poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆生活 > 生活いろいろ > 冬期間の必需品・長靴を新調

冬期間の必需品・長靴を新調

愛用の長靴に穴を発見!
慌てて買いに行きました。
にほんブログ村 トラコミュ 頑張らない節約へ
頑張らない節約

長靴を履くようになったのは5年ほど前からです。
特に会社を辞めて以降は、冬場の外出の大部分を長靴で済ませている状態(笑)
北国在住のpooh、今や長靴なしの生活は考えられません。
深い雪や雪解けの水溜りにも臆することなく歩けるし、足首が固定されるので安定性があります。
暖かいことも重要ポイント。

今回の購入に伴い、家計簿をさかのぼって、我が長靴の歴史を調べてみました。
長靴
今回で5代目、ほぼ1年に1足のペースで購入していることが判明しました。
どれも¥5,000以下、この値段の安さも長靴の魅力ですね。

最初に購入したきっかけは、それまではダサいデザインしかなかった長靴に、オシャレなものが出回るようになったことです。

お店での長靴の種類は年々増えて、いろいろなデザインが揃っています。
丈が短いショートブーツタイプや、カラフルな花柄・水玉模様もありますね。
でもpoohが選ぶのはいつもシンプルなロングタイプ、色はカーキと決めています。
乗馬靴風のジョッキーブーツっぽいデザインなら、シックな雰囲気(あくまでも自称)を演出できますもの(笑)

今回新調したものも、まさにその条件にピッタリ。
CIMG2299.jpg
ちょうど会員セールを開催していたこともあり、冬物クリアランス価格¥3,780から5%OFF、¥3,580(税込み)で買えました(喜)

少しでも長持ちさせたいので、長靴のお手入れ方法を調べてみましたが、せいぜい「折り曲げて収納しない」くらいしか技はないよう。
裁断したゴムを貼り合わせて作る長靴は、月日が経つと劣化して固くなるため、耐久性に劣るというのが現状です。

フランスの「エーグル」や、スコットランドの「ハンター」などのブランド品なら長持ちするという話も耳にしますが、1万円以上と高額で、毎日のウォーキングで気軽に履くのが億劫になりそう。
専用の薬品を使ってお手入れしないと真っ白に粉が吹いてしまうというのも、やっかいです。
冬、凍えるように寒い玄関でお手入れするのも辛そうだし・・・。

「物は長く使う」主義のpoohですが、長靴は「消耗品」として割り切った方が良さそうです。
お手入れ不要で気軽にガンガン履きつぶす・・・アイテムによってはこんな使い方を優先させるのもいいんじゃないかな、と考えながら、今日も深い雪の中をザブザブ歩くpoohなのでした。

皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ
関連記事

コメント

post
2015-02-03 19:38 
さいもん No.2556
私も昔北国に転勤したことがあり、最初に買ったのが長靴でした。
必需品だからまめに更新したほうが幸福度が上がりますよね。
2015-02-03 20:23  さいもんさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.2557
私はずっと北国在住なのに、長靴歴は5年です。
それまでは革のブーツしか履いていませんでした。
男性はともかく、女性では長靴を持っていない人も意外と多いかもしれません(^^)

2015-02-03 22:59  安心しました
たんちん No.2558 [Edit]
安心しました、もしや黒色の定番の長靴かなと思いました
2015-02-04 00:06 
ゴムが消耗品というのはその通りだと思いますよ、基本的に劣化するものですからね。
老化防止剤などを使いますが、これも代わりに酸をキャッチするもので、時間と友に消費されますから、基本的には単純なものです。
ブランドだから長持ちするなんてことはないでしょう、せいぜい老化防止剤が大目に入るくらいなのか、廃材利用でないゴムを使っているか。。。
2015-02-04 07:36  たんちんさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.2560
定番の黒の長靴ってオジさんが履くピカピカしたヤツですよね。
さすがにそれで外出は出来ませんねぇ。
でも、あれってかなり丈夫らしいです。
数年後には私も愛用しているかもしれません(笑)
2015-02-04 07:39  招き猫の右手さん、コメントありがとうございます☆
pooh No.2561
「高いから慎重に履く」というのもあるかもしれませんね。
ファッションとしてはブランド長靴もアリなのでしょうが、普段の生活には今の安物の方が気負いなく使えて良さそうです(^^)
Comment form

トラックバック

Trackback URL