poohの毎日~40代アーリーリタイア夫婦の暮らし~

アーリーリタイア生活をスタートして5年目。シンプルながらも楽しく過ごす日々を綴ります。

Home > ◆生活 > 生活いろいろ > 【比較検証】 食品の値上げ、ここにも影響していました

【比較検証】 食品の値上げ、ここにも影響していました

義母から「サバの味噌煮缶」を頂きました。
先日の記事で「ズッキーニでわらしべ長者♪」と喜んだ、物々交換の戦利品の一つです。
CIMG1591.jpg
自分で作るサバ味噌もいいけれど、缶詰もpooh家の大好物。
さっそく夕飯のおかずとして食すことに。
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
「サバ味噌って、筒型の缶のイメージだけど、最近はこんな形もあるんだね。」と、ケッチーくん。
確かにこの薄い長方形は「サンマ蒲焼き缶」で、よく見かけるけれど、サバ缶としては初めてです。
ストックしてあったサンマ蒲焼きと並べてみると、同じ大きさ。
CIMG1582.jpg
あれ?それぞれ手に取ってみると、ビミョーに違和感・・・
CIMG1581.jpg
あっ!側面から見ると、サバ缶、小さい(驚)
上から見ると同じ大きさなのですが、右のサバ缶、明らかに幅が狭いのです。

その他の缶詰も引っ張り出してみました。
CIMG1583.jpg
左の「サバ味付缶」は直径7㎝、高さ6㎝。従来の「サバ缶」サイズです。
右のツナ缶は直径7㎝、高さ3㎝。サバ缶のちょうど半分の大きさ。

内容量を見ながら、並べてみると
CIMG1587.jpg
<左から>
①内容総量:190g うち固形量:140g
②  〃  :100g    〃   :80g
③  〃  :80g    〃    :55g
④  〃  :80g   固形量の記載はなし

③が今回問題となっているサバ缶です。
比較の結果、従来のサバ缶①の半分以下の容量であることが判明しました。フムフム。
頂き物なので、③の価格は不明ですが、おそらく¥100前後だと思われます。
1年前なら、①サイズのサバ缶が¥100以下で購入できたことを思い出すと、これは明らかに値上げと言えるでしょう。
最近の食品値上げで、お菓子やウィンナーなどのパッケージの容量が減っている傾向が、サバ缶にもあらわれているわけです。

poohは想像しました。
元々円筒型のサバ缶だが、値上げにあたって従来の①を高さ半分の④にすると、消費者に減量がバレバレでマイナスイメージ。
そのため長方形型の缶に変え、量が少なくなったことを気づきにくくさせているのでは?


あくまでもpoohの想像なので、真実のところは不明ですが、実際に表示を比較しない限り、
「③は①の半分以下」ということに気づく人は少ないと思います。
メーカーもいろいろ考えているのでしょうね。

それにしても③の缶、中身はどんな形状なのでしょうか?
サバといえば、厚みのある輪切りが基本。
①の缶の中にすっぽりとハマる形が定番イメージです。
開缶してみました。
CIMG1593.jpg
どうやらサバは3枚おろしになっているようです。なるほど。
そして、心なしか水分量も多い・・・。
上述した内容総量と固形量の数値を見ても、③は固形量の割合が一番低いから、汁っぽいのも納得ですね。
これも「わかりにくく値上げする」、手腕の一つなのかもしれません。

「ダイエットに効果あり」という情報で、この1年間大人気のサバ缶。
需要と供給から見ても、小さくて高価でも十分売れるのでしょう。
もしかしたら数年後には「サバ缶と言えば、薄い長方形型」が定番になっているかもしれません。
今後も世の中の流れに敏感に反応していこうと、心に誓うpoohなのでした。

皆さまからの応援クリック、励みにしています♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ
関連記事

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL