poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆日記 > レジャー・娯楽 > 昔ながらの銭湯に行ってみた

昔ながらの銭湯に行ってみた

「夏になったら行ってみよう」と、常々考えていた所があるのです。
それは、近所の銭湯!
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
その銭湯は「○○湯」と看板が立つ、昔ながらのもの。
今の住居に引っ越してきた時から、「行ってみたいね~」と、ケッチーくんと話していたのですが、なんとなく後回しになっていました。
徒歩圏内とは言え、湯冷めを考えると、夏場に行くのがベストです。
今回、決行を決め、いそいそとタオルやシャンプー類の準備をしました。

レジャーで温泉に行く時は、当然ながら一緒に帰るため、前もって待合せ場所(ロビーや休憩室など)を決めておくのがpooh家のお約束。
「かぐや姫」が歌う懐メロの名曲、「神田川」さながら、
♪♪一緒に出ようねって言ったのに いつも私が待たされた♪♪状態になります(笑) 
いつもpoohがケッチーくんの湯上りを待つことになるのです。

お風呂上りの女は忙しい。
髪を乾かすのも時間がかかるし、湯上り肌のお手入れは重要。
ケッチーくんを待たせてはならぬと、入浴時間を巻きモード全開にするので、早風呂になってしまうのですね。
「神田川」の女性も、おそらく同じだったのだろうなと思いつつ、今回は近場なので、「先に出たら、そのまま帰宅」というルール設定にしました。

夕暮れ時に2人で出発しました。
入口にて、¥420×2人分 ¥840を支払います。
銭湯・・・こんなに高いんだ(驚)
家族で毎日行ったら、とんでもなくかかりますね~。
最近はお風呂がない家は少ないし、レジャー施設並のスーパー銭湯もたくさんあるし、燃料費も高騰しているしで、銭湯業界は本当に大変なんでしょうね。

ワクワクしながら足を踏み入れると、中はこんな感じでした。
CIMG1608.jpg
<引用>「テルマエ・ロマエ」第1巻   ヤマザキマリ:著  エンターブレイン:発行

「富士山あるかな~」と張り切っていましたが、壁は真っ白でした(笑)
でも、まさに「The 銭湯」という雰囲気でしたよ。
混雑を心配していたけれど、ガラガラでした。
快適だけど、これはこれで銭湯業界の悲哀を感じます。
(男湯には10人ほど、おじいさんがいたらしい)

ちょっと驚いたのが、シャワーの形態。
最近はホース部分が長いシャワーしか見ないけれど、壁にガシッとくっついているタイプ!
↓こんな感じ(先の画像を拡大しました)
CIMG1612.jpg
シャワーヘッドを手に持つ方式ではないのです。頭をシャワーの下に持って行くのです(笑)
湯温調節のバーもありません。
蛇口をひねったら、適温(ぬるめ)のお湯がチョロチョロと出てくるシステム!

懐かし~っ!
そうそう、poohが子供の頃は、家庭用のお風呂にもシャワーなんて付いていませんでした。
洗面器のお湯をザバ~っと頭にかけるのがシャンプーの基本でした。
そんなわけで、髪が長いpooh、シャンプーにも時間がかかる、かかる。

タイル張りの湯船は清潔で気持ちよかったです。
でも、やけに深いような気がする。子供だったら底に足が付かないかも。
そういえば、田舎のおばあちゃんの家のお風呂も深くて、怖かったなぁと思い出に浸りました。

スッキリサッパリとして、脱衣所に戻りました。
さて髪を乾かそう・・・と思ったら、鏡の前のハンドドライヤーに「¥20」とだけ書かれた貼り紙(驚)
しかもドライヤー1台しかない!
スーパー銭湯ならドライヤー使い放題で、ヘアブラシや化粧水まで置いてあるのに。

「¥20で何分間使えるのかな?」と悩みつつ、周囲を見回すと、こんな懐かしいものも!
CIMG1607.jpg
「おかまドライヤー」と呼ばれたヤツですね。
こちらにも「¥20」の貼り紙がありました。

おかま・・・被ってみたい気もしましたが、今日は真夏日。
少々髪が濡れていても、家までなら大丈夫そうです。
タオルドライでしっかり水気を拭き取って、帰ることにしました。

入口ロビーのガラスケースに入ったコーヒー牛乳に未練を残しつつ、下駄箱に行くと、ケッチーくんの靴は既になく、彼は先に帰った模様。
「先に帰宅ルールにして正解♪」と思いながら、帰路につきました。

子供の頃に銭湯に行った経験はないのに、なぜか心の中は懐かしさでいっぱい。
新しい設備に慣れた身にとっては不便なこともたくさんあるし、燃料の高騰で近々値上げもあるようですが、やっぱり良いものは残って欲しいな、と感じたpoohなのでした。

皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ
関連記事

コメント

post
2014-08-02 18:33 
mimi No.928
銭湯行ったことないですねえ。(恐らく、人生において1度も) マナーとかにうるさい爺さんがいるイメージがあります。どちらにしても、銭湯そのものが滅び行く商売かもしれませんね。かつてのレコードやビデオテープのように。無能な某H電力の無謀な20%近い、今回の値上げ策と原油価格の高騰がこの商売にとどめを刺すかもしれません。そういう意味においては、早めに行ったほうがいいのかもしれませんね。(思い出づくりにもなりますしね)
2014-08-02 20:07 
たんちん No.929 [Edit]
銭湯、いいですねえ。身体の芯まで温もります。私はカラスの行水なので、温泉にいってもすぐ出ます。
2014-08-02 20:47  mimiさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.930
ちょっとしたレジャーだと思えば¥420も安いですよね。
居心地がとても良かったので、暑いうちにまた行こうかなとも思います(^^)
さすがに冬は車じゃないと風邪引きそう・・・
2014-08-02 20:51  たんちんさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.931
気持ちよかったですよ~。
時々、バスに乗って近場の温泉に行ったりしていたのですが、銭湯も良いものだなと思いました(^^)
2014-08-02 21:39 
prire No.932
たかっ。牛丼の大盛りクラスじゃないですかw
昔から銭湯には縁がありませんでしたが、小学校の時1回だけ行った記憶があって子供100円でした。各家庭に風呂が普及したのもあるでしょうから、設備は変わらずとも値段を上げないとやっていけないのでしょうね。
2014-08-02 22:25  prireさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.933
なるほど、牛丼換算すると現実味がありますね(笑)
今回の銭湯は、とても清潔で気持ちよかったのですが、やっぱり施設の老朽化は否めなかったです。
値段をあげないとやっていけない→ますます敬遠される、の悪循環でつらいんだろうなと思いました。
2014-08-03 05:55  The 銭湯
皆さん コメントされていますが 結構 値段が高くなってますね
これでは設備で圧倒的な差をつけられているスーパー銭湯に割り負けしそうです

空いているのはいいですよ

どぶろっくさんの漫才ばりに
「♪俺のためだけに風呂沸かしてんじゃないのー」と気分が高揚します
2014-08-03 07:09  消費しないピノキオさん、コメントありがとうございます☆
pooh No.935
そうですね。
今回とても快適だったのは空いていたからということが大きかったです。
混雑していて、皆がドライヤーを使いたかったら大変だろうなぁと、つい心配しちゃいましたよ。
Comment form

トラックバック

Trackback URL