poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆生活 > 生活いろいろ > セコイながらも効果アリ!自転車を盗難から守る方法

セコイながらも効果アリ!自転車を盗難から守る方法

春から秋にかけて、我が家の重要な足となる自転車。
今年は雪どけが早かったこともあり、愛用の「スーパーpooh号」で、既にあちこち出かけています。
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

Myチャリ「スーパーpooh号」とは2010年春からの付き合いなので、今年で6年目。
中古専門の自転車屋までバスで行き、帰りは夫・ケッチーくんと早速サイクリングを楽しんだ思い出があります。

最近は自転車も安くなり、新品も1万円以下で売られていますが、敢えて中古で買いました。
家計簿を振り返ると、「スーパーpooh号」は¥8,000、ケッチーくんのは¥6,500。
poohの方が高価ですが、特にこだわったわけではありません(笑)
豊富な品揃えの中から、デザインや性能などをじっくり選んだ結果です。

もともと「新品」に対して強いこだわりがない我が家、家も中古で購入したし、過去に所有していた車も中古です。
「耐久消費財が最も大きく値下がりするのは買われた直後」なので、中古品は合理的だと常々考えているからです。

しかし、家や車と違い、新品・中古の価格差がさほどでもない自転車。
それでも中古を選択したのは盗難予防対策なのです。

<対策その①>
ピカピカの新品は自転車ドロボーに狙われやすい。


古ぼけた物の方が盗難のリスクが低いのは当然のこと。
狙われやすいのは、人の目にとまりやすい新品、かつスタイリッシュなもの。
そういう意味では我が家の2台のママチャリは、いい感じに雑観に紛れています(笑)

そしてもう1つ実行している防犯対策も。

<対策その②>
所有者名をハッキリ明記する。


大きく名前が記載された物には手を出しにくいのが犯罪者心理だそう。
こう教えてくれた知人の自転車には、笑ってしまうほどデカデカと氏名が書かれてありました。(しかも平仮名表記で)
その脱力感たるや「お見事!」という感じでしたが、さすがにそこまでは出来なくて(笑)少々存在感は落ちるものの、pooh家の2台にも苗字を記名しています。

こんな些細な盗難予防対策ですが、おかげ様で誰からも狙われることなく乗り続けています。
もちろん、購入時に¥500ずつ支払って防犯登録もしているし、ワイヤーロック錠も欠かさず掛けるように心がけています。
年々愛着の増す自転車に乗って、今年もサイクリングを堪能しようと考えているpoohなのでした。

ランキングに参加しています。
皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


関連記事

Comments

post
2015-04-05 05:32 
ヒロ No.2980
自転車保険(対人、対物)には、入っていますか?
2015-04-05 07:44  ヒロさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.2981
自転車保険には入ってません。
そっかー、そういう手もありますよね。
今後検討してみるかもしれません(^^)
2015-04-05 11:09  火災保険
たんちん No.2982 [Edit]
家財の火災保険に付帯したら安いですよ。家族全員適応化。

自宅での盗難も保証してくれますよ、過去に二度使いました。それ以外の個人賠償もありますから。
2015-04-05 12:32  たんちんさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.2983
なるほど、火災保険ですね。
今、加入している保険の約款を確認してみます。
何はともあれ、不届き者から愛用チャリを守るために今後も注意深く暮らしていこうと思います。
2015-04-05 23:40 
安い中古自転車を乗り継ぐのも手ですね。
もし新品を買うなら11月以降が旧モデルが安くなったりしますよ、原因は自転車の展示会新モデル発表が何故か11月なので、そのあたりから型落ち品が安くなるんですよ。
名前の件はなるほどですね、防犯というと玄関のダミーカメラなんかも有効みたいですしね。
2015-04-06 07:40  招き猫の右手さん、コメントありがとうございます☆
pooh No.2993
なるほど!11月以降ですか。
と言っても、私が住む北国では、11月後半から3月までは雪が降るので自転車には乗れないんですよねぇ。
買ったとしても自宅まで持って帰れないかもしれません(笑)
Comment form

Trackback

Trackback URL