出してみるのがオススメです

先日、読者の方からご質問を頂きました。
「献立を決めるのにすごく時間がかかって困ります。 poohさんは1週間分まとめて考えたりするのですか? 」
にほんブログ村 トラコミュ 女性のための情報満載へ
女性のための情報満載

まず結論から言うと、poohの献立組みは「まとめ決め」方式です。
1週間どころか10日、いや2週間先を見据えて考えています。
まとめ決めは日々バリエーション豊かに食事を楽しむための近道、かつ材料を無駄なく使い回しする上にも欠かせません。

今回はpooh流・献立決めのコツをご説明しましょう。

その①:まずは主菜を決める。
「主菜」とはおかずの主役。
基本的には肉・魚などを使ったタンパク質です。
柱となる主菜を決めれば、食事としての体裁はある程度整うものです。

主菜を決める時にまず確認することは、「手元にある食材は何があるのか?」。
我が家の肉類は特売時を狙って買いだめし、小分け冷凍しています。
冷蔵庫に貼ったホワイトボードに在庫を記入して、それを眺めながら「これを使って何を作ろうか」と考えます。
CIMG2839.jpg
↑ボードの右端にある「トリムネ」、「ブタ肉」、「ヒキ肉」が現在ストックされている肉類です。

使う素材が絞られていると、メニューのセレクトもあまり迷いません。
料理本の「トリムネ」のページを開いたり、ネットで検索したりして、「食べたいもの」を選びます。

その②:決めた主菜はカレンダーに記入する。
まずは「冷蔵庫にある物の消化」を優先にして、どんどん主菜を決めてカレンダーに記入します。

「今夜はトリムネ・卵で親子丼」
「明日は豚肉・モヤシ・庭のニラで炒めもの」
「明後日はトリムネの塩麹焼き」
「4日目はひき肉でキーマカレー・・・カレーだから3日連続でOK」

こんな感じでざっくりと1、2週間先まで決めてしまいます。
カレンダーへの記入は全体の流れをつかめるので、献立のワンパターン化を防ぐ意味でもオススメです。

しかし現実は、このスケジュール通りに進んだためしはありません(笑)
毎日夕食後にウォーキングを兼ねてスーパー巡りを実施しているpooh家です。
値引きシールが貼られた肉・魚や豆腐などに出会ってしまうこともしばしばなのですから!

もちろんそんな時は「運命の出会い」と称して、しっかり購入します。
冷凍できるものは即ストックにしますが、オツトメ品なので消費期限が迫っている場合も多く、翌日のメニュー変更を余儀なくされることも。
この場合は、そのつどカレンダーの「献立スケジュール」も消して書き直しします。
消した献立はたいていスケジュール後半に後ろ倒しされるので、さほど面倒ではありません。

その③:副菜は気軽に考える。
1、2週間先まで見据える主菜に対して、副菜を考えるのは当日か前日。
最初から副菜まで厳密に考えると、がんじがらめになって面倒になってしまうためです。

副菜のコンセプトは野菜の摂取。
手元にある野菜や乾物類などを利用して、だいたい2品をメドに用意しています。

毎日副菜2品と言うと大変そうに聞こえますが、多めに作って2日分にすることも多いので、1日に作る量は平均1品です。
前日分と合わせて今日は2品、今日の分は翌日にも・・・と日々ズラしていけば、常に2品が食卓に上がる計算です。
ストック分の副菜は、先述の冷蔵庫のボードに記載しています。
(poohはカレンダーには記載していませんが、主菜と並べて書いておくのも良いと思います)

副菜の献立の決め手は「味」。
「甘い」、「辛い」、「酸っぱい」、「しょっぱい」を意識しています。

<一例>
●主菜が「甘い」肉じゃが→副菜は「酸っぱい」大根なます、「しょっぱい」ニラのお浸し
●主菜が「辛い」カレー→副菜は「酸っぱい」コールスローサラダ、「甘い」キンピラゴボウ
●主菜が「しょっぱい」レバニラ炒め→副菜は「酸っぱい」ポテトサラダ、「甘い」フキ煮

