poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆生活 > 節約・家計管理 > 室温15℃に慣れた体で思うこと。

室温15℃に慣れた体で思うこと。

市内の実家に遊びに行ってきました~。
同じ市内に住む妹もやってきて、久しぶりに両親&poohと4人でランチ。
母が作った鍋焼きうどんを、ご馳走になりました。

食べている間、「暑い・・・」と感じたpooh。
ストーブは、22℃の自動設定になっている模様。
なるほど、暑いと感じるわけです。
だって、pooh宅の室温は15℃が基本なのですから!
CIMG0683.jpg
最近の起床時は、11℃くらい。
ストーブを点けますが、常に微小モード。
2,3時間で15℃になります。
15℃になった時点で、ストーブはOFF!
これが、poohの基本パターン。
すっかり15℃の室温に慣れたらしく、逆に丈夫になったような気がする。
pooh宅に両親が来たら「寒い」とブーイングだろうなぁ(苦笑)

そして、もう1つ。
今日、妹に「動物園チケット」をプレゼントした時の一コマ。

これは、今夏、自治体で実施していた「節電キャンペーン」に応募して当たったもの。
poohは、動物園には行かないので、子供を持つ妹なら使うかなと思い、持参しました。
「ありがとう!」と喜んでくれた後、「節電キャンペーンって何?」との質問。

「節電して、電気使用量の明細コピーを送るんだよ。poohは、去年はお米、今年は動物園チケットが当たったんだよ!」と張り切って説明しましたが、「ふ~ん・・・」←まるっきり興味なし。
同じく両親も、節電キャンペーンの話題には無関心でした。

そっか~、キャンペーンの告知を見た時から、poohは小躍りして応募の準備をしたけれど、皆が皆、張り切るわけじゃないんだな。
当然といえば当然のことですよね。

母も妹も専業主婦で、家事はキッチリ管理している方ですが、「節約」のベクトルが、poohとは違うようです。
室温が15℃だったり、節電したり、自家用車を持たなかったりは、poohにとっては、ゲーム感覚で楽しんでいる要素が大きいのですが、単なる「ケチ」に見える場合もあるのでしょう。
こういうのが「価値観の違い」なんでしょうね~。改めて実感。

まずは、pooh宅に誰かが遊びに来る時だけは、ストーブの温度設定を上げておくことにしないとね

<2つのランキングに参加しています>
応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ
関連記事

Trackback

Trackback URL