poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆日記 > 私の考え・雑学ネタ > 散骨の選択肢。宇宙葬という変わり種も

散骨の選択肢。宇宙葬という変わり種も

子供がいないpooh家。
最近、自分たちが死んだ時のことをいろいろ考えています。
・・・なんて言うと、ちょっと深刻にも聞こえますが、夫婦で笑いながら、あれこれおしゃべりしているだけです(笑)
お互い健康で、まだまだ先だと思っているからこその話題だとも思います。

先日はお墓をどうしようか、いろいろ検討しました(→11/18の記事)
出来るだけシンプルな方法を模索しようという中、「散骨」という選択肢も浮上しました。

お墓を持たず、骨を自然に返す散骨。
しかし、「日本では違法である」と耳にしたような気も・・・

<結論>遺骨を粉状(直径2~3mm程度)にすれば散骨も可能

遺骨をそのまま撒くと、「遺骨遺棄罪」という罪に問われます。
確かに「骨」のままで、どこかの土地に撒くのは大問題でしょう。
灰状にして節度を持って行えば違法性はない、というのが現在の見解らしいです。

成人男性の骨を火葬して灰にすると、およそ2㎏になるそうです。
それくらいの量なら自宅の庭に撒くのもアリなのか?と調べたところ、どうやらこれは不可能。
近隣からのクレームにつながり、問題となったケースが発生しています。

「節度」面でNGということですね。
自分は気にしなくても、すべての人が同じように捉えてくれるとは限りません。
近隣の土地の買い手が見つからなくなるなどの民事的問題の可能性を考えると、墓地以外の陸地での散骨は難しそうです。

そうなると、どこに散骨すれば良いのでしょうか?
海に撒く方法が最も一般的らしいです。
海と言っても、海岸近くは近隣への影響を考えて不可。
船やヘリコプターで、10㎞くらい沖に出て行うのが良いそうです。
最近は業者もいろいろあり、安いプランなら3万円程度の費用で済みます。

面白いものとしては「宇宙への散骨」もあります。
アメリカ・テキサス州にある会社で、宇宙葬用のロケットを打ち上げています。
ザックリ調べてみると、料金はこんな感じ。

①「宇宙に打ち上げるコース」45万円~
②「人工衛星として地球軌道上を周回させるコース」95万円~
③「月面まで届けるコース」250万円~
④「大宇宙へ旅立たせるコース」250万円~


当然ながら、なかなか高額でした。
でも、「スタートレック」の作者ジーン・ロッデンベリー氏の遺骨も宇宙空間に打ち上げられたと聞き、ミーハーなpoohは興味深々。
まぁ、pooh家で宇宙葬を執り行うことは、まずありませんが(笑)

宇宙葬はともかく、お墓は持たず散骨という考え方は、今後ますます増えていくと思います。
業者による企画の類も、バリエーション豊富になっていくに違いありません。
「シンプルに最期を迎えたい」という思いをベースにして、pooh家はpooh家のやり方を模索していくことになりそうです。

皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ
関連記事

Comments

post
2014-11-20 16:29 
retire2k No.1906
散骨はトラブルも多いので、それ用に用意された樹木葬もあります。
明確な墓石がない一種の合葬墓ですね。
2014-11-20 16:35  retire2kさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.1907
当初は気軽に考えていたのですが、散骨のトラブルって多いみたいですね。
樹木葬も我が家向けのような気がします。
いろいろあるから、じっくり考えていこうと思います(^^)
2014-11-20 17:30  初めまして^^
lunamama No.1908
 私も子無しで、最近定年後を通り越して死んだらどうするか?を
 考え始めている主婦です。
 私の住んでいる千葉県では海に散骨をして下さるお寺さんがいくつかあるので
 お願いしよう!と思っていたのですが・・・トラブルが多いのですか。。。知らな
 かったです。
 樹木葬と言って良いのかわかりませんが、1mほどのサークル状の花壇に80人
 程の人を埋葬し、その上で好きな花を植え育てながら永久供養する墓地が最近
 TVでやっていたんですよ!! これからはそういったお墓のあり方も出てきてる
 ので、ゆっくり考えてもいいかもしれませんよ^^
2014-11-20 18:58 
なかなか自分の好きなとこに撒くということもできないんですね。これもひょっとしたら散骨が一般的になる時代がくるかな?^^
私もまだ時間がある(はず)ので妻とともに考えたいと思います。
2014-11-20 19:00  lunamamaさん、はじめまして!
pooh No.1910
「トラブルが多い」と言っても、私がサラッとネットで調べただけなので、信頼できるお寺や業者を選べば、おそらく大丈夫だと思います。
散骨については、これからどんどん法律や条例も整っていくのではないでしょうか?
自分にとって最適な方法をお互いに見つけられるといいですよね。
今後もいろいろなことを綴っていきますので、また遊びにいらして下さいね♪
2014-11-20 19:04  クロスパールさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.1911
私は、散骨をもっと簡単に捉えていたので、ちょっとビックリしちゃいました。
まっ、よくよく考えてみればそれも当然なのかもしれませんね。
でも、きっと今後は散骨希望者も増えると思います。
いろいろな方法が出来てくるでしょうから、その時にベストなものを選べればいいかな(^^)
2014-11-20 23:35 
おお、宇宙葬いいですね!
これは知らなかった。
遺骨を4分割して、4つともするのも手じゃないですか。
高額とはいっても早期リタイア者なら死亡時に普通に持ってそうな金額ですよね。
2014-11-20 23:46 
kako No.1913 [Edit]
散骨を簡単に考えていたのでとても参考になりました。猫はいるけど子供はいない
一人暮らしなので死んだら灰にして太平洋に撒いてねって友人に頼んでいたのです。以前に飼っていた猫たちの灰もあるのでみんな一緒にしてなんて考えていました。。。。。住んでいるアメリカの法律はわかりませんけどなんとなくその辺に撒いても誰も何も言わないと思うのですが、、、、甘いかな。。。。土地がたくさん余っているから、、、、、
2014-11-21 07:41  招き猫の右手さん、コメントありがとうございます☆
pooh No.1914
絶対手が届かない!と思うような金額ではないところがミソですよね。
「最期だし、パ~ッと散財しちゃおう」と、宇宙葬にするのもアリかも(^^)
私としては月コースが魅力です。
しかし、ホントに月まで行くんだろうか?
怪しさを感じるのは私だけ?
2014-11-21 07:44  kakoさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.1915
アメリカではどうなんでしょうね?
ハワイでは、そこかしこに散骨するのは不可という条例があるそうです。
灰なんだから構わないと思っていたのですが、意外といろいろ問題があるものなんですね。
私も今回、知識を得られて良かったです。
2014-11-21 11:34 
火葬後、拾骨しますが、この時、拾えないものは
残りは火葬場にて専門業者が入り貴金属類は売って
合葬あるいは埋め立て処理すること多いと聞きます。

拾うのを最低限にして、散骨の量を減らしましょうか?

そして、宇宙に旅立ちますか。

私は、アフリカの大地溝帯の溶岩の中に投げ入れてもらえるとうれしいなぁ。


2014-11-21 11:56  いろいろでセカンドライフさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.1917
アフリカの溶岩の中!これもなかなか魅力的なプランですね(^^)
こんな風に夢を広げてみるのも悪くないです。
たぶん我が家は、すご~くシンプルに執り行うでしょうけれど(笑)
Comment form

Trackback

Trackback URL