poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆生活 > お菓子・パン > フランス食パン♪見栄えはイマイチだけど美味しい♪

フランス食パン♪見栄えはイマイチだけど美味しい♪

近所のパン屋さんで購入した「フランス食パン」が、とっても美味しかった!
シンプルな味わいながら、サックリとした歯応えで、パン好きのpoohも感動でした。

そんな訳で、自宅でもフランス食パンにチャレンジすることに・・・と言うと、大げさですが、ホームベーカリー(以下HB)使用なので、お手軽です。

いつも食べる食パンは、HBで、焼いています。
(過去記事で、「朝はヨーグルトのみ」と記載しましたが、最近、パン食が復活しました。)

愛用のHBは、エムケー精工(株)の「ふっくらパン屋さん HBD816」。
もう10年間使っていますが、いい仕事してくれます(^^)v
こねる力が強いので、美味しいパンができます。
肉まんや、パスタ、ピザの生地をこねる際にも使っています。

でも、HB購入時、最初に焼いたパンはヒドかった・・・(-.-)
何を隠そう、「フランス食パン」だったのです。
ペッタンコで、焼き色も白くて、ガサガサで、思わず「マズいっ!」と叫ぶほどの出来上がりでした。

フランス食パンって、砂糖や油脂を加えない、加えたとしても少量なので、膨らみづらいんですよね~。
HBの「フランス食パンコース」も、発酵時間を長く設定しています。
10年前に作った時は、水の温度が低かったりして、発酵が進まなかったんでしょうね。
その後、基本的な食パンを焼いてみたら、とてもキレイで美味しいものが出来たので、HBの名誉は挽回できましたが、フランス食パンは、poohのトラウマでした。

PCで「フランス食パン HB」で検索してみると、たくさんレシピがあります!
いろいろ見ながら、作成してみました。
CIMG0652.jpgCIMG0579.jpgCIMG0581.jpg
う~む、どれも若干、頭がへこんでしまう・・・。色も薄めだなぁ。

ちなみに、普段焼いているベーシックな食パンは、こんな感じ。
CIMG0713.jpg
こんがりキツネ色。形もキレイです。

フランス食パンも焼き時間を長くすれば、焼き色が付くのだろうけれど、「フランス食パンコース」のボタンを押したら、それ以上の細かい設定が出来ないHBなのです(-.-)

実験ついでに、HBでこねたフランス食パンの生地を、オーブンで焼いてみました。
CIMG0716.jpg
<レシピ>
強力粉230g、薄力粉50g、水150cc、塩4g、砂糖4g、ドライイースト3g
  ※HBで焼くより、水は50cc少なくしました。
  ※HBでこねた後、ボウルに移し、コタツで1次発酵&2次発酵。
  ※オーブンは300℃で余熱→スイッチを切って、生地を入れ5分間放置
   →200℃で30分間焼く


可愛いパンができました!
皮はパリパリで、中はしっとり。味もシンプルで、美味しいです。
これはこれで、大成功☆

でも、スイッチ1つで焼き上がりまで出来ちゃうHBは、やっぱり便利!
丸いパンも大好きだけど、HBのお手軽さには換えられないな。
これからも、いろいろ試しながら、フランス食パンを楽しんでいきたいと思います。

皆さまもぜひ応援よろしくお願いします。
「頑張れ~」と思う方、ポチっと押してただければ嬉しいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ


関連記事

トラックバック

Trackback URL