poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆生活 > 節約・家計管理 > 公開!私のお小遣い。会社員時代から無職の現在ビフォーアフター

公開!私のお小遣い。会社員時代から無職の現在ビフォーアフター

ちょうど1年前に会社を辞めて、アーリーリタイア生活を送っているpoohです。
にほんブログ村 トラコミュ ◇家計簿*お金事情*◇へ
◇家計簿*お金事情*◇
会社員時代から振り返ってみると、pooh個人のお小遣いに大きな変化があることが判明しました。
退職前と後の支出額を表にしてみましょう。

※退職前:2002年1月~2012年12月までの11年分
※退職後:2014年1月~10月までの10ヶ月分
1ヵ月あたりの平均金額を算出。
お小遣い
なんと!退職してからは
会社員時代の1割にも満たない金額に(驚)

・・・いや、これは重々わかっていたことです。
<退職前>
①外食:社員食堂でのランチ、休憩時間のおやつ(飲み物は自宅から水筒持参でちょっと節約)
②服飾:通勤用のスーツ、パンプス、バッグ、アクセサリー
③化粧品:それなりのフルメイク
④美容院:1ヵ月~1ヵ月半に1回ペース。トリートメントなどのオプションも。
⑤教養・娯楽:新刊本購入など。通信教育などの受講も。
⑥交際:同僚や友人との飲み会、ケッチーくんにプレゼントなど。

<退職後>
①外食:ほとんどなし。ごくたま~に1人で外出してもファストフード中心。
②服飾:¥540ジーンズなどの古着スタイル中心。
③化粧品:日焼け防止策としてのファンデのみの日が多い。
④美容院:2ヶ月に1回ペース(→7/27の記事参照
⑤教養・娯楽:購入頻度ダウン
⑥交際:飲み会、プレゼント購入ともに頻度ダウン

会社員としての身だしなみを整えるのに、結構高額なお金を費やしていました。
もともとファッションやメイクが好きなこともあり、シーズン立ち上がりにドーンとまとめ買いをしていたのです。
化粧品も結構高額なものをセット購入していましたっけ(遠い目)

でも、飲み会などの交際費も含めて、「無駄遣いをした」という気持ちはありません。
これらは当時の必要経費だったし、十分楽しめたからです。
その時得たものは、現在、何らかの形で役立っているなと感じています。

退職以降、節約を自分に義務づけたわけではないのですが、自然と生活が小さくなりました。
出かける機会が少ないので当然の結果とも言えましょう。

でも、減ったのはお小遣いだけではありません。
1日中家にいるようになったのに、家計の支出も縮小傾向なのです。

家計については、毎月ブログで公開していますが、会社員時代、お小遣いから出していたランチ分も負担するようになったのに、食費はほとんど変わりません。
自炊が増えた分、ガス代は若干増加しましたが、電気、水道、灯油代は減っています。
これは、日頃の努力の賜物でしょうね。

流行最先端の世界にはちょっと縁遠くなったけれど、古着や古本を楽しめるようになりました。
老け込んではならじ!と、秘かに体重キープやお肌の手入れに勤しんでいるのも功をなしている(あくまでも自称)と思います。
昔の1割のお金で十分なのです。

・・・などと言いつつも、夫婦で出かけた時の外食や、新刊本の購入の際に、ケッチーくんに払ってもらうことが多くなりました(照)
「poohは美容院代がかかるからね!」とアピールし、小判ザメになるのです。

「男性に払ってもらうのが当然」と考えているわけではありません。
でも、poohに髪を切らせるケッチーくんは、理容代がゼロなのです(→3/1の記事4/28の記事
「おうち床屋さんはpoohのバイト」だと考えれば、心苦しく思う必要はありません。
毎月バリカンを手にするたびに、「これで日々の外食代はチャラだよね~」と、ケッチーくんに恩を着せる、ちゃっかり屋のpoohなのでした(笑)

皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ
関連記事

Comments

post
2014-11-02 16:36 
女性の中には、買うという行為そのものに充足感を見出す方々もいらっしゃるので
poohさんは違ったのですね。
多くの女性には耐えられなかったかもしれないですから。

