poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆日記 > 私の考え・雑学ネタ > 数字を使うとわかりやすい。だからこそ注意が必要

数字を使うとわかりやすい。だからこそ注意が必要

先日の記事(→2/25の記事)で、「スーパーのオツトメ品の残り具合」をチマチマ計算する夫・ケッチーくんの姿をお話ししました。
「認知度が低い商品(=タピオカ粉)だから1週間後も売れ残っているだろう」という自分の意見を、さももっともらしく講釈するために、わざわざ電卓まで持ち出した彼の作戦に、つい飲まれてしまったpoohです。
にほんブログ村 トラコミュ 賢く 楽しく 欲張りな マネーライフへ
賢く 楽しく 欲張りな マネーライフ

たいして根拠がない事柄でも数字を提示して説明されると、つい納得してしまうことがあります。
実際、会社員時代のpoohも、あれやこれやと数字やグラフを資料に並べて、プレゼンに臨んだものでした。

「数字を使った方が具体的なイメージを伝えやすい」というのが、その理由ですが、その底辺にはもう1つ隠れた思惑もありました。
「数字を使うと“裏付けを取った感”を演出できる」

「実際に裏付け済み」ではなく、「取った感を演出」、ここがポイントです。
たいした内容でなくても、数字を並べると地に足がついたイメージになり、知的な香りが漂います。
Excel普及のおかげで、計算式や表を使った資料作りは、今や文章作成よりもよっぽど簡単。
自分の考えを発信する側にとっては、数字はなんとも便利な道具なのです。

また、自分の考えを認めてもらうために、資料内の数字を自分の都合の良いものにする場合もあります。
もちろん、悪い数値を勝手に改ざんするのは問題がありますが、都合の良いデータのみを資料に使うということは多々あることでしょう。
売上見込みなど仮定の数値を試算する時は、好条件を最大限に羅列して、夢と希望いっぱいの最大数値を叩きだすケースも見受けられます。

同じ数字であっても、表現によって受け止める側のイメージも変わります。
縦グラフ横グラフ
上記の2つのグラフ、元の数値はまったく同じですが、縦横軸の幅や直線・曲線の使い分けによって雰囲気が異なります。
パッと見のイメージに流されず、単位や期間など細かい部分にも目をこらして自分の頭で理解することが大事です。

「○○%」という割合表記にも注意が必要です。
以前、「90%の人が支持している」と記載された新聞コラムを目にしたことがありますが、目立たない所に記載されたアンケート回答者数が40人でした。
90%と言えば「大部分」というイメージですが、なんのことはない、たったの36人。
確かに「36人が支持」では、カッコ悪すぎます(笑)。

「同じ数字でも、表現次第でイメージが変わる」

今後の生活の中でも、さまざまな数字を目にしていくでしょう。
資料を元に説明を聞いて、お金を払う機会もあるかもしれません。
そんな時もイメージ優先のデータに惑わされたりしないよう、自分の指針を持ち続けていこうと思います。

それにしても数字やグラフは、やっぱり便利。
ブログの中ではこれからも、数字を駆使して表現しようと企むpoohなのでした。

皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ
関連記事

コメント

post
2015-02-27 22:50 
プライア No.2734
そして数字に苦手意識を持っている人よりも、中途半端に理解している人の方が騙されやすいんですよね。
麻雀やトランプをしていても、人の手をまるで読もうとしない人よりも、下手に読もうとする人の方が与しやすいですから。つまり数字の認識レベルも総中流な日本人は、騙されやすい国民ということなんだと思いますw
2015-02-28 00:12 
パワーポイントとかでもっともらしく数字やグラフを使うとすごいプレゼンをしてるように見えますね。
たいてい、内容はたいしたこと無いんですが。。。
2015-02-28 08:11  プライアさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.2736
確かに中途半端な理解が一番危ないですよね。
そういう意味では、私などはまさに騙されやすいターゲットそのものだと痛感しています。
常に自分を戒めておかねば・・・(汗)
2015-02-28 08:17  招き猫の右手さん、コメントありがとうございます☆
pooh No.2737
そうそう、パワーポイント使用のプレゼンも、実はさほどたいした内容はないのです。
「プレゼンしてるぜっ!」という雰囲気作りの道具なんですよね(笑)
まぁ、雰囲気作りも大事な要素なので、それはそれでいいのですが、受け止め側はノリに流されないようにするのも大事だと思います(^^)
2015-02-28 11:01 
公表されている統計の数字や期間は、金融機関やマスメディアなどでは、相手を自分の希望する結論に誘導するために取捨選択して使いますから。
元データにあたり、計算し直してグラフ書きなおさないと、だまされることがあります。
もっとも公表されていないデータだと、面倒ですけど。
そういう時は初めから信じないという選択肢もあります。
顧客満足度No1とか・・
2015-02-28 12:27  いろいろでセカンドライフさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.2739
そうそう「顧客満足度№1」って、いったい誰がいつ言ったんだ?という感じですよね。
公開されたての映画でも「○○第1位!」と大きく記載されていたり・・・。
それらを冷静にツッコミするのも楽しみだったりしています(^^)
Comment form

トラックバック

Trackback URL