副菜は和食・洋食・中華等の垣根を取っ払っています。
和洋折衷のミックス感を楽しめるのも家庭料理の醍醐味だと思うからです。

<まとめ>
献立は実際に書き出してみるとイメージが広がる。


自分ではあまり意識していなかったのですが、改めて振り返ってみると、poohの献立組み術は「書き出している」ことがポイントになっています。
その日1日のメニューだけを考えるなら頭の中だけで組み立てられますが、日々永遠に続いていく家庭料理は全体の流れをつかむことが重要なのです。

材料の使い回しやメニューのバリエーションも含めて考えるために、まずはカレンダー、もしくは大きな紙に思いつくがままにメニューを書き出してみましょう。
文字にして目で確認するだけで、イマジネーションが広がります。

pooh流献立組み術、いかがでしょうか?
これからも美味しいご飯を食べていくために、いろいろ工夫を凝らしていこうと思います。
また何か新技を導入したら、ご紹介していきますね。

ランキングに参加しています。
皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事

Comments

post
2015-05-17 17:01  http://hudousannokamisama.blog61.fc2.com/
たんちん No.3272 [Edit]
ランチメニューを考えるのと似ていますね、原価第一主義で厭きない様にローテーション。サブはだいたい使い回しで量と見た目です。

メニュー考えるのが邪魔臭かったなあ。



2015-05-17 17:26  たんちんさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.3273
喫茶店を経営していらした、たんちんさんならではのコメントですね(^^)
お店で出すとなると曜日や天候なども視野に入れてメニューを考えるのでしょうから確かに大変そうです。
家庭料理なら大雑把でも許されるので楽チンですよ!
2015-05-17 19:18 
今回は献立でしたが何でも書き出してみると整理されて予定通りでなくても応用がきくのかなって思います。献立に迷うっていうのは一般的にはよくききますよね。
そういえば、うちの奥さんも食材や献立を書いて冷蔵庫にはっております^^
2015-05-17 21:42  クロスパールさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.3277
書き出して整理・・・私も同感ですね。
頭の中だけだと結構入り組んでいるように感じるものですが、いざ書き出してみるとシンプルにまとまります。
家計簿も同じようなものですね(^^)
2015-05-17 23:55 
僕の場合は、冷蔵庫にたまたまあるものとその日の特売、見切り品で入手したものを基準に適当なモノを作っています。
最近料理に飽きたので似たようなものばかりになってきました。
もはや、食べられればいい、という感じですね。
2015-05-18 06:22 
ヒロ No.3279
チクワが、チワワに見えました
一瞬 うん?
2015-05-18 06:59  招き猫の右手さん、コメントありがとうございます☆
pooh No.3280
見切り品発見の際に、「うちに何が残っていたっけ?」と即座に思い出せるかどうかが重要ですよね。
晴れてGETした時の帰路は、「カレンダーに書いた明日以降のスケジュールをどう変更するか」、夫と作戦会議に勤しんでいます(^^)
2015-05-18 07:02  ヒロさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.3281
夫も時々、ホワイトボードを眺めながら「チワワ・・・」とつぶやいています。
冷凍庫に潜んでいるチワワを想像すると、つい笑ってしまいますが、私の字のクセを直さねば(笑)
2015-05-18 08:21 
ふんわり No.3282
poohさんありがとうございました。

全く計画性のない私はただただ感心してしまいます。

やはり頭を使わないと無駄のない暮らしはできないのですね。

まずは書くことからはじめてみます。

野菜嫌いもなおさないといけませんね(笑)


2015-05-18 11:52  ふんわりさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.3285
いえいえ、参考になったでしょうか?
「書き出す」ことは簡単な割に、なかなか効果がある方法だと思います。
野菜も美味しく食べられるようになるといいですね(^^)
Comment form

Trackback

Trackback URL