poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆日記 > 私の考え・雑学ネタ > 「暮しの手帖」は私のライフスタイルの原点です

「暮しの手帖」は私のライフスタイルの原点です

あけましておめでとうございます。
1年の最初なので、今日は自分自身のことを改めて振り返ってみようと思います。

小1の頃から、お小遣い帳をつけ始めたpooh。
お金の記録をつける習慣は、それ以来途切れることなく40年近く(!)続いています。
にほんブログ村 トラコミュ ◇家計簿*お金事情*◇へ
◇家計簿*お金事情*◇
そして子供の頃から、物を持たないシンプルな暮らしが好きでした。
自己管理が好きな、あまり子供らしくない子供だったと思います(笑)

このマメさは家庭環境による部分も大きかったのでしょう。
①三人姉妹の長女の「お姉ちゃん体質」
②父が転勤族だったため、引越が多かった

それともう1つ、poohの人格形成に大きな影響を与えたものがあります。
kurasinotetyou.jpg
雑誌「暮しの手帖」です。
(画像は図書館から借りてきた2014年6・7月号)

<「暮しの手帖」とは?>
1948年に創刊された家庭用総合生活雑誌。
主な内容は家庭婦人を対象としたファッションや飲食物/料理、各種商品テスト、医療/健康関連の記事や、様々な連載記事や読者投稿欄等。
Wikipediaより抜粋引用)

母が愛読していたこともあり、小学校低学年の頃からpoohも読んでいました。
当時はスーパーでも見かけなかった外国製チーズの特集やパンの作り方、家電の商品テストなどを文字通り食い入るように読んでいました。
文字が多く、かなり読み応えのあるこんな本を読んでいたとは、今思えば、やけにシブ好み(笑)

そんな主婦向け雑誌から得た知識は、知らず知らずのうちにすっかり身につきました。
・食事を自分で作ること。
・物を大事に長く使うこと。
・自分なりの美意識を磨くこと。

poohの「当たり前」は、「暮しの手帖」から学んだ部分も大きいのです。
そう言いつつも、中学生になった頃から部活や勉強に忙しくなって、だんだんと距離を置くようになり、高校卒業以降はすっかりその存在すら忘れていました。

先日、たまたま現在の「暮しの手帖」を手に取る機会があり、「わ~、懐かし~」とパラパラめくってみてビックリ。
「今の自分の生活に近い!」
40歳を越えた今だからこそ、読者層にピタッとはまり、より楽しんで読めるようになりました。

とは言え、ややお堅いイメージの「暮しの手帖」と比べると、poohの実生活はズッコケ要素高め。
でも、やっぱりベースは同じだと思います。

そしてもう一つ、なんと、このブログとの共通点もありました!
「広告がないこと」

「暮しの手帖」には広告がありません。
「雑誌の全ての部分を自分達の目の届く所に置いておきたい」という理念から、外部からの広告は一切受けていないのです。

poohはブログに広告を貼っていません。
「暮しの手帖」ほど高尚なポリシーがあるわけではないのですが、商業主義に左右されない自分の視点を大事にしようと考えているからです。
そもそも「お金を稼ぎたい」のであれば、poohの場合は外で働く方がずっと効率的です。
あえて会社勤めを辞めた今、「ブログで稼ごう」という気にはなりません。

もともと、「学生・会社員時代の休憩時間」をイメージしてスタートさせたブログ。
その時に自分が感じたことや、普段の自分の生活を好きなように語りたいのです。
これもいつのまにか自分に浸透した「暮しの手帖」的スタイルなのかもしれません。

そんな訳で今年もまた、多方面からいろいろな話をしていくつもりです。
どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ
関連記事

Comments

post
2015-01-01 17:52 
たんちん No.2310 [Edit]
暮しの手帖に載っているレトロ風なリビングやキッチンにあこがれます。
食べ物よりテーブルとかのインテリアに目がいきますね。

センスの良いお年寄りなんかも出てきて興味がそそられます。
2015-01-01 18:31  たんちんさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.2311
「暮しの手帖」に出ているお宅のインテリア、確かにステキですよね。
ああいう家に私も憧れます。

久々に読みましたが、雑誌の世界観は昔と同じでした。
ブレがない点も見習っていこうと思います(^^)
2015-01-01 23:14 
ダルシム No.2312
物を買わない、消費をしないってことが美徳とは思わないですけどね。
投資までしている人が商業主義を否定って矛盾してると思う。
世の中みんな超節約主義になったら成り立たないです。
極端な節約志向は「自分だけならいい」っていう自己中心的な感じもします。
2015-01-02 05:33 
「暮しの手帖」そう言えば、子供のころ我が家にもあったかも。
あと、「婦人画報」とかいうものも。

ブログに広告貼っていないのも同じかな?

もっとも私のブログは、poohさんご夫妻のようにブレないブログと違い、書いてあることが、ブレブレで行き当たりばったりで、興味も長続きしないという性格そのもののブログなのですけど。

本年もよろしくお願いします。
2015-01-02 08:00  ダルシムさん、はじめまして
pooh No.2315
商業主義について否定するつもりはなく、ブログには広告を貼らないでおくというだけです。
我が家の生活が世の中の主流になるとは私も考えていません。
ただし、こういうスタイルを選択する自由もあって良いと思っています。
2015-01-02 08:17  いろいろでセカンドライフさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.2317
「婦人画報」も懐かしいですね。
いい紙使っていて、すご~く重かった記憶があります(笑)
いつのまにか、そういう大人雑誌のターゲットにすっかりハマるようになりました。
子供時代とは違う視点で楽しめそうです(^^)
Comment form

Trackback

Trackback URL