poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆日記 > 日常つれづれ > 「湯シャン」に挑戦! 効果のほどは半年後?

「湯シャン」に挑戦! 効果のほどは半年後?

ミニマリストカテゴリーのブログで、ちょくちょく目にするのが「湯シャン」というキーワードです。
にほんブログ村 トラコミュ 女性のための情報満載へ
女性のための情報満載

「湯シャン」とは、シャンプーを使用せずお湯のみで髪を洗う方法です。
皮脂を落とし過ぎないので、頭皮や髪のバリア機能を取り戻す効果があると言われています。
タモリさんや福山雅治さんなど芸能人にも愛好者が多いと、雑誌やネットでも見かけました。

「気になる・・・」
poohも興味深々です。

もともとアトピー体質の超乾燥肌なので、「洗い過ぎ」には弱いタチです。
肌のバリアとして皮脂が重要な役割を果たしていることは身を持って知っているつもり。
洗顔の際は、化粧を落とす時以外には洗顔料を使っていません。
ぬるま湯だけでササッと洗うだけの方が肌のコンディションが良いことに気づいて、10年以上前から実行しています。

洗髪ではずっとシャンプーを使用してきましたが、考えてみると、頭皮も乾燥気味でかゆみを感じることがあります。
髪のパサつきも気になります。

「よし、挑戦してみよう!」
pooh、湯シャン実行に踏み切りました。

白髪対策用として、カラートリートメントを使い始めた(→4/26の記事)こともきっかけの1つです。
せっかく染めても洗髪のたびに少しずつ色落ちしてしまうカラートリートメント、シャンプーを使わなければ、少しは長持ちするのではないでしょうか?

そんなわけで、ぬるいお湯だけで髪を洗うようになりました。
汚れを落としやすくするために、入浴前にブラッシングを行います。
始めてみてまだ2週間ほどですが、心配されたベタつきはまったく感じません。

その理由
:お湯だけで8割がたの汚れが落とせるらしい。


湯シャンは乾燥肌にはピッタリだそう。
毛先のきしみが気になる時は、洗面器にお湯を張ってクエン酸を小さじ1/2ほど入れたものを仕上げに使っています。
加齢に伴って今後はますます乾いていく予兆があるので、お湯だけで洗う方法、poohにも向いているような気がします。

ネットで「湯シャン」と調べてみると、「効果が出てくるのは半年後」という情報もありました。
今現在は「何も変化なし」ですが、半年後にはどんな効果がみられるのか、楽しみです。

ランキングに参加しています。
皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事

コメント

post
2015-05-03 16:58  洗剤を減らす
たんちん No.3169 [Edit]
乾燥肌なんで少し意識してみようあなあ。洗剤を減らすとかも良さそうですね。
2015-05-03 17:35  たんちんさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.3170
洗剤も使いすぎには注意ですよね。
すすぎ残しの心配がないのも頭皮には良さそうです。
良い効果があったらいいなぁ(^^)
2015-05-03 20:03 
お湯で十分ならシャンプー代が浮きますね!
2015-05-03 21:06  招き猫の右手さん、コメントありがとうございます☆
pooh No.3174
まぁ、シャンプー代なんてたかが知れているので、「節約」と言えるのかどうかはビミョーなんですけどね(笑)
でも、お金をかけずにキレイになれるのなら一石二鳥です(^^)
2015-05-04 11:06 
シャンプー、使わないほうが肌に良いのは良くわかっているのですけど
つい使ってしまいます^^

界面活性剤ですから、皮膚のバリアー機構の重要な1成分の皮脂を情け容赦なく落として、皮膚を痛め付けてるから。
だけど、いつの間にか皮脂が悪者になって、臭いだとか、サラサラ髪の大敵とか、男の人は皮脂つまりで禿げるよなんて言われて、それで禿げるなら、動物はみんな禿まくりだよ、なんて思うんだけど^^

私も、完全にリタイヤしたら、シャンプー使うの止めようかな。



2015-05-04 13:28  いろいろでセカンドライフさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.3178
ネコを見ていると、シャンプーの必要性って感じませんよね。

私が湯シャンにトライする気になったのも、リタイア生活によるところが大きいです。
でも、実際に実行してみると髪のベタつきもないので、会社勤めの方でも大丈夫かもしれません(^^)
Comment form

トラックバック

Trackback URL