poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆日記 > 私の考え・雑学ネタ > 遅まきながら、無料バスの実態を知りました

遅まきながら、無料バスの実態を知りました

市内あちこちの大型商業施設で運行している無料送迎バス。
自転車が使えない冬期を中心にpoohも利用しています。
いつも、ご年配の方やお子さん連れの女性などで結構混雑していますね。
自家用車がない、もしくは冬の運転は控えたい、ガソリン代を節約したいという人々にとってはありがたいサービスです。
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

そんな中、あるショッピングモールの無料送迎バスが廃止されることになりました。
国が安全対策向上のために昨年4月に導入した「貸切バスの新運賃制度」によって、バス会社への委託コストが大幅に上昇したのがその理由です。
年度初めの今春から新制度が適用されるため、今回のタイミングになったようです。

今回導入された新運賃制度は、2012年4月に群馬県の関越自動車道で乗客7名が死亡した高速バスの事故を受けた措置です。

それまでのバス業界は、ダンピングによる極端な格安契約が横行していました。
ツアー価格を下げるための価格競争ばかりが先行し、その結果、車の設備面や機器のコスト、ドライバーの人件費などの安全対策がおろそかになってしまったのです。

今回の新運賃制度によって、やっと適正な価格になったという訳です。
安全を考えるのなら、これも当然の流れでしょう。

なんと、今まであまりにも低く料金が抑えられていた分、委託費が一気に2~3倍に跳ね上がるケースも見られるそうです。
一体どれだけ値切られていたのだろうかと驚きました。

今回廃止を発表した施設に続いて、他の送迎バスにも影響が出ることも予想されます。
商業施設以外にも病院や温泉などで廃止の協議が始まるかもしれません。

利用者の身としては、なかなか痛いところではありますが、やはりこれまでが問題だったのだとpoohは思います。
安全面を強化するならば、やはりそれ相応の経費は必要なのですから。

今まで当然の存在だった無料バス、廃止が決まって初めてその実情を知りました。
無料、格安という言葉は魅力的だけど、どこで何が削られているのかを見極めることも大事なのだなぁと今更ながら気づいたpoohなのでした。

皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ
関連記事

コメント

post
2015-01-29 21:58 
LCCの飛行機が墜落していたりしますが、安全コストまで削ったのかな?さすがにそれは怖いと思いますが。
安全にはカネがかかりますね。
2015-01-30 07:44  招き猫の右手さん、コメントありがとうございます☆
pooh No.2533
どうなんでしょうねぇ。
コスト削減が理由だとしたら怖すぎます。
バスについては、特に長距離深夜バスの運転手さんの過酷労働条件なども問題になっていましたよね。
やっぱりある程度、それに見合った料金設定も必要なのでしょう。
Comment form

トラックバック

Trackback URL