poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆生活 > 手作りご飯 > 面倒な手仕事も、こんな感じで乗り切ります

面倒な手仕事も、こんな感じで乗り切ります

夏の間、大活躍した大葉もとうとう終了。
茶色く変色した葉っぱの間に、たくさん実がつきました。
CIMG1951.jpg
にほんブログ村 トラコミュ みんなで楽しく家庭菜園へ
みんなで楽しく家庭菜園
このまま放っておくと固い種になってしまいますが、先日の記事でもお話ししたとおり、家庭菜園で採れるものはとことん利用する主義のpoohです。
頃合いを見計らって、しっかりと収穫しましたよ。
大きなボウルに一杯採れました。
CIMG1952.jpg
甘辛く煮詰めて佃煮にします。
ご飯のお供、おにぎりの具にもピッタリです。

指でしごいて、小枝から実だけを外していきます。
キッチンに立って作業を始めた瞬間、「オレもやるよ!」と、ケッチーくん登場。
「佃煮を作らなきゃ。でも結構手間がかかるんだよな」と、前日からブツブツ呟いて、「キミも手伝え」と、さりげなくプレッシャーをかけていた効果があったようです。ニヤリ。
CIMG1953.jpgCIMG1954.jpg
小枝から外すと、約半分の量になってしまいました。

これを水につけてアクを抜き、水気を絞って鍋に入れます。
砂糖、みりん、酒、醤油を加えて煮詰めて完成!
CIMG1956.jpg
小瓶に1.5本。
市販のシソの実佃煮なら1瓶¥500ほどだから、合計¥750分くらい?

刈り取りに50分、小枝外しで20分×2人、加熱に15分ほどかかりました。
合計すると、およそ2時間かかったことになります。
自分で手作りしたものを市販価格に当てはめて、「お得!」と喜ぶのがpoohの生き甲斐ですが、今回の佃煮は、手間の割には若干報われないような気もします(笑)

そうそう、もう熟しそうにない青トマトもピクルスに調理しましたよ。
CIMG1962.jpg
塩もみした青トマト・玉ネギに酢、砂糖、カレー粉を加えて寝かすだけ。
・・・こう言うと簡単なのですが、青トマト1㎏もあるから大変なのです。
40分かけて、せっせと1つずつ半分に切って漬け込みました。
市販価格にしたら・・・いくらだろう?
ネット通販などで見ると、200g¥700くらいのものもあるみたいです。

今回作った総重量はおよそ1.6㎏・・・¥5,600分!
おおっ!そんなに高価ならば、この苦労も報われるというもの。
いきなり目の前がパアァッと明るくなった、現金なpooh(笑)

佃煮もピクルスも、かなり手間ひまかかります。
食べる時に感じる幸せのために・・・と言いたいところですが、本音は「これはいくらになるだろうか?」という計算で頭はいっぱい。
「オシャレな瓶に入れてみたらどうだろう?」、「瓶はあえて小さ目サイズの方が高級感出るかな?」、「カントリー調のくすんだ赤色のラベルが似合いそう」
連鎖反応でどんどん膨らむ空想に没頭しながら、手仕事に励むpoohなのでした。

皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ
関連記事

Comments

post
2014-10-12 20:40 
たんちん No.1453 [Edit]
無農薬の商品は二倍ぐらいの値段でも良いと思いますが
2014-10-12 21:41  たんちんさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.1454
いやぁ、これでも十分ボッタクリ価格ですよ(笑)
佃煮やピクルスなどの加工品はなかなか買えないので、手作りで楽しもうと思います(^^)
2014-10-13 10:48  てんぷら
節約パパ No.1455 [Edit]
はじめまして!
大葉の実はこういう食べ方もあるんですね。

うちはもっぱら天ぷらにして食べました( ^∀^)
2014-10-13 13:59  節約パパさん、はじめまして!
pooh No.1456
シソの実の天ぷら、子供の頃に食べた記憶があります(^^)
すっかり忘れていました。
来年あたり作ってみようと思います。
いいこと思い出せました。ありがとうございます!
2014-10-16 22:09 
ネーブル No.1495 [Edit]
大葉だけ食べて、今までしその実の存在を考えたこともありませんでした。
教えてくださって、どうもありがとうございました。
私は今日、作りました。
美味しかったです^^
2014-10-16 22:34  ネーブルさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.1496
プチプチした食感がたまらないですよね(^^)
結構手間がかかるのですが、完成後の達成感が心地よくて、我が家では毎年作っています。
秋の食卓の楽しみの一つなんですよ。
Comment form

Trackback

Trackback URL