poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆日記 > 私の考え・雑学ネタ > ベジタブル&フルーツアドバイザーVS野菜ソムリエ

ベジタブル&フルーツアドバイザーVS野菜ソムリエ

本屋に行くと料理本コーナー、特に芸能人による料理本のチェックを欠かさないpoohです。
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
先日は、元モー娘・辻ちゃんのご主人、杉浦太陽くんの料理本を発見しました。
彼は「ウルトラマンコスモス」も演じたイケメン俳優ですが、最近はすっかり“パパ”路線です。

本の表紙で、「ベジタブル&フルーツアドバイザー」と、太陽くんを紹介していました。
「“パパ”だけではなく、料理タレントとしてもやっていくぜ」と、資格を取得したのでしょうね。
ニッチ戦略で頑張る、彼の意気込みを感じます。

「ベジタブル&フルーツアドバイザー」と似ている資格に、「野菜ソムリエ」があります。
芸能人や女子アナが多数取得しているので、こちらの方がメジャーですね。
ちなみに、現在の正式名称は「野菜ソムリエ」ですが、2010年3月までは「ベジタブル&フルーツマイスター」という資格でした。
オシャレっぽいし、知的な雰囲気があるので、女性に人気のある資格です。

「野菜ソムリエ」と、太陽くんの「アドバイザー」、表にまとめてみました。
「野菜ソムリエ」には、初級・中級・上級がありますが、ここでは最も一般的な「ジュニア(初級)」について記載しています。
資格
こうやって見ると、太陽くんの「アドバイザー」、お手軽感が否めません。
(太陽くん、本の表紙にわざわざ資格名を明記しない方がカッコいいかも・・・)

太陽くんのことはさておき、両方とも結構な費用がかかることに驚きますね。
特に、野菜ソムリエは軽く10万円超え、しかも「更新料」とはなんぞや?

これは、民間団体や個人が自由に設定し独自の審査基準を設けている「民間資格」だからです。
団体を維持するため、つまり営利目的で作られた資格なので費用も結構かかります。
「野菜ソムリエ」の場合は、資格取得後「プレミア会員」なるものに任意加入できるのですが、これが年会費¥12,000。
そして、中級を目指すなら¥172,500、上級なら¥357,000と、更に高額な費用が必要です。
資格主催団体の運営、なかなかおいしい商売です。

もちろん、「野菜ソムリエ」も「ベジタブル&フルーツアドバイザー」も、きちんとした団体が主催している正当な資格ですから、なんら問題はありません。
でも、この資格を取って即活用できるかと言うと、芸能人ならまだしも一般人には難しいのも事実。

「勉強したい」「知識を得たい」という気持ちは大事なこと。
資格を得るという達成感は、何ものにも代えがたい充実感があります。
実際、pooh家の2人も過去に民間資格をいくつか取得しました。

仕事関連で必要だったり、自分が興味を持った資格を自分のお金で勉強して受験しました。
しかし、定期的な更新料や、団体に属する会費など、取得後にかかる費用もバカになりません。
そのつど考えて資格の更新を止め、現在はゼロの状態です。

「あの資格、更新流したんだ」と、友人に話すと「もったいない」とも言われますが、現在のpooh家には資格証は不要。
「頑張って勉強した」という自己満足と、若干の知識しか残っていませんが、未練はありません。

「資格を取ることの意味」
これは自分自身がいかに、その資格を活かせるかにかかっています。
今後資格を取るならば、自分の目的とその費用が見合っているか、じっくり考えてからにしようと思うpoohなのでした。

皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ
関連記事

Comments

post
2014-09-20 17:20 
たんちん No.1280 [Edit]
宅建主任者   AFP  マンション管理士
(旧)不動産コンサルティング(旧)損害保険普通資格
(旧)増改築相談員 (旧)マンションリフォームマネージャー

を自己満足で取りました。情けないのですが、この自慢してる時が嬉しい恥ずかしい人間です。宅建、保険以外は全く仕事につながってません。しかも、継続するのにお金がいる程度の誰でも取れる資格ばかりです。
2014-09-20 17:23  http://manekinekonomigite.blog.fc2.com/
招き猫の右手 No.1281
私はFP2級というのを持っていましたが、意味がないので何年も前にすっぱり捨てました。
取ったときは仕事とちょっと関係あったんですけど、あの時点で既にいらないものだったし、更新のための勉強費用がちょこちょこかかって、さらに年会費が1万2千円も取るというボッタクリ仕様。

こういうのは日本人が資格を有難がるのに乗っかった資格商法ですね。
TOEICも世界で受けているのは日本人と韓国人くらいらしいですね。
2014-09-20 19:05  たんちんさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.1282
わぁ、たくさんお持ちですね(^^)
不動産会社勤務のたんちんさんでも、宅建、保険以外は仕事につながらないんですね・・・
資格の活かし方、なかなか険しい道のりです。
2014-09-20 19:18  招き猫の右手さん、コメントありがとうございます☆
pooh No.1283
FP2級、うちの夫も試験に合格しました。
でも、その後の入会金支払いの段階で流したそうです。
「オレに必要だったのは知識だけだからね」と、言ってました。

受験までにかかった費用は、当時制度があったハローワークの「教育訓練給付金」と、会社の補助でほとんど無料でまかえたそう。
とことんコストにこだわる彼らしいな、と思います。
2014-09-20 21:13  資格の意味
自分自身がいかに、その資格を活かせるか

まったくそのとおりです
私も若い頃は資格を積極的に取ってきましたが
ばかばかしくなり、途中で完全にやめました

ちなみに原付免許は40歳で取得しました
乗らなくなったら免許は余裕で捨てます
2014-09-20 21:19  消費しないピノキオさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.1285
我が家と同じですね~。
若い頃に勉強したことは良かったと思うので、全てムダと言う訳ではないのですが、維持費の高さには辟易します。
今後は自分で読書をするなりして見聞を広げていけばいいかな(^^)

2014-09-21 07:33 
prire No.1288
たっかー。
最近は自宅受験なんてのがあるんですね。しかも得点率70%で良いのなら真面目にやれば誰でも受かりますし、主催団体が儲けるために作られた資格で、天下りが得をするだけの仕組みにしか見えないです・・・
2014-09-21 07:43  prireさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.1289
ベジタブル&フルーツアドバイザー、合格率は限りなく100%に近いでしょうね。
資格主催団体の経営、なかなか儲かりそうです。
「一般社団法人 日本アーリーリタイア協会」、設立してみようかな(笑)
Comment form

Trackback

Trackback URL