お肌の手入れに関しては、お化粧自体は肌に負担をかけるはずですから、自分の肌に合う、保湿と日焼け止めをしっかり行えば、肌にとっては大変良い状態だと思いますよ(高価なものなんて全然必要ないはず)。
だって、おなかの皮膚って、日焼けしやすく乾燥しやすいデコルテよりも、若さを保っているでしょうヽ(*’-^*)。
あと、洗顔のとき、皮膚をこすりすぎない(こすると角質痛んで乾燥しやすく炎症起こしやすい)、洗顔後は保湿してあげる。
あ!こんなこと言う必要ないですね、おせっかいですみません(人;´Д`)。
2014-11-02 17:47  いろいろでセカンドライフさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.1692
いえいえ、的確なアドバイス、本当にありがとうございます!
そうなのです。
高~い化粧品を使っていた時代と比べて、今の方が肌のコンディションも良好です。
ストレスフリーな生活だからでしょうね。
睡眠時間もたっぷりだし(笑)

夫が隣で「“デコルテ”ってどこ?」と騒いでいます。
確かに男性には縁遠い言葉かもしれませんね。
いろいろでセカンドライフさん、もしかして美容関係のお仕事なのかしら?と想像を巡らせています(^^)
2014-11-02 18:34  http://hudousannokamisama.blog61.fc2.com/
たんちん No.1693 [Edit]

poohさん
古着古本で楽しむ事が出来るのは、能力のいる事です。poohさん夫婦は賢い人だからローコストで楽しめるんだと思いますよ。節約系の方は皆さんIQが高く、自分に無いものなので魅了的に感じます。
2014-11-02 19:10  たんちんさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.1694
古着古本は確かに目利きが必要かもしれませんね。
とは言え、私もさほどセンスがあるわけではないんですよ。
「欲しい」と心底思える物に出会えるまでじっくり探すのがポイントだと思います。
私もまだまだ勉強中です(^^)
2014-11-02 19:17  すっげ~!
パルタ7 No.1695
こんばんは。

退職後の毎月の支出が退職前の10分の1になるとは、凄いですねぇ!!しかも無理して節約した訳でもなく、自然とそうなっているとは大したものです。私も退職後は同僚・知人との付き合いが殆どなくなったため、交際費は大幅に減少しましたが、その他の支出はあまり変わらず、毎月通帳の預金残高が少なくなっていくのを、指をくわえて見ているだけ。poohさんが羨ましい!
2014-11-02 20:30  パルタ7さん、コメントありがとうございます☆
pooh No.1696
退職前の数字は11年間分から算出した平均値なので、いきなり10分の1になったわけでもないのですが、でも確かに急降下しました。
退職前は使いすぎていた、というのが本当のところかもしれませんね(笑)
これからは細々と、その時必要なものだけにお金を使っていこうと思います(^^)
2014-11-02 23:57 
服飾費の下げがでかいですね。
男でも服飾費はスーツや革靴がいらなくなるからきっと下がるんでしょうね。
2014-11-03 07:29  招き猫の右手さん、コメントありがとうございます☆
pooh No.1698
夫もスーツ類を購入しなくなって、かなりの金額が浮いたようです。
会社に勤めるにもお金がかかっていたんだな、と実感しました(^^)
2014-11-03 08:45 
10ヶ月で1万未満とはすばらしい! 
スモールワールドになるとやはりお金を使う頻度は少なくなりそうですね。それで満足できる生活ができるのか、できないのか?もリタイアするときの一つの基準になりそうですね。資金が有り余ってればいいんだけど^^
2014-11-03 09:13  クロスパールさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.1700
10ヶ月で1万未満ではないですよ~。
退職前、退職後、それぞれ「1ヶ月あたりの平均額」です。
1ヶ月につき9万円近く使っていたのが8千円ほどになったというわけです。

わかりにくかったかな?と思い、「1ヶ月あたりの平均金額を算出」の部分を赤文字にしてみました(^^)
2014-11-03 16:07 
す、すいません>< とんだ間違いを。
10ヶ月で1万未満はさすがのpoohさんでも無理ですよね。^^
記事にも手を加えてもらったようでほんますいません><
2014-11-03 16:17  クロスパールさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.1702
いえいえ、こちらこそです(^^)
細かいところは気になさらず、今後もどんどんコメント頂ければ嬉しいです♪
2014-11-04 19:07 
sos No.1717 [Edit]
これはすごい!
もしPoohさんが男性で化粧品と美容院がなかったら、1日100円以下ですもんね。
見習わなくては。
大変刺激になりました。
2014-11-04 20:07  sosさん、はじめまして!
pooh No.1718
いえいえ、これはあくまでもお小遣い。
家計は別ですから、ほんの参考までの数字です。
ほとんど外出していないので、こんなものだと思いますよ。
実際、うちの夫はほとんどお金を使っていないですよ(^^)
Comment form

Trackback

Trackback URL