poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆日記 > 日常つれづれ > 「大富豪」のルールが激変していた

「大富豪」のルールが激変していた

ケッチーくんの実家で年始の集まりがありました。
今回集合したのは、pooh家の2人+義弟一家3人の計5人。
賑やかな食卓に義父母も嬉しそうでした。
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
甥っ子は小学2年生。
「トランプやろう」というお誘いに、pooh&ケッチーくんで応戦しました。

昨年のお正月は「神経衰弱」一本槍だったのに対し、今年は「大富豪」のリクエスト。
甥の成長をしみじみ感じます。

しかし、「大富豪」なんて約30年ぶり。
「結構、ローカルルールあるんだよね~」と、まずは3人でルール確認。
●カードの強さは「3~キング→1、2」
●ジョーカーはオールマイティ。


フムフム・・・思い出したぞと頷いていましたが、続いて甥の口から発せられた「エイト流し、イレブンバック」という初耳キーワードに動揺するpooh&ケッチーくん。
甥の説明によると
●エイト流し:8を出したらその回は終了。
●イレブンバック:11(ジャック)を出したらカードの強さが逆になる(つまり3が最強になる)。
 

なんだかよくわからないけれど、まずは実戦と早速ゲーム開始となりましたが、まだまだ続けたいのに8を出してしまったり、エースや2が手元にあるのにジャックを出して自滅したり・・・。
ルール改正についていけない昭和世代、ボロボロの結果に(痛恨)

しかも「大富豪」での必殺技、「革命」の定義が甥にはないのです。
●革命:同じ数字を4枚、もしくは連番を4枚出すと、カードの強さが逆になる。
まぁ、「イレブンバック」で、しょっちゅうカードの強さが変化するので、「革命」の出番など不要と言えば不要です。
それまでの流れをぶった切るような衝撃的な変革よりも、小さなスパンでの変化を好む現実社会を象徴しているような気もします。

帰宅後、「大富豪」でネット検索してみると、これ以外にも多くのルールがありました。
●スペード返し:「エイト流し」や「イレブンバック」などの特殊効果を、1枚の時のみスペードで返すことができる。
●5飛び:UNOに類似したルールで、5を出すと次のプレイヤーの順番を飛ばすことができる。6や10、Kにこの役割を持たせることや、出した枚数分だけ飛ばすことができることもある。
●テポドン:手札に同一のカード4枚が揃い、且つ、ジョーカーも2枚全て手札にある時、そのプレイヤーは以上の6枚を出した時点で上がることができる。

などなど・・・

サラッと検索しただけでも出るわ出るわのローカルルール、もう完全にお手上げです。
きっと来年、再来年には甥も更なる新ルールを提示してくるでしょう。
もう「遊んであげる」ではなく、「遊んでもらう」立場です(笑)

新情報についていける柔軟性を保とうと思いつつ、成長著しい子供と老いていく一方の我が身の差を痛感するpoohなのでした。

皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ
関連記事

Comments

post
2015-01-03 22:02 
大富豪って小学生以来やったことないですね。
ルールも激変しているんですね。
ドローポーカーなら基本的に変わらないんでしょうか。
2015-01-04 07:44  招き猫の右手さん、コメントありがとうございます☆
pooh No.2325
ドローポーカーって、私はやったことないです。
高校時代にドボンをよくやっていましたが、これはアメリカンページワンの変形みたいですね。
ベースのルールはすっかり忘れてしまいましたが、トランプにはまった思い出は懐かしいです。
甥の思い出作りにも協力できたかな(^^)
2015-01-04 09:33 
プライア No.2326
大富豪はとっても得意です。理不尽でないローカルルールは色々採用したことがありますが、エイト流し(通称8切り)は割とメジャーで、YAHOO大富豪でも採用されています。
あと「ロック」っていうルール(2人続けて同じスートを出すと次以降はそのスートしか出せなくなる)も割とメジャーで戦略的です。うーん、久しぶりにやりたくなって来ました。
2015-01-04 12:26  プライアさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.2327
「大富豪」、私自身は中学生時代にさんざんやった思い出があります。
当時は結構強くて「大富豪の鬼」だったのに、ルール改正についていけない自分に人生の悲哀を感じましたね(笑)
いつかプライアさんともお手合わせ願いたいものです(^^)
Comment form

Trackback

Trackback URL